« 鯨見山から有川捕鯨を想う | トップページ | 今年も皆勤!V・ファーレン長崎 2019シーズン 関東アウェイ戦日程 »

2019年1月23日 (水)

半端ないごぼう天とカレー五島うどん

ホテルに戻ると、この町で生まれ育ったフロントの女性が、笑顔で「お帰りなさい」
いい言葉だ。お帰りなさい
最近言われたのはいつだろう
そうそう数年前、お盆恒例の同窓会で親友のミヤタが言ってくれたんだった。
佐世保に残った親友数人と東京に出た僕の呑み会。
誰も「お帰りなさい」なんて言わないが、ミヤタはその時以来、待ち合わせ場所で僕をみつけると、いつもそう言ってくれる。
そんな素敵な言葉を、てらいも無く言えるところに彼の真摯さ、成長の跡を見た。


19時から始まるサッカーの前に夕飯と風呂を済ませようと、昨日よりも早めに竹酔亭の暖簾をくぐる。
それでもお盆に1日近づいたためか、昨日よりも客が多く、わずかに空いていたカウンターに通された。

昨日は五島うどん本来の出汁で愉しんだ。
今日はちょっと違う角度から麺の味を愉しもう
それに、となりの人が食べていた揚げ物が美味しそうだったから、それをトッピングで。
そう決めると店員さんを呼ぶ

すいません
カレーうどん
それから、ごぼう天を上に乗せるの、できますか?





そうしてやってきたごぼう天カレーうどん
写真からはその食感が伝わって来ないのが残念だが
このごぼう天、予想外に高温で揚がっている
そして、分厚い
汁がカレーということもあってか、すぐに沈み込まず、しばらくサクサクのままうどんと合わせることができた。

サッカーの大迫勇也ではないが、この店の揚げる技術は半端ない
こうなると、他の揚げ物も食べてみたい
そうして、明晩の五島うどん三連ちゃんが決まった



■五島うどんの歴史

奈良・平安時代
発祥はこの頃と推定されている

2003年
五島うどんブームが起きて以来、有名になった

2007年3月28日
新上五島町の製麺業者36社が出資して「(株)長崎五島うどん」が設立された


子どもの頃、五島名産のうどんがあることは地元で認識されていたが「五島うどん」というブランド名ではなかった。
生産量が少なく地産地消の食べ物であり、島外では無名だった。
2018年現在、長崎県内では定着したブランドだが「讃岐うどん」のような全国区の知名度には至っていない。



19:00からはサンフレッチェ広島-V・ファーレン長崎のピースマッチを観戦する。
DAZNで見るために無線LAN環境も持ってきたが、この試合はJ1で初めてのピースマッチということもあってかBS1で放送され、決して大画面とは言えないホテルのテレビで見ることができた。

上五島ブログもくじ

|

« 鯨見山から有川捕鯨を想う | トップページ | 今年も皆勤!V・ファーレン長崎 2019シーズン 関東アウェイ戦日程 »

旅行・地域」カテゴリの記事