« 絶対に風邪を引けない時のマスク利用法 | トップページ | 東京マラソンを走るならば、買っておかねばならないモノ »

2019年2月 9日 (土)

惚れ惚れする美しさ!ステンドグラスのユニフォーム

ジャパネットから2019シーズンのユニフォームが届いた
箱を開ける
まず目に飛び込んできたのは「メモリード」のロゴ
父母の葬儀でお世話になったメモリード。
担当者の方は気が利いていて親切、これでもかと世話を焼いてくれる。葬祭場の司会者はグッドセンス。そのみごとなMCに思わず泣いてしまった。

もう一方は「リンガーハット」
内村航平をサポートしているちゃんぽんチェーン。
2018シーズンはhummelロゴの下にナンバーが入ったが今年は入らない。その代わり去年はなかった「メモリード」「リンガーハット」の広告が入っている。


胸のメインスポンサーは去年と同じJapanet
クラブの親会社を胸スポンサーを入れているのは、Jリーグでも他にないのではないだろうか。

左袖は2018年の「ハウステンボス」ではなく、クラブスローガン「正々道々~ナガサキから世界へ~」が入った。


2019年シーズンユニフォーム時系列の記録

2018年8月31日~9月6日
【A】【B】【C】の3案を提示
試合会場と公式サイトで投票受付

候補
【A】staind glass


【B】"V"


【C】Pigeon



2018年12月9日
ファン感謝DAYにて1st、2ndユニフォームデザイン発表

【A】staind glassを1stに採用
【B】"V"の基本デザインが2ndに採用された
【C】Pigeonだけが落選
ただし、鳩の図柄は毎夏「平和祈念ユニフォーム」に使われており、2019シーズン版に【C】が採用されるか、ベースになると推察する。

2018年12月9日
予約販売開始
この時点では選手の背番号が不明のため、マーキングは後日入力する
(2018年シーズンは2018年1月15日受付開始だった)

2019年1月18日
ジャパネットより「V・ファーレン長崎 2019年度 背番号&ネームのお知らせとお願い」が届き、ネーム・ナンバーの入力が始まる
(1月31日までに入力すると開幕前納品)

1月最終週から納品が始まった。


今年は最後の最後に残留が発表された翁長聖の「28」をマーキングした。


マーキング下の背面スポンサー「五島の椿」はクリスチアーノ・ロナルドが宣伝するトレーニング機器「シックスパッド」を販売するMTG(名古屋市)が2018年11月に設立。
五島市(福江島=通称下五島)に本社を置き、五島名産の椿を中心とした事業をおこなう。


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 絶対に風邪を引けない時のマスク利用法 | トップページ | 東京マラソンを走るならば、買っておかねばならないモノ »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事