« マリちゃんの自転車 防犯カメラに映っていた意外な映像 | トップページ | ホリデードライバーに気をつけよう »

2019年7月28日 (日)

鹿児島のご厚意で、アウェイでも平和祈念ユニフォーム

2019年7月27日(土)
鹿児島ユナイテッドFC-V・ファーレン長崎

アウェイ自由席は完売。びっしりとV長崎サポーター席が埋まっている。いつもアウェイ側はゆったりとしているので、珍しい光景だ。

手倉森監督
カイオは徐々にフィットしてきている。
イバルボも最初から行けるのは間近かなと思う。

長崎はアウェイ戦だが、前節に続いて平和祈念ユニフォームを着用。鹿児島の1stが紺色なので、濃淡が十分ついており、鹿児島側の了承が得られた模様。

前節でJリーグ通算出場100試合を迎えた鹿児島の田中奏一にファジアーノ岡山でチームメイトだった大竹洋平が花束を渡す。

前節で足を傷めたかと心配していたカイオが今節もスタメン
中村北斗が2018年に長崎に移籍して以来、リーグ戦初出場。去年はカップ戦も含めて1試合も出ていない。長崎サポはその人選に「期待」と「不安」が交錯した。
翁長聖、イバルボ、澤田崇はベンチ。
角田誠はベンチ外。

<前半>
6分
中村北斗がFKを蹴る。中村といえば「無回転」その無回転で直接狙うがワンバウンドでGKが押さえる。結局、中村の見せ場はこれだけ。終わってみると、中盤の選手を休ませる役割を果たしたということになった。

10分
香川勇気のクロスに、吉岡雅和の巧みなヘッドで先制
相手の足が上がっていたが、ものともせず頭を振った。

12分
呉屋大翔と玉田圭司で崩し吉岡雅和にクロス、しかしシュートできず。

35分
大竹洋平のFK、呉屋大翔がヘッドで合わせたがGK正面

43分
大竹洋平のラストパス呉屋大翔がナイストラップでシュート。
GKが弾いて転がったところに玉田圭司が走り混み、GKの股下に打ち抜く。わずかな角度、スピードが求められる難易度の高いシュートを見事に決めた。長崎の2点はいずれもゴールの匂いがしないところから生まれた。


<後半>
開始早々度々鹿児島がゴールに迫るが、徳重健太がしっかりゴールを固める。

15分
玉田圭司に替えて畑潤基

21分
畑潤基が奪ったボール呉屋大翔が持ち込むがGKが弾く。
この試合、久しぶりに呉屋大翔は数多くのシュートが打てた(6本)

29分
吉岡雅和に替えて澤田崇

36分
カイオセザールに替えて磯村亮太
この試合を長崎ペースで進められたのは、カイオのお蔭。彼が中盤で相手のボールを刈り取り、持ったボールは失わず、的確に急ぐか急がないかを制御していた。

40分
髙杉亮太の足に相手が自らかかってPK
攻撃者がボールトラップをミスして、ボールには距離があり、まさにもらいに行ったPK。レフェリーがこれを取っているうちは、競技レベルは上がらない。
2-1


試合後、手倉森監督
前回ホームで対戦したとき手を焼いた(引分け)
今回はボールを握り返そうとして、それがやれたゲームだった。
前半はすばらしい出来。後半いろいろな交代策の中でしまっていかなかった。
ただ、我々は下から這い上がろうとしているチーム。贅沢は言えない。
平和祈念ユニフォーム。このユニフォーム着ている限りは負けられない。
(長崎から来たサポーター)
共に戦ってその気になってくれる人が1人でも増えれば間違いなくJ1復帰は果たせると思う。一緒に戦って欲しい。
二連勝に浮かれることなく目の前の一戦一戦必死になってやっていくだけ。

次節は中3日、水曜日に愛媛FC戦(トラスタ)
この日はベンチを温めた翁長聖、イバルボの出番だ。

 

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

| |

« マリちゃんの自転車 防犯カメラに映っていた意外な映像 | トップページ | ホリデードライバーに気をつけよう »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事