« ABBAからABABに戻っていた天皇杯のPK戦 | トップページ | 2020元旦オリスタの夢まであと「3勝」 »

2019年8月22日 (木)

PK戦の勝利、効いていた2人の選手、4度めのハイタッチ会

2019年8月14日(水)
天皇杯3回戦
ヴィアティン三重-V・ファーレン長崎

<PK戦>
PKでは先行が有利なために考案されたABBA式。
ABAB式に戻すことにより
・蹴る順番ではアウェイチーム有利
・使用ゴールはホームチーム
・試合会場はホームチーム
このように、全体のバランスをとったのだろう。

三重がずっと先行を続ける。
後攻の長崎にとってこれはきつい。


二番手は大竹
大竹はフェイントを入れて、GKの動きを見定めてからキック。
直後にGKが審判に何か言っていたのは「止まったんじゃないか?」と抗議していたのだろう。
PKにおいて、キッカーは完全に止まると違反である。


三番手、三重の選手のキックを富澤雅也が左に飛んで右手で弾き出す。
僕らはこの日、三度目のハイタッチ会。
PKにおけるハイタッチは「相手を止めた時」と「勝利が決した時」に行われるのである(決まりじゃないですからね)

四番手は亀川
大音響を立てるほど右側のサイドポストに当てて、ボールはヘビ花火のようにネット沿いにぐるりとゴールマウスを一周。
あぶねぇ~^^;)
入ればいいんだけどさ

五番手は島田譲
正直なところ、何処にどのように蹴ったか覚えていない。
その挙動はダイジェストで繰り返し見て確認した。
バッテリーが切れかけたロボットのような、不思議なフェイントをかけながら(僕らから見て)左隅に蹴り込む。
GKが同じ方向に飛んでいたことも、あとで知った。

そして、長かった試合は終わり僕らはこの日4度めのハイタッチ会加えて「おめでとう」の言葉を交わす。
でも、心のどこかで「ホントにこいで終わりよね?」「喜んでよかとよね?」と疑問符がついている。
延長、PKで勝つという初経験が、僕の脳を混乱させていた。

去年、目の前で逆の立場に立たされた時、僕はこう考えていた。
「引分け(90分の記録)は最高の結果だ」
2月の開幕戦で「関東アウェイ戦」の応援を始めてから、7月の天皇杯まで、リーグとルヴァンは全敗だったのである。

<PK戦>
黒木○
大竹○
吉岡○
亀川○
島田○

終わってみれば、延長から入った大竹と亀川の存在が効いた。
手倉森監督の経験が引き寄せた勝利であることも、忘れずに讃えたい。


試合後、三重サポーターのtweetで、エースストライカーの坂井が前戦の負傷で欠場していたことを知った。
ただでさえ、組織的に堅実に攻めてくるチームに、的確なシュートを打つ選手が、あと1人いたら、僕らは90分で帰宅することになっていたかも知れない。

「勝ってよかったねぇ。帰らんでよかったばい」
バックスタンドから戻ってきた姉家族と合流して、誰も待っていないタクシー乗り場で即乗車して、僕らは佐世保への帰途に就いた。

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« ABBAからABABに戻っていた天皇杯のPK戦 | トップページ | 2020元旦オリスタの夢まであと「3勝」 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事