« 長崎に「鳴らぬ笛」は存在しないか? | トップページ | 東京マラソン2020まであと200日 »

2019年8月13日 (火)

今年も「お盆のトラスタ」に行ける喜び

「関東アウェイ戦」に定住している僕が、一年に1度、V・ファーレン長崎のホームゲームを見に行ける機会が、里帰り中の「お盆のトラスタ」

去年は8月14日に鹿島アントラーズ戦があり、親戚と共に観戦した。
今年も1月の日程発表を心待ちにしていたが、あいにくホームは8月17日の柏レイソル戦。
今年は「お盆のトラスタ」は無しだなと諦めてから半年、再びその可能性が浮上した。


2019年7月3日
天皇杯は2回戦からJリーグチームが登場する。
7月1日に確認したところ、その時既に、トラスタ公式サイトの日程一覧には「8月14日天皇杯3回戦」と記されていた。
相手がどのチームになるかわからないので会場が不確定だし、そもそも、V長崎が勝つという保証も無いのに、その堂々とした?書きっぷりが潔かった。

V長崎は高知ユナイテッドFCと対戦。
トーナメント表のもう片方の山には「お馴染み」の湘南ベルマーレ。天皇杯は下位カテゴリーチームのホーム開催と聞いていたので、長崎が勝てば「トラスタで湘南戦」となるはず。
ところが、長崎は辛勝したものの、湘南ベルマーレがまさかの0-4負け。
勝ったのは三重県代表「ヴィアティン三重」だ。

三重のホームは「三交鈴鹿」
正式名称は、三重交通Gスポーツの杜鈴鹿 サッカー・ラグビー場メイングラウンド(三重県営鈴鹿スポーツガーデン)
収容はメインスタンド:約3,300人、サイド・バックスタンド約8,700人(芝生席)
交通は近鉄名古屋線 白子駅西口より南部地域コミュニティバス白子・平田線「イオンモール鈴鹿」行きで「三重交通Gスポーツの杜鈴鹿ぐち」下車(所要時間23分)そこから徒歩15分
鈴鹿サーキットのすぐ側にある。

規模といい、地の利の悪さといい、お世辞にも立派とは言えないが、J2リーグにはよくある環境なので、ゲームの主催になんの不都合も無い。

やはり「お盆のトラスタ」無しか

そう思っていた2回戦から5日後の7月8日、天皇杯を主催するJFAが3回戦概容を発表した。
V・ファーレン長崎(J2)-ヴィアティン三重(JFL)の会場はトラスタ!

天皇杯3回戦以降は、下位カテゴリーのホームで行われると聞いていたが、これは「J1、J2、J3」同士の対戦に限られるようだ。
3回戦の会場を見てみると、J1-J2、J1-J3の対戦はほぼ下位カテゴリーのホーム開催。
唯一例外なのが、サンフレッチェ広島-ツェーゲン金沢がエディオンスタジアム広島で行われる。
両チームとも公式サイトでは、会場決定の経緯について特に言及していない。

Jリーグ-JFLの対戦はいずれもJリーグクラブのホームで開催される。
ジュビロ磐田-ヴァンラーレ八戸(ヤマハ)
レノファ山口-アルテリーヴォ和歌山(みらスタ)

ただ、Jリーグ-大学の場合は、対応が分かれる。
ガンバ大阪-法政大学は法政のホームと言えそうな「味の素フィールド西が丘」
大分トリニータ-鹿屋体育大学は、大分ホームの昭和電工ドーム大分


7月1日時点でトラスタの公式サイトに「8月14日天皇杯3回戦」と明記されていたのは(長崎が勝ち抜けば)相手が「湘南」「三重」どちらに転んでもトラスタ開催となることがわかっていたためだろう。

 

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

 

| |

« 長崎に「鳴らぬ笛」は存在しないか? | トップページ | 東京マラソン2020まであと200日 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事