« 生涯初デリコの予習 | トップページ | V長崎のことが話せる相手がいる幸せ »

2019年9月20日 (金)

仙台だけが有利な日程

2019年9月18日(水)
天皇杯4回戦(ラウンド16)
V・ファーレン長崎-ベガルタ仙台
トランスコスモススタジアム長崎

ラウンド16はベガルタ仙台だけに有利な日程で行われる。
その週末は、J1の日程が組まれていない。
J1同士の対戦の場合、そこは同条件だが、J2と対戦する仙台だけが有利だ。
渡辺監督がやろうと思えば「リーグ戦メンバー」を投入できるのに対して、J2のV長崎は3日後に大事な京都戦を控えており「カップ戦メンバー」で戦わざるを得ない。
ただ、勝負は何が起きるかわからない。
長崎は「お盆のトラスタ(天皇杯)」を境に調子を上げている。


ベガルタ仙台はかつて手倉森監督が指揮を執ったJリーグクラブ。仙台をJ1に引き上げ、最高位2位。それ以来、仙台は一度もJ2に降格していない。
手倉森監督は、その成功体験を元に2019年シーズンから、V長崎の舵を取る。
仙台での監督初年度はプレーオフで敗れてJ1昇格を逃したが、長崎ではプレーオフに進めるか否かの瀬戸際にいる。
ただ、長崎が目指すのは、今年J1に上がることではない。近い将来、J1に定着して優勝争いをするクラブにすることだ。


<スタメン>
GK富澤
DF翁長 米田 鹿山 イサンミン
MF吉岡 磯村 島田 新里
FW長谷川 畑

ベンチメンバーには呉屋、澤田、大竹、亀川、黒木。
ここぞという場面では本気のギアチェンジの予感漂う。

仙台は週末に試合がないものの、前戦から中3日ということで6人を入れ替え。これは長崎にとって僥倖となった。

<前半>
16分
翁長聖がロングシュート。ゴール左へ外れる

36分
フリーで受けた畑潤基、広大なスペースを利してロングシュート
怪しく回転するボールをGKが辛うじてパンチング
長崎がペースを掴んだまま0-0で後半へ

<後半>
2分
長谷川悠のクロスを畑潤基が胸トラップから振り抜く
長崎先制!

24分
吉岡雅和に替えて幸野志有人

41分
あとわずかというところで途中出場のハモンロペスに決められて同点
天皇杯はまたも延長なのか・・
長崎サポーターの誰もが予感しただろう

41分
畑潤基に替えて大竹洋平

42分
大竹の美しい縦パスから磯村-幸野-長谷川とつなぎ勝ち越し点

46分
additional time4分を凌ぐため、長谷川に替えて切り札の呉屋大翔を投入

長崎2-1仙台

つづく

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 生涯初デリコの予習 | トップページ | V長崎のことが話せる相手がいる幸せ »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事