« 「今日は早めに入れるよ」翁長聖の圧力 | トップページ | アルカスで行われていたはずの、V・ファーレン長崎の展示 »

2019年10月 7日 (月)

見せつけた翁長聖の威力

2019年10月5日(土)
V・ファーレン長崎-FC町田ゼルビア
<後半>

7分
富澤雅也のロングキック
大竹洋平がハーフウェイライン
ドリブルで持ち上がると、呉屋に出さず左足を振り抜くスーパーゴール(今期3点め)
2-1

9分
再び平戸がゴールに迫るが、富澤雅也が身体を張って止める

19分
ジョンチュングンに富澤の股下を抜かれて同点

27分
磯村に替えて吉岡雅和
玉田に替えて畑潤基

34分
縦パスに走り混んだ呉屋、角度のないところからのシュートは枠の右へ

30分
町田のFK、シュートがクロスバーに当たる

38分
ベンチにいるFC町田ゼルビアのコーチにイエロー

38分
呉屋がペナルティエリアに持ち込むが、DFにブロックされる

41分
大竹に替えて新里涼が交替を待つ

42分
翁長聖の柔らかい最高のクロス、大竹が決めて3-2
大竹に替えて新里涼

44分
長崎のCK 秋野央樹

additional timeは5分
危機もなく守り切って、3-2の勝利
勝利の瞬間、出島シートの皆さんが両手を突き上げた


大竹洋平
今日は絶対結果を出したかった
これだけ使ってもらってたので。
攻撃でチャンスを作れていた。いつかゴールできると信じていた。勝ち続けるしかないので、次もまたいい準備をしたい。
こういう状況のなかでも信じて応援してくれる人がたくさんいる。サポーターのために戦いたい。


手倉森監督
選手送り出す時、勝つために勇気が必要だと話した。
勝利を信じた我々に軍配が上がったんだろうな。
点をとられたところは彼らのストロング。あそこを「危ない」と思わなければ。
追いつかれても、こうすればチャンスになるというところをやり通せた。
逆転のストーリーを描こうと話している。勝たなければ話しにならない。
出し切る、やりきる、勝ちきるだけですよ。


試合が終わってみて、今日はカイオセザールが居なかったことを思いだした。しかし、ビルドアップや中盤で容易にボールを失った印象はない。一方、攻撃パターンはここ一ヶ月の「横綱相撲」のような組立だけではなく、早めのロングボールやクロスを織り交ぜ、そこは相手には嫌なものだったはずだ。

攻撃では大竹の2得点も見事だが、1点め、3点めをアシストしたのは翁長聖。
1点め、思い切りのいいシュートは決めるというよりは「可能性のあるプレー」それが呉屋の前に転がった。
3点め、これはノートラップで溜めて溜めて完璧なクロス、大竹の頭にぴたりと合わせた。
どうだ!これが翁長聖だ。
翁長の威力を存分に見せつけた一戦。一勝として嬉しいが、いつにも増して今日は嬉しい。

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 「今日は早めに入れるよ」翁長聖の圧力 | トップページ | アルカスで行われていたはずの、V・ファーレン長崎の展示 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事