« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の30件の記事

2019年11月30日 (土)

長崎平和マラソン 1年前はベストコンディション

2019年11月29日
長崎平和マラソン、1年前の東京は快晴、最高気温10度。
肌寒い中を歩いていると「こんな日にマラソンをやりたいな」と心から思う、まさにベストコンディションの1日だった。

長崎市の天候
9:00(スタート時刻)
晴れ 8.6度 湿度71%
14:00(最高気温時刻)
晴れ 15.0度 湿度58%

やはり、最高のマラソン日和
ということは、11月の最終週に行われる来年のマラソンのコンディションも十分に期待が持てる。

11月29日、長崎市の天気出現率は
晴れ76.7% 最高気温15.2度
「長崎は今日も雨だった」という長崎だが、雨確率は13.3%とかなり低い日だ。


■長崎県とマラソン(つづき)

2015年2月22日
「佐世保ハウステンボスマラソン」の失敗で再び「非開催県」に戻っていた長崎県だが、3年数ヶ月のブランクを経て「五島つばきマラソン」が開催され、再び「開催県」となった。
五島列島の北から五番目(つまり最も南側)の福江島の五島市で行われる。

2020年は2月23日、すなわち令和初めての天皇誕生日に第20回大会が開催される。
20回と言っても、マラソン競技を始めたのは2015年の第15回からであり、マラソンとしては6回目を数える。

定員800人程度の小規模大会だが、海辺を走り、地元の熱い声援を受けるので、旅マラソンランナーに人気がある。


2018年
この時点では、新たに2つの大会が準備中であると報道された。
諫早市の「諫早・雲仙マラソン(仮称)」
長崎市の「ながさき平和マラソン(仮称)」

しかし諫早市のプランはその後、続報されることはなかった。
一方、長崎平和マラソンは以下のように準備が進んでいく。

2018年4月より
道路交通量などの実地調査を開始

2018年7月17日
長崎平和マラソン実行委員会発足 初会合開催
日程・コース案公表
これ以降、メディア情報から(仮称)の文字が外れた。
当時、発着は「平和公園」とされていた。

「平和公園」とは平和祈念像がある場所である。
毎年8月9日には長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開催される場所だ。
そこに1万人のランナーが整列して、ブロック毎に出発していく。多くのランナーが平和祈念像に愛と平和を誓いながら走り始める。
なかにはスマホで写真を撮る人もいるだろう。
(別に走りながら撮る必要はないと思うのだが)
オールスポーツのカメラマンは、ここに大量に投入されて、1人も漏らさぬようシャッターを切る。
そして、後日、このカットが最もよく売れるだろう・・・

そんなイメージを描いていたが、その後、公表されたコース案では平和公園の文字はなくなっている。
コース上からは平和祈念像を観ることはできない。

東京マラソンには「スカイツリー」「東京タワー」
下関海響マラソンには「関門橋」という「これこそ」という場所がある。
平和公園がコースから外れたことで、長崎のコースにはそれがなくなった。

つづく

|

2019年11月29日 (金)

長崎平和マラソンまで、あと1年

1年後の今日、2020年11月29日(日)長崎市で「長崎平和マラソン」が開催される。
2018年3月にこのブログで取り上げた時は、まだ計画段階だったが現在は開催に向けて準備が進んでいる。

全国的にみると今でもマラソン「非開催県」が複数あるが、長崎県は既に「開催県」である。

■長崎県とマラソン

2011年11月19日
「長崎国際マラソンin佐世保ハウステンボス」開催

それまでマラソン「非開催県」だった長崎は「坂が多く平地が少ないためコースが確保できない」と言われていた。
それでも、マラソンをやろうと思えば、町の中心の商業地には平地はあるわけで、ベルリンマラソンのような世界屈指の高速コースを目指さなければ、コース取りはなんとでもなる。
東京マラソン以降、全国各地で「マラソンは儲かる」という成功事例が出ていながらも、開催の声が上がらなかったのは、市民ランナー人口が少なく、行政を突き上げるほどの世論が集約されなかったのである。

そんな時、最初に手を挙げたのがテーマパークのハウステンボス(佐世保市)
他県でマラソンを運営していた実務経験者を招聘し、開催の準備を進めた。
ただし、コースはハウステンボスを出発して近隣の自動車専用道路を2往復するというもの。園内を走るエリアでは来園客の応援があるが、高速道路に人は住んでいないので、沿道住民の応援は得られない。
ハウステンボスは「佐世保市ハウステンボス町」という、行政上の町名を持っているが、佐世保市の中心部からは遠い。
(ジャパネットの本社は近いけど)
コースも佐世保市方面には行かない。
従って、佐世保市民の関心は薄く、というよりほとんどの人が知らなかったと思う。
本来、市民マラソンには欠かせない行政の後押しは、ほとんどなく「ハウステンボスの興行に過ぎない」という冷ややかな見方だった。

さて、栄えある「長崎県初のマラソン」として開催されたこの大会だが、当日の運営がうまくいかず、出場者の不興を買い、翌年は開催されなかった。ハウステンボスはその後、ランニング大会を主催してノウハウ作りに取り組んでいたが、マラソン開催には至っていない。

筆者は当時、相浦総合グラウンドを出発して、鹿子前の海きらら横を抜けて動植物園へ上がり、村上龍原作映画「'69」で妻夫木聡も走ったSSKのジャイアントカンチレバークレーン脇を通って、サンプラザ>四ケ町という日本一の直線アーケードを駆け抜ける"日本初"のマラソン「佐世保ハウステンボスマラソン」を提唱していたが、ハウステンボスの失敗でその可能性は潰えた。

写真入りコース案はこちら

「長崎平和マラソン」の話し(つづく)

|

2019年11月28日 (木)

「サッカーがある幸せ」「サッカーがまだある幸せ」

2019年11月24日(日)14:05
42節(最終節)
アルビレックス新潟-V・ファーレン長崎
デンカビッグスワンスタジアム

<前半>
12分
こぼれ球を拾った島田譲がシュート GK正面

22分
玉田からのパス、こぼれ球を拾った島田のシュートはDFがブロック

25分
ペナルティエリア内でイバルボ-秋野-島田とつなぐがDFにカットされる
前半は0-0で終了


<後半>
3分
シルビーニョ-渡邉とつなぎレオナルドにゴールを決められる

13分
髙杉亮太がゴール!
先日、いち早く今季限りの退団が発表されていた高杉がゴール!!
かと思ったら、
副審の清水崇之がオフサイド判定でノーゴール
イバルボの位置がオフサイド?らしい
「髙杉、長崎で有終の美を飾る」ゴールが帳消し
長崎の選手は猛抗議。新潟のサポーターはそれに対して猛ブーイング
いったい、誰のミスなのか。誰のせいでみんなが怒っているのか。

16分
新潟のCK、大武にヘッドで決められて0-2
清水崇之ショックか?完全に流れが新潟へ

17分
GKが弾いたボールに飛びこんだ吉岡、決定的だったが大きく吹かしてしまった

18分
澤田崇に替えて呉屋大翔

22分
玉田圭司に替えて大本祐槻

25分
イバルボに替えて畑潤基

40分
畑潤基、右サイドからカットインしてのシュートは惜しくもGK正面

43分
ペナルティエリアの外でパスを受けた米田隼也が右足でゴール

+3分
渡邉に1対1のシュート機会を与えたが、徳重健太がセーブ

試合終了
新潟2-1長崎

J2リーグ終了
17勝5分20敗
勝ち点56で12位


■J2上位順位
1 柏レイソル 84
2 横浜FC 79
-----J1昇格------
3 大宮アルディージャ 75
4 徳島ヴォルティス 73
5 ヴァンフォーレ甲府 71
6 モンテディオ山形 70
--J1参入プレーオフ進出--


ゼイツーの戦いは終わったが、V長崎2019年の旅はまだ終わっていない。
およそ1か月後の12月21日「元旦、オリスタ、決勝」を賭けた鹿島アントラーズとの戦いが待つ。
それをこの目で見て、この声で応援できる幸せ。
「サッカーがある」「サッカーがまだある」そんなチームは数少ない。
今その立場にいることの幸せ

 


V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

 

|

2019年11月27日 (水)

ゼイツー最終節 思えば2月から11月まで、僕はとてもたくさん楽しんだ

2019年11月24日(日)14:05
42節(最終節)
アルビレックス新潟-V・ファーレン長崎
デンカビッグスワンスタジアム

Jリーグの最終節は全試合が同時キックオフで行われる。
これはJ1参入プレーオフで有利な対戦相手を求めての敗退行為を防ぐためと推察する。

最終節を前にして柏レイソルが1位とJ1復帰を決めている。
2位の横浜FCは勝てば2位でJ1昇格が決まる。
3位の大宮アルディージャが自動昇格の可能性を残している。
4位モンテディオ山形
5位徳島ヴォルティス
6位ヴァンフォーレ甲府
7位京都サンガF.C.
8位水戸ホーリーホック
現実的にみて8位の水戸までがプレーオフ圏内(3位~6位)に入る可能性を残している。

V・ファーレン長崎は12位
負けても13位に落ちることはない
対戦相手であり、すぐ上11位のアルビレックス新潟に勝てば勝ち点で並ぶが、得失点差が大きく離れており、順位は変わらない。
従って、現実的にみて今期の12位が決まっている。

■Jリーグの順位決定規則(J1、J2、J3共通)
勝ち点が同点の場合
(1) 得失点差
(2) 総得点数
(3) 当該チーム間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数)
(4) 反則ポイント
(5) 抽選


僕にとってJリーグ観戦(V長崎応援)1年めだった去年の今頃、最終節のメンバーをみて何かを思うということはなかった。
ゼイツーへの降格が決まって迎えたホームでの清水エスパルス戦。
試合は4-4の引分け。
互いに4点めはPKという激闘だった。
そもそも、誰がスタメンとかベンチに居るということをあまり気にせずに観ていたのだ。
確かに、レギュラーが固まっていたということはある。
ただ、最終節のメンバーをみていろいろと推察することはなかった。

<スタメン>
徳重
米田 角田 髙杉 亀川
吉岡 秋野 島田 澤田
玉田 イバルボ
ベンチ
富澤 香川 黒木 中村 大本 畑 呉屋

結局、リーグ戦最後の4試合、翁長聖はベンチにも入っていない。これをどう捉えたらいいのか。
来季構想に入っていない?
本人が移籍の姿勢を明確にしている?
チームにフィットしていない?
体調不良?

呉屋がベンチに居るのはなぜだろう
来季はレンタルバックで居なくなるとしても、まだ天皇杯が残っている。ただ休ませているだけか。
累積警告は2枚持っている大竹が最多(ベンチ外)出場停止にリーチがかかる3枚を持っている選手は居ない。

 


V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

 

|

2019年11月26日 (火)

湘南国際マラソンの歴史③ マラソン好適時期へ移動

【第8回】
2013年11月3日
8回めにして初めて、要項にほぼ変更がなかった。
前年第7回で始めた東日本大震災の特別チャリティ枠(参加費+50,000円)を継続。前年同様100名を募集した。


【第9回】
2014年11月3日
参加費が10,000円+チャリティ500円から12,000円+チャリティ500円となった。
この時点では市民マラソン参加費として日本最高額となった。
ただし、4か月後に始まる横浜マラソンが15,000円であり、すぐに抜かれることになる。
湘南International Marathonサポーター枠を設けたが、スポンサーが集まらず不成立となった。

2015年3月に第1回が開催される「横浜マラソン」のボランティア・リーダー研修(任意参加)が行われた。

スタート直後、プロモーション映像を撮影していたドローンがコースそばに墜落する事故が起きた。


【第10回】
2015年12月6日
4年つづいた文化の日から12月に移動。
これ以降、2019年まで12月第1日曜開催が続いている。
世界的に年々気温が上昇しており、10月はおろか11月のレースですら「記録を狙えない」ほど気温が上がっている。
マラソン好適時期を求める場合、12月への移動は正解だと思う。

定員が1,000人増えて19,000人となった。
地元のエントリー優先枠が「湘南エリア優先枠(1,900人)」と「地方優先枠(950人」に変更された。

スタート前、西湘バイパスに停車していた車から自殺とみられる遺体が見つかり、スタートが5分遅れた。
現場では、コース上に放置された車に爆発物があるという噂が流れるなど緊迫した。

12月27日、BS日テレで「風と一緒に!密着!湘南国際マラソン」放送された。


【第11回】
2016年12月4日
定員19,000人 制限時間6時間30分 参加費12,000円+チャリティ500円
前年大会からほぼ要項の変更がなかった。


【第12回】
2017年12月3日
定員19,000人 制限時間6時間30分 参加費12,000円+チャリティ500円

トレーニング枠を新設
参加費込み 50,000円
7月から11月の土日に9回にわたり実技と座学をおこなう。
会場は地元湘南の大磯、二宮、平塚など。
市民スポーツの定着という意味で、すばらしい取組である。
ど素人!ランナーにとって、運動の基本を実技、座学で学ぶ機会はほとんどない。マラソンに特化した講座となればなおさら。
会場が近かったら1度参加してみたいと思う。


【第13回】
2018年12月2日
定員20,500人 制限時間6時間30分 参加費12,500円
定員が増えて2万人を超えた。
湘南コース沿線優先枠2,050人
地方優先枠1,450人


【第14回】
2019年12月1日
定員20,500人 制限時間6時間30分 参加費12,500円
そして、今年の大会。要項は前年とほぼ同じ。
ランナー、支える皆さん、観る皆さんにとって、好天のレースとなることを祈りたい。

第1回大会前日受付

|

2019年11月25日 (月)

湘南国際マラソンの歴史② 10種類ある記念品Tシャツ

【第4回】
2009年11月8日
スタート位置を国道1号線から西湘バイパス上に変更。大磯プリンスホテルに近くなった。
定員が前回の9,000人から12,000人となった。
協賛スポーツメーカーが、第1回から第3回までのニューバランスからナイキに代わった。
大会記録によると正午の天候は晴れ、気温は21.5度とランナーにとっては高めだった。


【第5回】
2011年1月23日
開催時期が11月から1月に移動
定員18,000人 地元優先枠(180人)を新設した。
大会後、参加賞のTシャツ(ナイキ製品)が「製品事故ではないか?」と話題になった。
SHONANの文字周りが湘南海岸の砂をイメージして滲んでいる。
これが製造上の事故ではないかと疑念を呼んだのである。

早速現物を取り寄せてみたが、一見して事故とは思わなかった。
というのは、事故では無いとわかっているからで、実際、僕自身も2019年にadidasの手袋が届いた時「色落ちした事故品では?」と思ったが、ネット画像をよく見るとそういうデザインだった。
そういうデザインだと知らずに開封した参加者は確かに驚いただろう。


このTシャツの特筆すべき点は後ろ襟に記されたメッセージが10種類あったことだ。

今のジブンを追い越せ。
気力に限界はない。
苦しさはやがて消える。あきらめた事実は永遠に残る。
ゴールの先に何が見えるか。
ゴールは必ずくる。
下を向いたらゴールは見えない。
ジブンのすべてをコースに刻め。
とりあえずお先にどうぞ。
休むのはゴールしてからでいい。
42キロ、人生のたった数時間。

マラソンの記念品Tシャツでは、別料金で販売する場合に「色違い」が選べるということはあるが、2つ以上のバージョンが存在する例を他に知らない。
まさか、10種類コンプリートした人はいないと思うが・・


【第6回】
2011年11月3日(文化の日)
開催月が再び11月に移動した。
これで3月(①②)→11月(③④)→1月(⑤)→11月と3度めの移動。
かっこ内○数字は大会回次
文化の日開催はこの後、2014年の第9回まで4年続く。
スポーツ協賛メーカーがナイキからニューバランスに戻った。
参加費10,500円+チャリティ募金500円

2011年は3月11日に発生した東日本大震災の影響で、それ以降の春マラソンは軒並み中止になった。
コースが被災していなくても、警備などの要員が手薄になるという理由が挙げられたし、何より自粛の要素が大きかった。
この大会で全参加者に求めたチャリティ募金500円は東日本大震災の支援金に充てられている。

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4504970654611255"
data-ad-slot="2542142052"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

 

 

|

2019年11月24日 (日)

湘南国際マラソンの歴史① 江ノ島にゴールするのが夢だった

2019年12月1日(日)は第14回湘南国際マラソンが開催される。
僕自身は第1回大会を走ったきり、縁遠くなっている大会だが、その現状はいつもチェックを忘れない。

他の大会はチェックを忘れても、湘南だけは目が離せない。
なぜならば、要項が猫の目のように変わるからだ。
第1回から第7回までは、毎年、大きな変更があった。
では、そのチェック記録をご紹介しよう。


【第1回】
2007年3月18日
江ノ島を起点に湘南海岸を往復するコース
参加費8,000円
定員7,000人

2006年まで東京近隣の春マラソンは板橋Cityマラソン、かすみがうらマラソンだけだったが、2007年に東京マラソン、湘南国際マラソンが加わった。

東京マラソンと同時期に募集が行われ、東京マラソンの抽選結果が通知された後、第二次抽選結果が出る10日ほど前にエントリーを締め切った。

江ノ島がスタート/ゴール会場に使われたのはこの1度きり。
江ノ島大橋を渡ってゴールする姿を夢見ていたが、残念ながら31.3kmの関門で止められてしまった。
(当時は制限時間5時間40分)

関門を逃れた最後尾ランナーの後ろをのろのろ走る収容バスで僕は、来年こそは江ノ島大橋を渡るのだと決意した。

第1回の参加賞はスポーツバッグ。
Tシャツが完走賞というのが珍しい。
現代でもTシャツを参加賞ではなく完走賞に設定している大会は無いのではないか。
従って、僕はこのTシャツをもらい損ねてしまった。
僕の知り合いがTシャツ受取カウンターの前で、海産物のお土産を渡そうと待ち構えていたことを後で知った。
必ずここに来るものと思っていたらしい。そりゃ僕だってそう思う。
スポーツバッグをもらった時は「こんなモノ誰が使うのか」と思ったが、その後、旅マラソンの度に使った。軽くて大容量。重い荷物を持ちたくない旅マラソンにはとても重宝した。


【第2回】
2008年3月16日
コースが江ノ島発着ではなく、大磯発着となった。
理由は江ノ島に緊急車両の通行路が確保できないことが挙げられたが理由は定かではない。
そして、直近には西湘バイパスが台風で崩落したことを理由にマラソンから30kmレースに変更された。

江ノ島ゴールを夢見ていた僕は、コースが変わった時点で参加意欲をなくしてしまった。
このレースはひたすらまっすぐ走り、折り返すと、ひたすらまっすぐ戻るコース。
前方遠くまで膨大な数のランナーが見通せる。それが何時間も続く。
走っている時はあまり感じなかったが、後で考えると、途中で気分が変わらないことは辛かった。また一定のフォームで走り続けるため、足への負担も大きかったのではないかと推察する。


【第3回】
2008年11月16日
開催時期が3月から11月に移動
距離はマラソン(42.195km)に戻ったが、会場は江ノ島には戻らなかった。
制限時間が6時間に延びた。

コースが江ノ島に戻ることを祈って、情報をチェックしていたら、開催時期が「秋マラソン」に移動すると聞き、マラソンは「年に一本、春マラソン」と決めている僕はひっくり返った。

|

2019年11月23日 (土)

走らずに手に入れた完走メダル

急に気温が下がった日
僕はいつもより厚手の服を着込んで、暑かったマラソンの日を思う。
あの日がこんな寒い日だったらな。
現代の日本にとって、マラソンに好適な低温の日が訪れるのは11月下旬なのか。
ということは、好タイムをめざして秋マラソンを走る人にとって、走る大会はとても限られてしまう。
11月の最終週。今ならばつくばマラソン。来年は長崎平和マラソンがこの週だ。
12月第1週には大阪マラソン。宮崎の青島太平洋マラソンは第2週。これから数年のターゲットはこんなところか。


冷たい雨が降りしきる東京
そんな雨の中、再配達を頼んだ郵便屋さんはやってきてくれた。
不在配達票には「東北・みやぎ復興マラソン」とあった。

本来ならば今年走るはずだった大会は、台風19号が宮城県を直撃した影響で中止になった。
天災、荒天などの影響でマラソンが中止になるのは、よくあることで、自身これが2度めの経験。
中止になった場合、参加費は一切戻ってこないことも、重々承知している。

それでも、心の何処かに日本で二番目に高い参加費(13,000円)を払って、走れなかった心残りはある。
ただ、それをもう1人の僕が打ち消す。
そもそも、これは復興のための大会だ。高額な分はチャリティではないか。だから、中止になり走って元が取れなくてもとやかく言うのは憚られる。

不在配達票をみてすぐに、計測チップの返却を求める「料金受取人払郵便」の封筒が頭に浮かんだ。
ナンバーカードと共に届いた返送用封筒は、ランナー都合でDNSとなった人が使うためのもので、切手は自分で貼る。
しかし、今回は中止という事情なので「返却方法について検討する」ことが主催者からアナウンスされていた。
その知らせを待っていたのだが、中止から一ヶ月を過ぎ、そろそろ切手を貼って送らねばと思っていたのだ。


届いた荷物は期せずして大きかった。
Tシャツをもう一回送ったのか?と思った(笑)
「参加賞」のオレンジ色のTシャツは、大会前にナンバーカードと同梱で届いている。

開封すると次のものが入っていた。
1,計測チップ返送用 料金受取人払郵便封筒
2,フィニッシャーズタオル
3,完走メダル
4,大会参加賞記念袋
5,協賛各社提供品

すなわち、ゴールした後、順番に渡されるモノのセットである。
タオルやメダルがもらえることは知っていたが、中止になった時点ですっかり忘れていた。
2011年に「佐倉朝日健康マラソン」が中止になった時は、確か何も送ってこなかったと思う。ただし、それが悪いというのではない。

タオルはマラソンに出る度もらうのだが、乳飲み子を風呂に入れたりすることはないので、バスタオルに日常の出番がない。従って置き場所に困るので、小さく切り刻んで「ぼろ布」にしている。

メダルをもらって嬉しかったのは、初めて東京マラソン2009でもらった時だけだった。今そのメダルはガラクタ箱の底に沈んでいる。
参加賞のTシャツが「溜まって困る」という話しを聞くが、それでもTシャツは2~3回着ることができる。すなわち実用がある。
一方、メダルにはそれがない。もらった自分がそれほど嬉しくないのだから、誰かに自慢できるはずもない。
そんなモノ見せられた側も、リアクションに困る。
思いの外、不味い料理を食わされて「いやぁこれは家庭でもなかなか出せない味ですねぇ(=家庭でもこんなに不味くは作れない)」と言うような妙なコメントを捻らなければならない。

今回、走らずして手に入れた完走メダル
スポーツボランティアが首にかけてくれた訳でもない
僕は君をどう処遇すればよいのだろう

協賛各社協賛品は「雪ごこちタオル」と「宮城県産だて正夢」ごはんパック
これは嬉しかった。タオルは翌日早速ハンカチ代わりに使い、ごはんは美味しくいただいた。

|

2019年11月22日 (金)

ススキで覆われた鶴見川沿いのコース

5kmコースの2.2kmあたりから、鶴見川の流れに沿い緩やかに90度の右カーブ。コースは東へ向かう。
ただし、走っていてもコースが曲がっているという実感はない。
それはコースの両脇が背の高いススキで覆われていて、周囲が見通せないからだ。
地図で見るとこの付近にはファミマがあるのだが、それもコースからは見えない。
曲がり終えると、そこからずっとほぼ直線。


2.5kmには給水所が設営されている
給水所はスタート会場(0km地点)とここ2.5km地点、5km折り返し点の3カ所。
走り始めると、2.5km毎に給水所が現れる計算になる。


5km通過
右手に巻いたスプリット・ブレスレットを確認
予定よりも30秒ほど速い
しかし、前方のランナーはまったく見えない
ここで、最初の自主給食。ジェルとWINZONEを摂る。
距離ごとの給食はスプリット・ブレスレットに一覧表を入れてきた。
こうして表を作ってきても、去年のつくばのように、目の前の走りに必死になると、摂ることを忘れてしまう。


3.4km地点
コヤマドライビングスクール横浜(自動車学校)のとなりを走る
普通車、中型車に混じって自動二輪も練習中。
中免(自動二輪中型)は、僕も自動車学校で取ったんだったな
最初は野間(福岡市の試験場)に「一発」で受けに行ったけど、スタートしてすぐ一本橋で落ちたんだった
・・・と昔を懐かしむ

折り返し点から先行するランナーが戻ってきた
恥ずかしいので、なるべく目を合わさないように俯いて走る^^;)

3.7km地点
東急東横線のガードをくぐる

3.8km地点
県道2号線のアンダーパス
少し長めのトンネル
ここは、陽を遮るものがない鶴見川コースでは、数少ない日陰になる場所。そのため昨日の雨が路面を覆い、走りづらい

4.0km
左手に鶴見川樽町公園
少年野球が行われようとしていて、ユニフォーム姿の少年たちがキャッチボールを始めている。コースを隔てた土手には、それを支える親御さん達。
これも「スポーツボランティア」である。

4.3km
東海道新幹線のアンダーパス

4.7km
水門があり、鉄板の上を走る
雨が乾いていなくて、滑りそうで怖い
できるだけ水たまりがない鉄板の継ぎ目を選んで往く

5.0km
鶴見川が左へ曲がり始める手前に折り返し地点
「ここにあと3回来なければならない」
という現実には、できるだけ目を背けることにした

東北・みやぎ 台風→中止→ 鶴見川へ

|

2019年11月21日 (木)

遊水池のおかげで氾濫しなかった鶴見川

次も左に折れるのですか、まっすぐですか?
会場エイドのボランティアに尋ねる
「いや、ちょっとわかりません」
恐らく、質問の意図が汲めないのだろう。

答えを待っているわけにもいかないので、そのまま折り返して「1周め」へ


はじめの500m
鶴見川を左に見下ろす土手を走る
ここは道幅が広く、散歩している人が多かった


片道5kmの1km地点
太尾公園あたりの分岐までやってきた。
さっきと案内表示は変わっていないので、多分左へ進めばいいのだろう。

しばらくいくと先ほどの折り返し点から、ボランティアさんが撤収してきた。
ナンバーカードを付けている僕の姿をみて「コース違いますよ」とは言わないから、これでいいんだろう。


1.7地点、スタートして4km
港北産業道路(県道140号線)のアンダーパス
道が二手に分かれている
特にどちらへ進めとは書かれていない
恐らくアンダーパスの先で合流するのだろう
左側へ入る。案の定その先で道はまた一本に戻った。


ここまで予定よりペースが速い
「最下位のランナーが何をいうか」
と言われそうだが、本当なのだ。
鶴見川に42.195kmを走りに来るようなランナーは、皆速くて、ついついそのペースに引きずられてしまう。


コースは鶴見川を左に見ながら北に向かって進む。
台風19号では、広大な川幅の多摩川でさえ越水したというのに、か細い鶴見川は決壊も越水もしていない。

それは、日産スタジアムの北側にある遊水池のおかげ。
鶴見川の水量が増えると、運動広場の公園にある遊水池に水が流れ込む。そこは390万立方メートルの容量がある。
雨が止み鶴見川の水が引けると水門を開けて、鶴見川に水を返す。
この仕組みのお蔭で、日産スタジアムで行われたラグビーW杯の予選第4戦は開催することができた。

僕が今走っている鶴見川沿いのサイクリング、ジョギングコースも台風の被害を受けていない。
もしも、被害を受けたならば、東北・みやぎ復興マラソンが中止になったように、ここも走ることが叶わなかっただろう。


鶴見川マラソンのコースでは、毎月のように「42.195km」「30km」「ハーフ」などを走ることができる。
また後に、スポーツボランティア仲間から、ここで「よこはま月例マラソン」が行われていると聞いた。
始めに会費を納めると、あとは1,000円で好きな時に参加できるという。

東北・みやぎ 台風→中止→ 鶴見川へ

|

2019年11月20日 (水)

出場者20人 マラソン人生 最少の大会

鶴見川マラソン、当日
台風で「東北・みやぎ復興マラソン」が中止になった2週間後、すぐに走れるレースがあることに感謝したい
笑顔でいい走りをしたい

会場そばにはトイレが少ないため、途中駅で最後のトイレを済ませる。
新横浜からは事前に印刷しておいた地図を片手に進む。
スマホナビは天地がくるくる廻ってしまう。僕のようにナビのなかった時代に生まれ(紙の)地図を頼っていた世代としては、北が固定されていないものはムリだ。
主催者がホームページに上げてくれた順路はとてもわかりやすく、迷わずに辿りつくと受付は一番のりだった。

受付でナンバーカードと計測タグを受け取る。タグは"銭湯の下駄箱キー"のように腕に巻くタイプ。これは初めてみた。
自分で付けるのは難しそうだったので、その場で左腕に巻いてもらった。

更衣用に設えられたブルーシートにレジャーシート敷き場所確保。パイプ椅子を組みたててナンバーカード(前1枚のみ)を付ける。もちろんスポンサー名の「Japanet」が隠れないように。
荷物はその場に置いておく。治安はしっかりしており安心感があるが、500円を払って貴重品(財布・スマホ・家の鍵)は受付に預ける。

「長崎ですか?僕はカシマです」
救護のスタッフさんに話しかけられた。
V・ファーレン長崎のユニフォームを見て、長崎だとわかるのはJリーグ仲間ならでは。
12月には天皇杯準決勝で対戦する"僕たち"
互いの健闘を誓い合う

「その前にマラソン頑張ってください」
あ、そうか
サッカーの話しに夢中で、すっかり忘れていた。

15分前から準備体操が行われる。
河川敷大会では初めてだ。

10分前
ここで、スポーツジェル2つを摂る
ゴミ箱は「もえる・もえない」それぞれ設営されていた。

1分前
河川敷のコースに整列
占有使用ではなく、サイクリングの自転車が通るので、道の左端に寄って一列で並ぶ

9:30
スタートの合図
参加者およそ20人が一斉に出ていく
僕が1人取り残されるのは、河川敷大会のお約束だ。

しばらくして、最後に水色シャツのサトウさん(仮名)が追い抜いて行く。これで、ほんとの最下位
後半に調子が上がれば、抜き返すぞー

しばらく鶴見川を左に見て土手を進むと、案内表示があり、コースは左に折れてススキに覆われた河川敷の狭い道へ。
しばらくいくと1km過ぎで折り返してスタート会場へ戻ってくる。これで2.195kmの端数を消化。
ここからは片道5km・往復10kmのコースを4往復。それで42.195km。

しかし、この時点で前を行くランナーは見えなくなっている。
さっきは左に折れたが、次は左手に降りるのか、それともまっすぐ行くのか?分岐点には係員はいなかったので不安だ。

東北・みやぎ 台風→中止→ 鶴見川へ

|

2019年11月19日 (火)

幸せな長崎の光景 高田明社長 退任挨拶

41節栃木SC戦後、ホーム最終戦セレモニーが行われた。
DAZNはこの模様を30分にわたって完全中継。
既存メディアではあり得ない。WEBスポーツメディアならでは。
嬉しい

キャプテン黒木聖仁
「残り1ヵ月と少しですが共に戦いましょう」

手倉森監督
「掲げた目標、1年でJ1昇格を果たせず申し訳ない。我々は今年J2の中で一番試合をした。培われたもの育まれたものは確実にあると思っている。
苦しんだ長崎は必ず強くなる
必ず来年強くなる
高田明社長が退任します。高田明社長が描いているビジョンを胸に我々は進まなければならない。チームだけではなし得ない。
ここにいる皆さんと一緒でなければ。共に進んで往きましょう。
ホームでの強さを発揮するクラブになりたい。
天皇杯は長崎を盛り上げるべく、日本を驚かせるべく、何かを起こしたいと思っている。一緒に戦いましょう」


高田明社長
「勝ち負けよりも・・というと怒られることもありました。しかし、勝ち負けだけを目標にしていたら本当に我々がめざす目標に届かない。勝ち負けは最終的な目標ではないのではないか。世界の皆さんをいかにスポーツで幸せにできるかが最終的な目標では?
去年はゼイワンを経験しましたよね。これが山あり谷ありなんですよ。日本一の監督と思っている手倉森監督が長崎を選んでくれた。皆さんと選手が一生懸命戦ったという現実がここにある。
天皇杯をどう思いますか?3000、4000というチームがある中、V・ファーレン長崎が日本でベスト4に立っているという現実をどう思われますか?
12月21日、そこはもう勝つように決まっております
(場内笑)
新国立のステージに立つことを想像してください。
退任の日が12月31日がいつのまにか1月1日に書き換わっていました。あれ?なにかなと思った。
1月1日に新国立に立ちましょうと言う気持ちを受け止めるだけで、皆さんに感謝しかありません。

夢をどんどん語っていかないと誰がついてきますか?
高田旭人社長は4年後に普通ではないスタジアム構想を掲げているんです。
長崎の夢を世界に誇れるものにしようと社運を賭けてやるんだ。
長崎から日本を世界を感動するクラブにするという思いがこもっていると確信しています
ローマも1日にして成りません。1年、2年頑張っていれば3年めに10段、20段いくことが現実に起きるんです。
来年も再来年も信じて信じてV・ファーレン長崎を応援していただくことを、皆さんに切にお願いします。

次の体制は必ず皆さんの期待に応える体制を発表できる。ご期待ください!
これからは、違った角度からV・ファーレン長崎をスポーツの世界を応援していきたい」


高田明社長のスピーチは心ない非難、近視眼的な批判への反論だった。遠くをみて抽象度を上げれば、見えてくるのは自ずと違ってくる。V・ファーレン長崎と共にあろうと思うならば、そこに乗っかる幸せしか見えないのではないか。


中村慶太ビデオメッセージ
「高田明社長としての最後のゲームが、元旦に清水エスパルスと戦えるよう期待しています」

鈴木武蔵ビデオメッセージ
「僕のジャパネットのネタを快く受け止めていただきありがとうございました」


最後は高田明社長が、背番号1のGKユニを着て「PK対決」
キッカーは手倉森監督
マイクを握ってゴールまで歩きながら掛け合いトークをする球団社長と監督に場内大爆笑。

手倉森監督
「最終戦でゴール決められなかったので僕が決めます」

手倉森監督は忖度してコロコロキック
しかし高田明社長追いつけず
やり直し(笑)

2本め
今度は高田明社長の側にキック
高田明社長、これをキャッチにいかず足でクリアにいくがゴールイン
ひっくり返る手倉森監督

3本め
今度こそとド正面に蹴る手倉森監督
高田明社長、三度目の正直、キックでクリア

そして、選手が駆け寄り、高田明社長を三度胴上げ
記念写真にはヴィヴィくん、ジャパネットHD高田旭人社長も納まっている
幸せな長崎の光景

高田明社長は、これからもスタジアムに応援に来るという。
来年もまた、どこかの会場で会いたい。
まずは、任期最終日「元旦、オリスタ、決勝」に向けて12月21日。僕らは貸し切りバスで鹿島に乗り込むつもりだ。

|

2019年11月18日 (月)

ボールをもっていたが、ゴールは遠かった

2019年11月16日(土)14:03
41節
V・ファーレン長崎-栃木SC
トランスコスモススタジアム長崎

今期ホーム最終戦
ステンドグラスをあしらった美しい2019の1stユニフォーム、トラスタではこれが見納め。

<スタメン>
富澤
米田 徳永 角田 香川
秋野 磯村 大竹 澤田
呉屋 玉田
翁長聖が3試合連続でベンチに入っておらず、UNICEFの募金に参加している。翁長の前には長い列ができていた。

手倉森監督
1シーズン応援してくれたサポーターの前で
成績は振るわなかったがこれからの可能性を示そうと話した
栃木は必死にくる。我々も戦う姿を見せたい

<前半>
22分
栃木SCのCK 乾大知のヘッドが長崎の選手に当たりゴールイン
去年は長崎に居たDF乾大知
古巣対決で結果を出した

38分
スタンドで観戦する高田明社長が映し出される。退任前ホーム最終戦ということで、一般のスタンドで観戦しサポーターと話している。

<後半>
4分
澤田崇に替えてイバルボ

11分
左からのCK、イバルボのヘッドは弱い

13分
イバルボがワンツーでペナルティエリアに入るが、シュートには成らず
来季はどうする?イバルボ

15分
ペナルティエリア内で香川が倒されたが大坪主審の笛は鳴らず

17分
大竹が蹴ったFK、香川がフリーでヘッド。しかし右へ外す

19分
ボールを蹴る前のGKに呉屋が後ろから忍び寄り、ボールを奪取。GKが右手を呉屋の左足にかけて倒したが大坪主審の笛は鳴らず。
大坪主審には「GKが手を使って相手の足を掬うのは合法」という現行ルールとは違う基準があるようだ。

23分
玉田圭司に替えて吉岡雅和

30分
イバルボの粘り、右からのクロスに呉屋のヘッドは右へ外れる

35分
イバルボがペナルティエリア内の個人技でDFを交わしてシュート

36分
ペナルティエリア内で呉屋が倒されたが大坪主審の笛は鳴らず

37分
磯村亮太に替えて長谷川悠


手倉森監督
守備で守り切るという栃木に屈した
今シーズンを象徴する敗戦
しっかり受け止めて、これからの可能性を示せるゲームを最後のゲームと天皇杯で示せれば

 

|

2019年11月17日 (日)

札幌 五輪マラソン(最終話)

2020年夏、124年の五輪史上初めて、開催地以外でマラソンが開催される。その知らせは東京都にとって唐突にもたらされた。


2019年10月17日
IOCバッハ会長が「マラソンと競歩を札幌に移すことを決めた」と発表
小池百合子東京都知事は「寝耳に水」だったことに言及

2019年11月1日
開催地の札幌変更を決定
東京都(小池百合子知事)、IOC、大会組織委員会、政府の4者会談で合意した。

この会談では「マラソン、競歩以外は(これ以上)都外に移転しない」ことを確認。
これにより、パラリンピックのマラソンについては既定どおり、東京のコースで行われることになった。

長距離競技者を東京の暑さから守る「アスリートファースト」が、札幌変更の論拠と説明されているが、パラリンピックは含まれていない様子。

パラリンピックのマラソンが東京コースで行われれば、東京都の予算で行った路面温度を下げる試み「遮熱性舗装」も、1度は活用されることになる。


さて、札幌開催が決まった東京五輪マラソン
決まっているのは日程のみ。
放送権利の都合上、日程は動かせないだろう。

2020年8月2日(日)
東京五輪女子マラソン開催予定

2020年8月9日
東京五輪男子マラソン開催見通し

”涼しい土地”でやるからには、時間も早朝6時スタートが求められる。

迎えた大会当日、札幌で9時スタートにしたところ「当日6時の東京と気温が変わりませんでした」では洒落にならない。


コースは市民マラソンの人気大会「北海道マラソン」のコースが下敷きになるだろう。
公道封鎖、緊急避難経路、警備、ボランティア配置

マラソンには「公道」を走るという定義があり「公道」を使い市民生活を制限する以上、管轄する自治体との調整に時間がかかる。
決定から9ヵ月しか準備期間がないマラソン大会を聞かない。
従って、既に実績がある「北海道マラソン」をほぼ踏襲することになると推察する。


北海道マラソンは、日本で唯一8月に開催されるマラソン。
2019年8月25日の大会は第33回を数えた。
本来、マラソンシーズンは10月~5月であり、6月~9月のマラソンは危険とされている。

それでも北海道で例年開催されているのは「北海道が涼しい」からである。
しかし、2010年8月29日の大会では気温が30度を超えた。
その後も2012年、2015年には28度を記録。

8月2日、9日の場合、日中は28度超えを警戒される。朝6時スタートは必須と言える。
しかし、その日朝6時の札幌の気温が、果たして東京より何度低いのだろうか・・・

おわり

 


ど素人!マラソン講座

 

|

2019年11月16日 (土)

札幌 五輪マラソン(3)

2020年夏、124年の五輪史上初めて、開催地以外でマラソンが開催されるきっかけとなった(と報じられている)出来事は、MGCから2週間後に起きた。


2019年9月27日
ドーハで開催された世界陸上の初日に行われた女子マラソンで出走した68人中 28人がDNF(途中棄権)

日本からは3選手が出場
7位 谷本観月
11位 中野円花
DNF 池満綾乃

スタート時間は日本時間 5:59
日本とドーハの時差は6時間なので、現地時間は正午
スタート時気温は32.7度、湿度73.3%だった。

この大会で41%(28/68)の選手が途中棄権したことが、東京開催が危険とする議論の出発点になっているが、比較考量するには以下2つの条件が異なっている。

1.スタート時間:東京 午前6時⇔ドーハ12:00
2.開催日:東京女子10日め、男子17日め⇔ドーハ大会初日


1.スタート時間
明け方6時と日中12時では気温、日照ともに大きく異なる。比較にならない。

2.開催日
初日開催の場合、気象条件が競技に与える影響を選手、関係者が十分に把握できていない。
数日経過した時点では、他競技の状況をみて、気象条件にどう対応するか準備ができる。

話題になった「女子マラソン」以外にも、ドーハでは「マラソン」「競歩」が行われている。


9月28日(大会2日め)
男子50km競歩
出場39→DNF11(28%)

女子50km競歩
出場22→DNF5(18&)

9月29日(大会3日め)
女子20km競歩
出場42→DNF3(7%)

10月4日(大会8日め)
男子20km競歩
出場45→DNF5(10%)

10月5日(大会9日め)
男子マラソン
出走73→DNF18(20%)
日本から出場した3選手は完走


いずれも正午前後にスタートした競技において、初日の女子マラソンを超えるDNFの数値は出ていない。

つづく

 


ど素人!マラソン講座

 

|

2019年11月15日 (金)

情けない週末を希望の週末に替えたV・ファーレン長崎

2019年11月10日(日)
40節
モンテディオ山形-V・ファーレン長崎
NDソフトスタジアム山形

ドグソによる退場で数的優位となりながらも、同点の均衡を破れなかったV長崎に転機が訪れる。

<後半>
18分
同点ゴールの澤田に替えて吉岡雅和

19分
カウンターで裏に抜けた吉岡が倒されたがノーファール

19分
完全に裏をとった呉屋だが、柳に押されてシュートが打てず

24分
秋野が縦へ送ったボールをイバルボがフリック。呉屋が競ってヒールで後ろへ反らす。そこへ猛然と走りこんできた吉岡が無人のサイドにたたき込む。
V長崎にとっては、久しぶりのリード^^)

30分
イバルボが絶妙の切り返しからシュート

30分
山岸の決定的シュートは富澤がファインセーブ

34分
大竹に替えて玉田圭司
今シーズン初めて、呉屋イバルボ玉田のFWそろい踏み

40分
呉屋に替えてカイオセザール

45分
山形のCK、本田をフリーにしてしまったがシュートは上に外れる

+3分
長崎のカウンター攻撃
イバルボがフリーのカイオセザールへパス
GKと1対1のカイオ、ここは楽々移籍初ゴールか?と思ったら左へ外す

V長崎3-1山形

試合後、山形の木本監督が審判に抗議している。
ホドルフォが退場になったシーンのことだろうか。
監督握手の際、手倉森監督が笑顔で何やら話しかけ、木本監督は微妙な含み笑い。
試合後インタビューで、木本監督は判定について一切触れなかった。


吉岡雅和
(逆転ゴールの場面について)
僕はこぼれ球をひろっただけ
(ピッチに入る時の監督指示)
攻撃の終わり方、アクセントになるように言われて入った
ゴールへという意識を強くもっていった
(今後に向けて)
この結果は残り2試合と天皇杯につながっていく
1試合1試合全力で戦っていく

手倉森監督
退場者が出てうちがボールを握れる展開になって、リードしている山形が守備に重きを置いたところでリズムが取れた
(3ゴールについて)
1人多かったからかな(笑)
(吉岡投入について)
ボールを握れていて、いつか入るだろうというところでアクセントになれる吉岡を入れた
(天皇杯・今後についての意気込み)
負けてばっかりいられないだろう
長崎のこれからにつなげていきたい
あと2つしっかり勝って終えたい

手倉森監督は天皇杯については言及しなかった。
今ここで言うべきこと、そうでないことを咄嗟に仕分けたのだろう。

リズムに乗ってボールを握った長崎は強かった。
1人多かったからとはいえ、1人多くても負ける時は負ける。
選手一丸となり「これから」のために力を尽くしたことで、僕らは情けない週末を希望の週末に替えることができた。


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年11月14日 (木)

まさかのドグソで、攻めの長崎が復活

2019年11月10日(日)
40節
モンテディオ山形-V・ファーレン長崎
NDソフトスタジアム山形

<前半>
27分
角田誠からのロングボールに背走、巧みなランでホドルフォを振り切ってシュート体勢に入った呉屋をホドルフォが押し倒す。
決定的得点機会の阻止(ドグソ)で一発レッド
抗議した井出にもイエロー
ペナルティエリアすぐ外からのFKは大竹が直接狙ったがボールは落ちきらず上へ外れる。それでいい、ナイストライ!


「ドグソ」はJリーグが公開している判定検証番組「Jリーグジャッジリプレイ」で広く知られるようになった。

DOGSO=Denying Obviously Goal Scoring Opportunity
以下の4要件を満たす場合、ファールをした選手は一発レッドで退場となる。

【1】反則した場所がゴールに近い
【2】攻撃側がゴールに向かっている
【3】攻撃側とGKの間にDFがいない
【4】そのファールによって攻撃側がボールコントロールを失う

あのまま呉屋がシュートを打って何%の確率でゴールできたかは関係ない。
今回はペナルティエリアの外だったため「FK」だったが、ペナルティエリア内の場合「PK」であり、①退場②次節出場停止③PK付与となることを「三重罰」という。


今期、V長崎戦でのレッドカードは2度め
開幕戦 横浜FC戦(トラスタ)
86分に去年まで長崎に在籍した田代真一が長谷川悠にスライディングを受けた後、長谷川の足を蹴って一発レッドとなった。


32分
10人になった山形はリードを守ろうと自陣に引き、長崎が一方的な攻撃を開始。右からの崩しからイバルボ>呉屋のシュートはGK正面

42分
ゴール前にちょくちょく顔を出している磯村のシュートはGK正面

44分
右からの作り。前でプレーできていた磯村が左へはたく
香川がワントラップから右対角線へ抜群のクロス
イバルボを超えたところに待ち構えていた澤田
角度のない所、コースを塞ごうと出てくるGKの足下へ叩きつけて同点

+3分
右からのCK
徳永のヘッドは当たりが弱くGKがライン上ぎりぎりで押さえた


<後半>
3分
後半も攻勢は長崎。呉屋のシュートはGK正面

8分
磯村のボール奪取からイバルボへ。CKを取る
今日の磯村、いい気合いだ

11分
香川のシュートはGKのナイスセーブに遭う

12分
米田隼也のクロス>イバルボのヘッドはクロスバー。押しこんでいるのだが一点が遠い。
一方の山形は前半のように下がらず、前へ詰めてくる。その分だけ運動量は増えていく。


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年11月13日 (水)

長崎の志を持って堂々と戦う V・ファーレン長崎

手倉森監督
「長崎の志を持ってピッチの上で堂々と戦わなくてはいけない。それが基盤になっていく。残り試合でしっかり気持ちを示したい」
横浜FC戦翌朝 朝日新聞(長崎版)テグゴロクより


2019年11月10日(日)14:03
40節
モンテディオ山形-V・ファーレン長崎
NDソフトスタジアム山形

V・ファーレン長崎にとって、リーグ戦においては「ゼイワン昇格」という目標を失った初戦。
だが、今期はまだ「元旦、オリスタ、決勝」という目標が残っている。
そして、高田明という太陽のいないクラブとしての初年となる2020年シーズン。その先には新スタジアム、サッカーを通じて平和を訴える使命。
我々V・ファーレン長崎の旅は続いていく。
ここで、情けない戦いをしては、いけないのである。
そして、試合は意外な展開となり期せずして「強い長崎」を見ることになった。


<スタメン>
富澤
米田 角田 徳永 香川
大竹 磯村 秋野 澤田
イバルボ 呉屋

<ベンチ>
徳重
髙杉 亀川 吉岡 カイオ
玉田 畑

イバルボ-呉屋の2トップは魅力的なのだが、前節のアウェイ横浜FC戦に続き、翁長聖が帯同していない。これには来期、翁長がV長崎に残ってくれるのかが不安になる。

手倉森監督
(J1昇格がなくなったという状況で)
自分たちがどれくらいこのシチュエーションで力出せるか試されている。出せればこれからにつながる。これからのために力を尽くせと話した。

<前半>
山形は試合開始前の時点で4位。J1自動昇格(2位以上)の可能性を残している。
サポーターのコール音量に気合いを感じる
試合開始早々から呉屋大翔が真剣に走っている

8分
カウンターからイバルボが入れたボール、呉屋にわずかに届かず

12分
CKから失点
序盤は山形に堅さがあっただけに、惜しまれる

20分
ペナルティエリアに入ろうとする澤田が進路を塞がれたがノーファール。これくらいでは笛は吹いてもらえない。

26分
初CKの流れから磯村亮太がペナルティエリア奥深く入ったがGKに押さえられる。

このまま今日は「情けない試合」なのか・・
少しだけ心に暗雲が垂れ込める
だが、その直後に意外な展開が待っていた


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年11月12日 (火)

ハンマーヘッドの右折がきつ過ぎる!横浜マラソン

横浜マラソンおよそ3kmあたり

この時点でかなりきつそうな人
心中を察します
だって、この暑さでまだ「あと39km」あると思うと、その道のりは永久に続くような気がします。
ここで「あと39km!」というような冗談をいう人はいません。
くらわされます(長崎弁です)
でも、実際に走っているとあと12kmのところで「ラスト~」とか「あと少しぃ」という声は掛かりますけどね。
真剣に言っているのが怖いです。


マラソンの最終ランナーが通り過ぎた後、しばらくすると「2km車椅子の部」がやってきます。
思いの外、出場者が多かった!
車椅子ランナー、そして介助者、そのひたむきさに心打たれました。
往路は下り坂、赤レンガ倉庫からの復路は上り坂。
沿道の皆さん、懸命に応援していました。


最終走者を見届けてから、今度は復路コースへ廻りました。
カップヌードルミュージアム~赤レンガ倉庫前の道路を「復路も」走ったのは第2回まで。
中止になった第3回は別として、第4回から復路は赤レンガ倉庫の海沿いを走ります。

そして、今年は「横浜ハンマーヘッド」がオープンしたので、コースがさらにハンマーヘッドの海沿いへと変更されました。
つまり、横浜マラソンは開催された4回ともに異なるコースで行われたことになります。
(第1回→第2回は距離不足の修正)

「ハンマーヘッド」といえば造船に詳しい方は、巨大クレーンを思い浮かべると思いますが、ここは客船ターミナルです。
実際にこの施設の先にはハンマーヘッドクレーンがありますが、現在は使われていません。
(横浜市が遺構として保存)


前回の第4回大会では赤レンガ倉庫から直線だった走路が、今回は「横浜ハンマーヘッド」を迂回するコースに変わりました。
こちらに廻ったのは、その新コースを見るためです。

驚いたのは、ハンマーヘッドでの右折。
90度というよりは100度くらいありそうなカーブ。
え?ここを曲がるの?
TBS赤坂5丁目ミニマラソンか!と思うような曲がり方。過去14年のマラソン人生では見たことがありません。

スピードが出ているランナーは、かなり減速しなければならないのでタイムロスになるだろうし、道幅が狭いので時間帯によって渋滞が起きそうです。

まだ先頭のランナーが来ないので、そのままゴール方向へ歩きます。
すると、またも急な右折。
しかも右折した先の道路は2車線中、左側は交通規制をしていないため、走路は右半分のみ。
ここも減速、渋滞が起きるのでは?

そう考えているところに先導白バイ、審判車輌、つづいて先頭のランナーがやってきました。
車輌は日産の1800ccクラスと見受けました。決して大きくないクルマですが、それでもコーナリングはギリギリ。これ以上の大型車、たとえばテレビ局の放送車では曲がれないでしょう。

ちなみにこの日の模様は、去年に続いて地元神奈川テレビで生放送されました。

やってきた先頭のランナー、F1ドライバーやMotoGPライダーのように、アウトインアウトのコース取り。アウト側のコーンぎりぎりでコーナーをクリアしていきました。
41km過ぎ先頭ランナー

自分がランナーだったら「5時間切り」が微妙という切羽詰まった時、あそこで渋滞したらイヤだなぁと思いました。


11月の第二日曜日
みなとみらいを訪れた行楽客、沿道の応援、大会スタッフにとっては好天に恵まれた、いい1日になったと思います。
ランナーの皆さんにとっては、どうだったでしょうか。

僕も1度は「横浜マラソン」走ってみたいと思います。
35km過ぎからのビクトリーロードの華やかさ、賑やかさは東京マラソンに負けていませんからね。

ど素人!マラソン講座

|

2019年11月11日 (月)

日本じゅうの青空を集めたような横浜マラソン

2019年11月10日(日)
第5回横浜マラソンが行われました。

出走されたランナーの皆さん、いかがだったでしょうか。
え?今日はもう仕事している?
タフですねぇ
マラソンを走った翌日くらいは休みましょうよ


朝6時過ぎ、みなとみらい線「みなとみらい」駅に
降り立った僕は驚きました。
駅が深い・・
ではなくて
なんで、みんなこんなに早く来ているんだろう?

だってスタートの8:30まではまだ2時間余り。
前日までに受付は終わっているので、ナンバーカードは家で付けられるから、トイレに並ぶくらいしかすることはないはず・・
僕の場合、だいたいスタートの90分前・・
あ、あんまり変わらないか^^;)

地上に上がるまでのエスカレーターは渋滞。
僕は空いている階段を上りながら思いました。
僕だってこれから42.195kmを走るんだったら、少しでもグリコーゲンを使いたくないから、階段は使わないな
皆さん、正解です

8:30
レーススタート
僕はカップヌードルミュージアム前の交差点で空を見上げていました。
天候は「ど快晴」^^;)
「世界中の青空を集めたような青さです」と言ったのは、1961東京五輪開会式のNHK実況アナウンサーですが「日本じゅうの青空をここに集めました」と言っていいほど。
(ちなみに日本全国晴れていたみたいですが)

観覧車の向こうに見える空が限りなく青い
ん?そういえば観覧車の真ん中って時計じゃなかったかな。
なぜ灯いていないんだろう?
10時過ぎてもまだ、灯いてないし
ちなみに、桜木町まで歩いて帰る途中、振り返ると裏側の時計は「11:20」を表示していました。


次々にやってくるランナーの皆さん、笑顔が多い
今年の東京マラソン、極寒の雨中、皆さんの顔が引きつっているように見えたのとは対照的です。
顔が輝いている・・
汗で^^;)
ちょっと暑くないか?
スマホで気温を見ると10時頃には19度でした。

ちなみに、同日に行われた3つの大会の気象データを確認したところ以下の通りでした。

大会名
上段:9時の気温/レース中最高気温/天候
下段:9時の湿度/最高気温時の湿度

福岡マラソン
15.0 20.5 晴れ
73% 54%

仏の里くにさき・とみくじマラソン
16.0 19.0 晴れ
76% 72%

横浜マラソン
15.0 19.0 晴れ
66% 48%

11月第2日曜日のマラソンが3大会ともに20度近くまで上がったということです。
好条件(低温・低湿度)のレースを求めて時期を選ぶ時、これよりもさらに遅い時期にしなければいけないのか・・
ちょっと、考え込んでしまいますね。

つづく

ど素人!マラソン講座

|

2019年11月10日 (日)

初めてのセルフレジ 意外と楽しい見慣れたあの作業

いつも行くコンビニで、このところ、レジが混むようになった。
以前ならばせいぜい3人待ちがいいところだったが、今は多い時には10人以上。狭い店内を半周していることもある。

原因はセルフレジ

元々有人レジが2基あって、混雑時は店員2人がレジを打っていた。あ、今は打っていたとは言わないのか・・・
セルフレジが入ってからは、有人1、セルフ1。
フォーク並びの列の目の前にセルフレジ、その右手に有人レジがあり、セルフレジには「現金は使えません」と書かれている。

セルフレジは誰も使わない。
使っている人を見たことがない。
だから、行列が伸びる。
店員はもう1人いるのだから「セルフレジを有人に切り替えればいいのに」と誰もが思っている。口には出さないが

ある時、見かねた店員がセルフレジを有人モードに切り替えようとしたが、かなり手間取っていた。現金対応にするのが大変だったのだろうか、内部の事情は客にはわからない。

確かにこの店で客の支払いを見ていると、現金をじゃらじゃら出している人が多い。
見た目の印象としては9割が現金派と見受ける。
カードを使わない人に、なぜカードを使わないの?と尋ねると異口同音に「カードは際限なく使いそうで怖い」といった答えが返ってくる。現金ならば、あるだけしか使えないので安心というわけだ。
その気持ちはわかる。

では、なぜ僕が10年以上前からカードに切り替えられたかというと、お小遣い帳を付けているからだ。
ただ、付けているだけでは「現金」「カード」の収支はわからない。
エクセルで左右(貸借)の仕分け表をつくり、右側は「現金」「数種類のカード毎の支払い」「引き当て金」など。
左側は「銀行残高」「現金残高」「未収受金」など。
これにより、現時点の収支がわかる。
収支をマイナスにしてしまうと、僕だって「際限なく使いそうで怖い」ので、マイナスになった時は「引き当て金」を取り崩してプラスでその日を終える。


件のコンビニはその日も、レジに行列ができていた。
ただ、いつもと違ったのは「有人レジ」の店員が「セルフレジもご利用ください」と先頭の客に声をかけていたことだ。
そこで、僕が列の先頭に立った時「セルフレジ」にチャレンジすることにした。何事も経験、1度やらなければ、永遠に始まらない。

商品をカゴから取り出し、バーコードの場所を探し、スキャナーを当てる。
思えば、この作業、これまでに1万回以上は見て来たと思うが、自分でやるのは初めてだ。
コンビニでバイトしていた学生の頃、レジはまだ手打ちであり、レジは「打つ」ものだった。

スキャナーから放たれる赤い光線がバーコードに当たると、ぴっと音がして、商品名と価格がディスプレイに表示される。これはおもしろいじゃないか。
すべての商品のスキャンを終えると「購入」をタップ。
つづいて、ポイントカードの読取方法をどうするか?を尋ねてくるので、いつも店員さんにやってもらっているように「スキャン」をタップして、自らポイントカードをスキャン。

いつもならば、ここで「支払いはクレジットで」と言わなければならないが、それも言わなくていい(言ってもいいけど)

支払い方法をタップして、いつものようにカードをスキャン。
レシートが吐き出されてくる前に「これ、袋です」と有人レジの店員が手を伸ばして、カウンターにレジ袋を置いてくれた。

次からセルフレジを使おう。
どこの店でもセルフレジは閑古鳥が鳴いている。
「あんなの、誰が使うんだ?」
「立ち往生したら恥ずかしい」
と遠巻きにする視線を尻目に、すいすいと支払うのは悪くない。

 

|

2019年11月 9日 (土)

横浜マラソン第1回~第5回の歴史

2019年11月10日(日)
第5回横浜マラソンが開催される
ここでは、過去大会から今回に至る歴史・エピソードを振り返る。


【第1回】
2015年3月15日
横浜マラソン2015開催
申込みはローソンロッピのみ。マラソン大会では定番の「RUNNET」を使わなかった。

第1回の参加費15,000円は、第1回大会としては日本国内最高額。当時、他のどの大会よりも高額だった。参加費は2019年大会も変わっていない。

日本一多い18カ所のエイド「パフォーマンス給水」「ラッキー給食」が行われた。

コース中に高速道路が11kmも組み込まれていることは、ランナーの間で話題になった。
高速道路には人が住んでいないし、歩行者は立ち入ることができない。つまり「沿道の応援なし」コースの16%が「無観客」で行われるのは(公道でおこなうという定義の)マラソンとしては国内で他に例がない。
この状況は2019年大会も変わらない。この区間はスポーツボランティア、救護スタッフ、そしてその送迎バスの運転手^^;)が応援の声を枯らす。大会スタッフのみで11kmも応援するという珍しい体験ができる。

第1回競技終了後、距離不足がわかり、大会記録は非公認扱いとなった。11kmに及ぶ高速道路が事前に計測できず、大会当日道路封鎖後に計測したところ距離不足が判明。しかし、時既に遅かった。

制限時間は6時間。これは2017年大会まで続き、2018年より6時間30分に延長されている。


【第2回】
2016年3月13日
前年の距離不足を本牧エリアで調整して開催。
2年つづけて好天に恵まれた。


【第3回】
2017年10月29日
春マラソンから秋マラソンへ移動したため、第2回からは1年7ヶ月の間隔が空いた。
しかし、台風接近により中止となった。


【第4回】
2018年10月28日
前年、中止のために走れなかったランナーを優先。
21,489人が優先権でエントリーして、6,510人を一般枠として募集。いつも以上に狭き門となった。
tvkが号砲から競技終了まで生放送した。


【第5回】
2019年11月10日
台風の季節を避けるため、10月第4週→11月第2週へ移動。
これによって気温が下がることも期待できる。
2019年10月第4週は最高気温が25度まで上がったが、11月10日の過去平均最高気温は17.4度。マラソンにおける「7度」の違いはとても大きい。

第5回大会(実施は4回)は、初めて1万人の女性優先枠を設けた。
マラソンは高齢者男性比率が高いスポーツであり、何処の大会も女性ランナーの獲得に苦戦している。
女性優先枠により7,000人を確保した。それでも定員26,920人に対しては4分の1程度。


11月10日、横浜市の天気出現率
晴れ57.6
くもり17.5
雨24.9

ランナーの皆さん
好天、低温のレースとなることをお祈りします^^)

ど素人!マラソン講座 

|

2019年11月 8日 (金)

V・ファーレン長崎の「絶対に負けられない戦い」

2019年11月3日(日)
39節
横浜FC-V・ファーレン長崎
ニッパツ三ツ沢球技場

<試合終了>
横浜FC 2-0 V長崎
長崎ゼイワン復帰の戦いは終わった

選手たちが挨拶に来る
サポーターは拍手で迎える
その中で畑潤基が泣いている
「畑、お前の気合いは見とったぞ!」
僕は彼に呼びかけた
それは彼への呼びかけであると同時に、すべての選手たちへの問いかけである。


結果的に長崎がつくった好機は1度きり、しかし失点は2点ともにアンラッキーゴール。耐え忍んで1-0ということもあっただろうが、今日はそうならなかった。
スタジアムを後にする僕らに、横浜選手のマイクパフォーマンスが響く。
勝者があれば敗者がある。僕らにもそんな日はある。


手倉森監督
「勢いをいなして一進一退にできたが、オウンゴールで失点してしまった。
CKからの2点めは横浜の勢いだと話した
この勢いを自分たちもつけられるようにならないといけない。
選手たちはよくやってくれた。
この状況でも長崎のサポーターがこれだけ来てくれたことに感謝したい」


「バス停は左すぐ、地下鉄は右15分ほどです」
警備員の道案内に従い路線バスのりばへ向かう
しかし、やって来たバスは既にサッカー帰りの人で満員状態。
シャトルバスならば「何本か待てば乗れる」と思えるが、15分に1本程度の路線バスでは望がが薄い。
一旦、さきの警備員の前まで戻り、地下鉄ブルーライン「三ツ沢上町」駅を目指す。
スタジアムを出てしまうと、案内表示は皆無。前を歩いている人たちに付いていくしかない。
ビジターゲートから駅のホームまでは徒歩22分だった。


2018年シーズン、J2への降格が決まったのは11月17日。
「J2」最終節でFC町田ゼルビアが引き分けて「3位」が確定した瞬間に、長崎の「J1」最下位が決まるという特殊な状況だった。

今年はさらに早い終戦。
しかしまだ僕らには「元旦、オリスタ、決勝」という大一番が残されている。それを目の前で応援できるのは関東V長崎サポーターにとって、この上ない僥倖。

12月21日天皇杯準決勝
鹿島-長崎
カシマサッカースタジアム

どこかの放送局ではないが、これが僕らの「絶対に負けられない戦い」だ。


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年11月 7日 (木)

長崎の不運、横浜FCの勢いで2点

2019年11月3日(日)
39節
横浜FC-V・ファーレン長崎
ニッパツ三ツ沢球技場

<前半>
23分
秋野央樹が今日初めて、ゴールに向けて長い縦パスを入れる。
これをGKの目前でナイストラップした澤田のシュートはGKが身を挺して弾く。つづいて吉岡雅和のシュートはDFにブロックされる。
惜しい!先制の好機
横浜FCサポーターは肝を冷やしたことだろう
そして、結果的にはこれが今日を「長崎の日」にする唯一の機会だった。

横浜FCは長崎に持たせているのか、守るでもなく攻めるでもない。微妙な間合いを保っている。
僕は何度もG-SHOCK V・ファーレン長崎モデルに目を落とす。
25分、30分、そして40分まできた。
いいぞ、前半を0-0で終えれば、後半には期待が膨らむ。
そう思った矢先だ。

41分
カイオセザールのパスが北爪にカットされる
齋藤のシュートは徳永悠平の足にあたりゴールへ
富澤にも当たったが、ゴールに吸い込まれてしまう
地面を叩いて悔しがる富澤

帰宅して映像をみると、これはまさに「オウンゴール」
(記録は齋藤のゴール)
だが、間近でみていた僕らには何が起こったのかわからない。
右後ろを振り返れば、リプレー映像が見られたのだろうが、僕らが後ろを振り返って何になる。目の前の一分に集中して「V-ROAD」を歌い続けた。

前半終了
横浜FC 1-0 V長崎
そういえば、今日はまだタオルを回していない


<後半>
5分
米田隼也が自陣ペナルティエリアのすぐ外でハンドを取られる
キッカーは中村俊介・・
なのだが、現地で見ているとそれが誰なのかはわかっていない
直接狙ったボールはまっすぐ、上に突き抜けた

8分
玉田がアフターで右足を蹴られたがノーファール
今日は主審が長崎にいい笛を吹かない日だった
吉岡雅和に替えて大竹洋平

10分
イバルボがペナルティエリア内でユニフォームを掴まれて倒れるがノーファール
イバルボはベンチに戻り「2」というサインを出している。
イバルボはDFとの駆け引きで裏をとる動きがほとんどない。

16分
大竹→イバルボへグラウンダーのスルーパス
イバルボがデビュー戦ゴールを挙げたシーンの再現だ
GK南が左へ出てきて外へ蹴り出す
ようやく取ったCK
待ってました。初めての「いっれっろっコール」
しかし、GK南が直接キャッチしてそこからのカウンター
またしてもDFに当たったボールが斉藤の目前に転がって2点め
これぞ、天国から地獄
右サイドの北爪へ投げた南のフィードを褒めるしかない。

23分
玉田に替えて畑潤基
畑潤基は試合終了まで必死に走り続け、相手に食いつくくらいまでチャージを続ける。まさに異次元の気合い。
ボールの先を読んでウォッチしてしまうことが多いV長崎の中では異彩を放つ。

33分
斉藤のシュートは富澤がファインセーブ。3点めは防ぐ

37分
澤田崇に替えて亀川
亀川は左サイドからの突破で何度か好機を作る
いつもより元気に見えた。
ここまで全試合走り続けてきた亀ちゃん
しばらく、コンディションを整えて鹿島戦では、キレキレの亀ちゃんを見たい


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年11月 6日 (水)

待ってました!イバルボ初先発

Jリーグの試合開始前、どこの球場でもボールパーソンが紹介される。ほとんどが少年だが「ボールボーイ」とは呼ばない。
ただ、この日のニッパツでは少し違っていた。

V長崎サイドを担当する少年たちが、ビジタースタンドの前に整列して挨拶したのだ。こんなことは初めてだ。
「都会の子だね。丸刈りがいない」
長崎県人が話している^^)


38節終了
16勝5分17敗
勝ち点53で12位
プレーオフ圏の6位とは10点差
V長崎は残り4戦を4連勝して勝ち点65
引分け以下で、来期のゼイワン昇格がなくなる。


2019年11月3日(日)14:03
39節
横浜FC-V・ファーレン長崎
ニッパツ三ツ沢球技場

<スタメン>
GK富澤
DF米田 徳永 角田 香川
MF吉岡 カイオ 秋野 澤田
FWイバルボ 玉田

控え
徳重
亀川 髙杉
大竹 磯村
畑 長谷川

待ってました!イバルボ初先発
コンディション不良の亀川、大竹がベンチ
翁長聖は帯同していない

試合前練習
先発する富澤が気合いの入ったキャッチ練習
一方、徳重は気持ちがこもらないせいか、キャッチが甘い


手倉森監督
(イバルボを選択した狙いは?)
「・・まぁ助っ人ですから
前での収まり、強さをみせてくれたらいい」

目を丸くして絶句した後に答えた。
いくらなんでもそういう聞き方はないだろう。同じく無難に聞くならば
「出場停止(累積警告4)の呉屋選手に替わってイバルボ選手が初先発です。どのようなことを期待していますか?」
でいいと思う。

<前半>
4分
ボール奪取してからカイオセザールがカウンター。しかし周囲の連動が遅く決定的機会にならず

10分
中山のクロスボールがGKの前を素通りしていく。
おぉ~
僕らに安堵のどよめきが起こる

16分
カイオが前線深く縦のボールを入れるが、イバルボは追いつけず


15分を過ぎた頃から、横浜があまりチャレンジしてこなくなった。試合がほとんど向こう側つまり長崎のアタッキングサイドで行われている。
「ボール奪取からカウンター」狙いに切り替えたのだろう。
長崎の攻撃は「きれいに回している」が、決定的な機会には至らない。
それでも、こうして時間を使っていけば、ワンチャンスに賭けることができる。ビジターチームはそれでもいいのだ。


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年11月 5日 (火)

高田明社長 退任の日が来るとは

2019年11月2日
高田明社長の退任が報道された。

こういう日が来るとは考えていなかった。
日頃「120歳まで生きたい」と言っている高田社長だから、まだまだ年齢が理由という訳ではないだろう。
だから、いつか退任の日が来るのはちょっと考えてみればわかることだが、考えようとも思わなかった。
だから、寂しい。

高田明社長、翁長聖
僕にとって長崎を象徴する2人
これで、翁長聖が移籍するようなことがあったら・・
いや、止そう
考えたくもない


期せずして高田明社長のラストシーズンとなった今季、まだV長崎には「元旦、オリスタ、決勝」が残っている。

「社長」としてのフィナーレに、オリスタで高田明社長に天皇杯をプレゼントできたら。
どんなに、いい恩返しになることか。
まずは12月21日、カシマサッカースタジアム(天皇杯準決勝)に乗り込んで、全力でV長崎を勝たせなければならない。

高田明社長は、いつも僕らを支えてくれた。
ゼイワンで負けが込んでも、ゼイツーで苦戦が続いても、その先の曲がり角を曲がった先にはきっとよきものが待っていると、そう考えることで、明日への希望が感じられた。

その希望を僕らは、高田明社長がスタジアムで見せてくれる笑顔、SNSで発信する言葉から受け取ってきた。

「サッカーには夢がある」
「長崎から愛と平和を」
そんな言葉が似合い、なんの違和感もない人は、他に思い浮かばない。

それでも、サッカーは続いていく


初めての「ニッパツ三ツ沢球技場」入り
横浜駅からはバスを選択した。
西口を出ると前方にバス乗り場が見えているが、そこに渡る歩道が見当たらない。これは地下だな?と察して近くにあったジョイナスの地下街へ降りるとそこからバス乗り場へ上る階段があった。
横浜駅から三ツ沢球技場へ向かうバスは複数系統があるが、実際には本数が少ない(15分間隔程度)ため、あまり効率的ではない。
直近の87系統「横浜駅西口」行き(循環)に乗車。
「三ツ沢総合グラウンド」バス停まで乗車時間は15分。バスを降りてからアウェイゲートまでは7分だった。
これならば、地下鉄(ブルーライン)を選択しても大差ない。

今日71歳の誕生日を迎えた高田明社長は、試合前ビジター自由席でファンと交流。スタンドに上がっての交流は久しぶりだ。
来期から僕らの誇り、高田社長が来なくなるのは寂しい。


ニッパツのゴール裏は「座席あり」「背もたれなし」
椅子なし球場(Nack5スタジアム、三共フロンテア柏スタジアムなど)の場合、立ち位置が落ち着かないし、ハーフタイムに座れない。椅子はあった方がありがたい。

V長崎側のビジター自由席は七割がた埋まっている。
去年はゼイワン、今年はゼイツー、そして終盤は中位に低迷と、状況は悪くなっているのに、駆けつける応援は増えている。
かつて、さだまさしが「長崎県人は外に出ている人ほど、地元の人に郷土愛がない」と言っていた。
いま「外に出た長崎県人」の間で「長崎にV長崎あり」が浸透しつつあり、その郷土愛への訴求が広がっているのだと推察する。


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年11月 4日 (月)

札幌 五輪マラソン(2)

2020年夏、124年の五輪史上初めて、開催地以外でマラソンが開催される。


2019年9月15日
「東京の五輪コース」(当時)で日本国内選考レース「MGC」が男女同日開催された。

このレースは東京五輪男女マラソンとほぼ同じコースで行われた。

コース
明治神宮外苑~神保町~日本橋~浅草~日本橋~品川~日本橋~皇居~明治神宮外苑

なぜ「ほぼ」かというと、オリスタが未完成だからだ。
五輪本番ではスタート・ゴールの「明治神宮外苑」の部分がオリスタに替わる。

MGCは本番とはスタート・ゴール地点と周辺コースが異なったが、それが男子の1、2位を決めるポイントになった。
優勝した中村匠吾は試走の段階で最後の「明治神宮外苑」を勝負のポイントに挙げていた。

もしも、五輪本番コースでMGCが行われていたら、1-2-3位の並び順は変わっていたかもしれないし、そもそも一部とはいえ、本番とは違うコースで選考の勝負がついたことに違和感が残った。

男子 1位 中村匠吾 2位 服部勇馬
女子 1位 前田穂南 2位 鈴木亜由子


五輪ではバルセロナ五輪のように遠隔地からスタートする大会はあっても、ゴールはメイン会場の陸上競技場というのが五輪の華。
公道からスタンド下の暗渠をくぐると、スタンドに詰めかけた大歓声が迎える。
その中で陸上トラックをビクトリーRUN。あるいはここで最後のデッドヒート。
ゴールすると、その場で表彰式。
メインスタジアムに自国国歌が流れ、国旗が揚がる。

これほどマラソン・アスリートにとって誇らしいことはない。
開催地以外での開催は、それらの栄誉を取り上げておいて「アスリート・ファースト」とは思えない。


マラソンが東京開催だった場合、MGCに出走した日本人選手だけが有利だ。
ほぼ本番コースを(歩道ではなく)公道を封鎖してレースを走ることは、大きな知見になる。
他国の選手は映像で見ることができるが、映像がすべてを表現することは難しい。

現在、日本に金メダルの有力候補が居て、他国の選手としのぎを削っているという状況ではない。
少々、有利になったとしても、自国開催だから、それくらいのアドバンテージがあってもいいじゃないか。
多くの日本人、陸上関係者はそう考えていたと思う。


一方では、他国の陸上関係者はどう思っていただろうか。
2019年9月15日時点では、東京五輪マラソンが東京で開催されることを疑っている人はいなかった。
少なくとも日本には・・・

つづく

 


ど素人!マラソン講座

 

|

2019年11月 3日 (日)

札幌 五輪マラソン(1)

2019年11月1日
東京五輪の男子・女子マラソンの開催地が東京から札幌に変更された。

近代五輪が1896年に始まって以来124年、五輪開催地以外でマラソンが開催されたことはなく、史上初の取組となる。


■五輪マラソンの歴史

1896年
第1回アテネ大会 距離:37km
地元のスピリドン・ルイスが優勝。
競技場では、地元選手の活躍に感激したギリシア皇太子が最後の200mを並走し大会のハイライトとなった。

マラソンは「大会の華」として、その歴史をスタートさせたのである。マラソンの華は「開催地のメイン会場にゴールする」ことなのである。

1908年
第4回ロンドン大会 初めて42.195kmで行われる。後にこの距離が正式ルールに採用された

この大会では、ゴール直前、転倒を繰り返しながらも1位でゴールしたドランド・ピエトリ(イタリア)が、大会役員が思わず手を貸したため失格となった

1912年
第5回ストックホルム大会
大河ドラマでお馴染み、金栗四三が出場
体調不良で無断棄権
これが、後にマラソン最長記録(54年8ヶ月6日5時間32分20秒)を作ることになった

1964年
東京五輪
円谷幸吉が日本人で初めてマラソンのメダルを獲得(銅メダル)国立競技場に大会唯一の日の丸を掲げた

日本では、大手新聞社のアンケートで「見るスポーツ」の上位に「マラソン」があがる。
他国に比べて、日本ではマラソン人気が高い。五輪では注目度が高く「大会の華」である。

1984年
ロサンゼルス五輪より、女子マラソンが競技に加わる

1992年
バルセロナ五輪 森下広一が銀メダル、有森裕子が銀メダルを獲得

1996年
アトランタ五輪 有森裕子が銅メダル獲得。競技直後のインタビューで「初めて自分で自分をほめたいと思います」の名言を残した。

2000年
シドニー五輪 女子マラソンで高橋尚子が五輪マラソン日本人初優勝

2004年
アテネ五輪 女子マラソンで野口みずきが優勝

2020年
五輪史上初めて、開催地以外でマラソンが開催される

つづく

 

ど素人!マラソン講座

|

2019年11月 2日 (土)

MAURTEN DRINK MIX 320 は脂肪扱い?

鶴見川マラソン、前日

マラソンも14回めとなると、手順も手慣れたもの。
目をつぶっていても準備はできる・・
かというと、そんなことはない。

・旅マラソン(前日現地入り)
・当日自宅から会場入り(ナンバー事前送付)
・当日自宅から会場入り(当日受付)
など、大会により準備の手順が少しずつ違う。
レースで着用する装備も年々、少しずつ改良しているので、去年とまったく同じ部分は3割ほど

エクセルブックで管理している去年の記録に修整をくわえながら、今年の準備をしていく。
荷物のチェックが済んだら、当日着て行く順に用品を机の上に積んで準備完了。


DRINK MIX 320、はじめの1袋(500ml)は4時間ほどで飲み終えた。
つづいて、2本めの制作にはいる。
先ほどの失敗を受けて、手順を改良する。

まず、ペットボトルに200ml白湯を入れる。ここは同じ。
つづいて、MAURTEN DRINK MIX 320を「半分」ペットボトルに入れる。
1本めは、ここで全量入れたため、よく混ざらなかった。
これで振ると、ダマができなかった
つづいて、MAURTEN DRINK MIX 320の残り半分ペットボトルに入れる。
ペットボトルに200ml白湯を入れて振る。
最後にペットボトルに100ml白湯を入れて振る。
2本めは、いきなり透明なドリンクができた。


風呂上がりに体組成計でレース前恒例の「最終計量」この時の体重、体脂肪率をレース毎に記録して比較している。
今回は5月から始めた節制により、体重は過去最低。体脂肪率も最低水準だったが、最終日に前日より1%上がった。MAURTEN DRINK MIX 320を脂肪分と判断したのだろうか。

2週間前から始めた「平均睡眠目標10時間」には届かなかったが、この2週間の平均は9時間6分。東北・みやぎ復興マラソンが中止になった頃は、体重が急激に落ちるほど疲れていたが、リカバリーは成った。


鶴見川マラソン、当日
朝食は「金のハンバーグ」「玉子焼き」「たまごサラダ」「納豆」ご飯=炭水化物は無し。
結論からいうと、ハンバーグは失敗だった。かつては当日朝「とんかつ」を食べてレースに臨んでいたものだが、加齢により消化能力が落ちたのか、あるいはここ数ヶ月の小食がそうさせたのか。レース中盤まで、胃もたれして、これがパフォーマンスに大きく響いた。
消化のいい「タンパク質・脂質」メニューが来期の課題として残った。

家を出る前にMAURTEN DRINK MIX 320を合計1リットル飲み終える。レース中に摂る「MAURTEN GEL 100」と併せ、この新兵器はいったい、どのような効果をもたらしてくれるだろうか。興味と期待が大きい。

東北・みやぎ 台風→中止→ 鶴見川へ

|

2019年11月 1日 (金)

甘い!けれど、ごくごく飲める MAURTEN DRINK MIX 320

鶴見川マラソンまで、あと1日

土曜日開催のレースに備えて、前日は家にこもって準備に充てる。外は大雨でいずれにせよ、出かけられる状況にない。

エントリーサイトe-moshicom(イー・モシコム)から「明日の参加予定イベント」のお知らせが届いた。
結局、主催者からのメールは届かなかったので、公式サイトに掲載されていた会場への順路を印刷しておいた。

MiCATAによると明日は11時まで晴れ→曇り
気温は 21.1→24.4度
練習に費やした過去4ヵ月と比べれば、ごく普通の条件だが、マラソンレースでは20度超えの経験はない。

その後、予報は刻々と快方に向かい、晴れの時間が長くなる。
雨でずぶ濡れのレースはゴメンだが、暑いうえにずっと晴れているのも難儀だ。
結局、夕方にはレース中「オール晴れ」9時19.0→15時23.9°の予報となった。

それでも、降温期なので身体も対応できると思う。
(レース前なので、そう自分にいい聞かせた^^;)


夕方からMAURTEN DRINK MIX 320を飲み始める。
エリウド・キプチョゲが世界記録を出した時にも飲んでいたというスペシャル・ドリンクだ。
説明書によると「レース前日夕方からレース2時間前までにDRINK MIX 320×2袋」を摂るとある。

お湯を冷ました白湯500mlと、よく洗ったペットボトル。
なぜならば説明書に「水以外で溶かしますと期待される効果はほとんどありません」とあるからだ。

ペットボトルは容量が大きい方が混ぜやすいと考え600ml(サントリー烏龍茶)を用意。
スポーツドリンク(粉)を溶かす時と同じ要領で、まずペットボトルに200ml白湯を入れる。
そして、MAURTEN DRINK MIX 320を全部ペットボトルに投入。

ところが、これが失敗したお好み焼きのタネみたいに強烈なダマになってしまった。
やば!
慌てて、何度も振る。さらに300ml白湯を入れて、かなり振る。
それでもダマが残ったので、長い菜箸を持ってきて、つついては振って溶かした。
そうすると、しばらく経つとキレイに済んだ透明に変わっていた。

一口飲んでみる
あまっ!
砂糖水以外の何ものでもない
これは、きついな・・
しかし、飲まないという選択肢はない
そう思って飲み進めると、これが思いの外苦にならない。
青汁の宣伝ではないが、まずいけど、慣れればごくごく飲めてしまう。

このドリンクを明日の7:30までに1リットル飲まなければならない。といっても起きている時間は限られるので、けっこうなハイペースだ。
これに備えて、3日前から「1日500mlのOS-1」をノルマと課して飲んでおいたのが、よかったのかも知れない。

 


東北・みやぎ 台風→中止→ 鶴見川へ

 

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »