« 札幌 五輪マラソン(最終話) | トップページ | 幸せな長崎の光景 高田明社長 退任挨拶 »

2019年11月18日 (月)

ボールをもっていたが、ゴールは遠かった

2019年11月16日(土)14:03
41節
V・ファーレン長崎-栃木SC
トランスコスモススタジアム長崎

今期ホーム最終戦
ステンドグラスをあしらった美しい2019の1stユニフォーム、トラスタではこれが見納め。

<スタメン>
富澤
米田 徳永 角田 香川
秋野 磯村 大竹 澤田
呉屋 玉田
翁長聖が3試合連続でベンチに入っておらず、UNICEFの募金に参加している。翁長の前には長い列ができていた。

手倉森監督
1シーズン応援してくれたサポーターの前で
成績は振るわなかったがこれからの可能性を示そうと話した
栃木は必死にくる。我々も戦う姿を見せたい

<前半>
22分
栃木SCのCK 乾大知のヘッドが長崎の選手に当たりゴールイン
去年は長崎に居たDF乾大知
古巣対決で結果を出した

38分
スタンドで観戦する高田明社長が映し出される。退任前ホーム最終戦ということで、一般のスタンドで観戦しサポーターと話している。

<後半>
4分
澤田崇に替えてイバルボ

11分
左からのCK、イバルボのヘッドは弱い

13分
イバルボがワンツーでペナルティエリアに入るが、シュートには成らず
来季はどうする?イバルボ

15分
ペナルティエリア内で香川が倒されたが大坪主審の笛は鳴らず

17分
大竹が蹴ったFK、香川がフリーでヘッド。しかし右へ外す

19分
ボールを蹴る前のGKに呉屋が後ろから忍び寄り、ボールを奪取。GKが右手を呉屋の左足にかけて倒したが大坪主審の笛は鳴らず。
大坪主審には「GKが手を使って相手の足を掬うのは合法」という現行ルールとは違う基準があるようだ。

23分
玉田圭司に替えて吉岡雅和

30分
イバルボの粘り、右からのクロスに呉屋のヘッドは右へ外れる

35分
イバルボがペナルティエリア内の個人技でDFを交わしてシュート

36分
ペナルティエリア内で呉屋が倒されたが大坪主審の笛は鳴らず

37分
磯村亮太に替えて長谷川悠


手倉森監督
守備で守り切るという栃木に屈した
今シーズンを象徴する敗戦
しっかり受け止めて、これからの可能性を示せるゲームを最後のゲームと天皇杯で示せれば

 

| |

« 札幌 五輪マラソン(最終話) | トップページ | 幸せな長崎の光景 高田明社長 退任挨拶 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事