« 翁長聖 デビュー年 2017年の活躍 | トップページ | しらべるが選ぶ2019年の5大ニュース(前半) »

2019年12月28日 (土)

プロ入り3年めを迎えた翁長聖の2019年シーズンを振り返る。

2月24日
開幕戦 1節 横浜FC戦○
当たり前のように先発した翁長聖だったが、異変が起きたのは後半37分。V・ファーレン長崎、この日3枚めの交替枠は翁長聖に替えて新里涼。翁長聖がサイドラインでお辞儀をする姿を初めて見た。つまり、僕がV長崎を見始めて以来、翁長が途中で替えられることはなかったのだ。
この日、先発して途中交代したのは玉田、澤田、翁長。気の弱い監督だったらとても替えづらい3人を替えて、ホーム開幕戦を勝利した手倉森監督の采配に接して膝を打った。

3月2日
2節 アビスパ福岡戦△
先発フル出場。90分、驚異的跳躍力で決勝ゴールか?と思わせるヘッドは惜しくも左へ外れた。

3月9日
3節 水戸ホーリーホック戦●
先発フル出場

3月17日
4節 ヴァンフォーレ甲府戦●
先発フル出場 チームは2連敗

3月23日
5節 愛媛FC戦○
翁長聖がスタメンを外れた。ゼイワンで戦った2018年からここまでリーグ戦はすべて先発してきた。交替出場を今か今かと待っていたが3枚めの交代枠も新里涼>畑潤基。ここで連続出場は途絶えた。

3月30日
6節 大宮アルディージャ戦●
先発復帰。珍しく右サイドの位置に入った翁長、9分にはドリブルで持ち込んでシュート。久々の「見せ場」だったがゴールは成らず。
後半14分には吉岡雅和と交替。こんなに早く替わるのは故障を抱えているのか?と思わずにいられなかった。

4月3日(水)
7節 柏レイソル戦●
今期「関東アウェイ戦」開幕戦は水曜開催
僕は首が痛くなるほど見上げたスコアボードに表示されたスタメンを見て目を疑う。翁長聖がベンチにも入っていなかった。この時は4日後の試合に備えたターンオーバーなのだと考えていた。

4月7日
8節 レノファ山口戦△
翁長聖はベンチ入りしたが出番なし。3枚めの交代枠は新加入の呉屋大翔に使われた。

4月10日(水)
YBCルヴァンカップGS3節横浜FM戦△
翁長聖が同点ゴールを挙げた。
この時僕は「テグさんは翁長をリーグ戦、カップ戦で併用したいほど頼りにしているのだ」と考えていた。

4月14日
9節 FC岐阜戦○
ベンチスタート。2-0とリードした後半34分、大竹洋平に替わり出場。42分、イジョンホからのパスを翁長がPAに持ち込み鋭いシュート、こぼれ球を呉屋大翔が詰めておいしいゴール。
カップ戦、リーグ戦と連日の活躍。翁長にエンジンがかかってきた。

「翁長聖の2019年を振り返る」は来年1月7日に続きます


V・ファーレン長崎ブログ

 

| |

« 翁長聖 デビュー年 2017年の活躍 | トップページ | しらべるが選ぶ2019年の5大ニュース(前半) »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事