« 5月、いよいよ翁長聖の季節がやってきた | トップページ | カップ戦が終われば翁長聖の季節だと信じている »

2020年1月 8日 (水)

カップ戦中心の出場がつづく翁長聖

「翁長聖の2019年を振り返る」第4回

5月19日
14節 ツェーゲン金沢戦○
前節は途中出場で2得点に絡む活躍を見せたのだが、再びベンチスタート。
前半32分、負傷した徳重健太に替わり富澤雅也がリーグ戦初出場。
後半30分、大本祐槻に替えて翁長
34分、翁長が左サイドをドリブルして攻め上がり、呉屋のシュートにつなげる。翁長は十分やれている。なぜ長い時間使ってもらえないのかがわからない。

■開幕からシーズン全42節の3分の1となる14節・翁長聖の出場

 

5月22日
ルヴァンカップGS6節
横浜FM戦○
フル出場


2019年5月25日
15節 徳島ヴォルティス戦○
久しぶりにリーグ戦のスタメン、そして4節以来のフル出場。
後半21分、ドリブルで突進した翁長が遠目からシュートを放つが大きく右へ外す。サポーターが大いに湧く。みんな翁長のゴールを待っているのだ。


6月2日
16節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦○
ベンチスタート。3-0とリードした後半33分、新里涼に替わり出場。
39分、右側をスプリントした翁長がボールをはたいて、吉岡が4点めのゴール。快勝したV長崎はリーグ戦4連勝。


6月8日
17節 ファジアーノ岡山戦●
ベンチスタート。後半12分、磯村亮太に替わり出場。
43分、翁長は相手の足が上がってくるのをものともせずヘッドを試みFKを得た。


6月16日
18節 FC町田ゼルビア戦△
先発 フル出場。
16分、中盤で翁長がブロックして留めたボール、大竹洋平が倒れ込みながら蹴ったボールが呉屋へ。まっすぐ持ち込んで増田卓也との1対1を制して先制。
25分、イサンミンに換えて徳永悠平。この時翁長は「俺じゃないよな」とばかりに交替選手を示すボードを振り返り、自分ではないとわかるとほっとしたようにみえた。


2019年6月19日(水)
YBCルヴァンカッププレーオフステージ1節 ガンバ大阪戦●
フル出場

カップ戦はフル出場。リーグ戦は後半からの途中出場がつづく。


V・ファーレン長崎ブログ

 


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4504970654611255"
data-ad-slot="7734883892">

 

|

« 5月、いよいよ翁長聖の季節がやってきた | トップページ | カップ戦が終われば翁長聖の季節だと信じている »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事