« 東日本大震災とマラソン「催否」「返金」 | トップページ | キャプテン秋野央樹>富樫敬真>フレイレで貴重な先制点 »

2020年2月25日 (火)

V・ファーレン長崎、2020年の航海が始まる

今年は僕がV・ファーレン長崎(以後 V長崎)を応援し始めて3年め。
過去2シーズンは「ゼイワン最下位=J2降格」「ゼイツー12位」と、年間を通した成績だけをみると辛いシーズンだったということになる。
だが、その中にも時々いいことがある。わくわくするようなニュースがある。結果的に辛い2シーズンを終えた僕は、年々「V長崎沼」にはまっていく。
どきどき、いらいら、はらはら、わくわく
喜怒哀楽
人生において他者に与えることができる最善のものが希望だとするならば、サッカーには夢があり、僕は希望を受け取っている。


2020年2月23日(令和初の天皇誕生日)
Jリーグ公式ホームページにあるJ2順位表には、今年もすべての欄に「0」が並んでいる。
だが、あと数時間後にはここに「1」や「3」といった数字が入り始め、現在は「緯度」の「並び順」が「勝ち点」で降順ソートされる。
去年「V・ファーレン長崎」は下から3番めだったが、今年は鹿児島がJ3に降格したため、下から2番めになった。
11月の最終節が終わる時には、上から1行めか2行めに納まっていることを祈り、さぁV・ファーレン長崎2020の航海を始めよう!


J2リーグ【1節】
V・ファーレン長崎-栃木SC
トランスコスモススタジアム長崎
略称:トラスタ
正式名称:長崎県立総合運動公園陸上競技場


<スタメン>★out
GK 高木和徹
DF フレイレ 角田誠 二見宏志
MF 亀川諒史 秋野央樹 米田隼也 カイオセザール
FW 吉岡雅和★ 富樫敬真★ 澤田崇★

<ベンチ> ☆in
GK 徳重健太
DF 徳永悠平
MF 加藤大 毎熊晟矢☆ 氣田亮真☆
FW 玉田圭司 畑潤基☆

初戦は3バックと思われる3-4-2-1の構成が発表された。
GKに高木和徹を起用し、今年からエースGKナンバー「1」を背負う富澤雅也がベンチ外
攻撃の主役と目されていたルアン、ビクトル・イバルボがベンチ外
その人選にファンの多くが驚いた。
1~2月のトレーニングマッチ(以後TRM)で結果を出した選手を起用したと思われる。これは選手たちに「今シーズンは公平である」「名前ではなくチームに必要な選手が起用される」という安心感を与えるだろう。


<前シーズンの栃木SC戦>
栃木県グリーンスタジアムでの関東アウェイ戦は3-1
失点は後半Additional Time(以後AT)に与えたPKだが、僕らには忖度PKに見えた

最終節トラスタのホーム戦は0-1で敗戦
高田明社長、髙杉亮太 最後のホーム戦を飾ることができなかった。
髙杉亮太が決めたゴールが謎のオフサイド判定で取り消されたことで1点届かなかった。
栃木SCはこの勝ち点3でJ3降格を逃れ、今年もJ2でV長崎と対戦することになった。
その髙杉亮太は現在、栃木SCに所属。
V長崎ファンは恩返しゴールを恐れつつも、再会を楽しみにしていたのだが、ベンチに入っていない。

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

|

« 東日本大震災とマラソン「催否」「返金」 | トップページ | キャプテン秋野央樹>富樫敬真>フレイレで貴重な先制点 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事