« ハゲたらもうやらない(角松敏生) | トップページ | これまで見たことのない不思議なテレビ?番組 笹木香利のSALUS all in one »

2020年2月 6日 (木)

ヤバイかなと思うことが少なくなった アンファーのディグニティ

行きつけの美容院のマスター伊沢さんに勧められたシャンプーを使い始めてからは、一度も市販のシャンプーを使っていない。
やがて福岡を離れて、彼の店で買うことができなくなってからは、クチコミや専門誌で見つけてはインターネットの通信販売で買っている。


現在使っているのは
スカルプD ディグニティ ザ スカルプシャンプー
スカルプD ディグニティ ザ スカルプパックコンディショナー

■メーカー:アンファー
■価格:それぞれ10,776円
■容量:350ml

販売はAmazonでも行われている。
アンカー公式ストアで買うとポイントが付き、不定期で1万円に対して千円オフのクーポンも出る。そろそろ買い置きをと思う頃にはクーポンが出るので、概ね20%オフで継続購入していることになる。


【ディグニティ 時系列の記録】

2008年
スカルプD ディグニティプレミアムシャンプー発売

2015年
第4世代発売
洗浄成分「アミノウォッシュ+」配合。泡立ちが改善した。

2019年2月12日
成分を調整した後継品スカルプD ディグニティ ザ スカルプシャンプー発売


■使い方
シャンプーは手の平で泡立ててから髪につける(指と頭皮の摩擦を軽減)
洗い流すのは38度くらいのぬるま湯。必要以上に皮脂を洗い落とさずに済み、頭皮の乾燥を防ぐ。冬場は肌だけで無く頭皮も乾燥し、症状が進むと湿疹ができる。
以前は、リンス(コンディショナー)は頭皮につけず、すぐに洗い流していたが、パックコンディショナーは頭皮につけて3分間パックする。

かつて髪の変化を見てくれた伊沢さんのような存在は今はいない。毎朝鏡で自分で確認する。
ディグニティを使い始めてから「ちょっとやばいかな」と思う頻度が減った。

 

若い頃は、この歳になるまで髪が残っているとは思わなかった。
23歳で伊沢さんに「やばいですよ」と言われて以来、こんなイメージを描いて生きてきた。

せめて、髪型と呼べる体裁が40台までもってくれれば
40台になれば、薄くなりはじめても「年相応だよ」と思えるはずだ
父親は額が広く、額から次第に後退していったが、見苦しいということはなかった
自分も同じくらいになれればいい

結果的には、努力の甲斐あって、想像以上の状況になっている。


かつて「ハゲたらもうやらない」と言っていた角松敏生は今でも現役で歌っているようだ。
"引退"して以来、ライブには行っていないが、Youtubeで歌う姿を見る限り、昔とそんなに髪型は変わっていない。
彼も人知れず、努力をしているのだろうか。
そう思ったら、久しぶりに「No End Summer」を歌いたくなった

育毛講座

|

« ハゲたらもうやらない(角松敏生) | トップページ | これまで見たことのない不思議なテレビ?番組 笹木香利のSALUS all in one »

心と体」カテゴリの記事