« 明日の道をひらく | トップページ | テレビとパソコンをモニターに並べる日 »

2020年3月16日 (月)

ワイヤー入り廉価マスクが普及したのは、まだ5年以内

「お連れ様はいらっしゃいますか」

一瞬、なんのことかわからなかったが、彼女が手にしているのがマスクだったから僕はすぐに状況を把握した。

休日の朝、ダイソーに寄ると、マスクが売られていた。
ダイソーの「不織布マスク」は30枚はいって100円
めちゃめちゃ安い。
恐らく、世界一安いんじゃないだろうか

先週、この店を訪れた時は女性子ども用だけが並んでいた
マスクの常備が切れかけているので、これでもいいかと思ったが女性店員さんによると「私でも小さいです」というので見送った
今日は「ふつうサイズ」が売られているので、2つくらい買っておこうかなと思ってカゴに入れたのだった

「一応、お一人様1つまでなので」
もちろん、必要以上に買うつもりはないので、すぐにマスク1つをお返しした

このやりとりをしたのは、専門会議が「これから1、2週間が感染が急速に進むか収束できるかの瀬戸際となる」という見解を発表する少し前のこと

今思えば、あれが店頭で売っているマスクを見た最後だった。


ダイソーの不織布マスクは、1枚あたり3.3円とは思えないほど高機能だ

■空気中の細菌を99%カット 花粉・ホコリもブロック
空気感染でもカットしまいそうなカット率。「接触」「飛沫」感染であるCOVID-19の場合、申し分ない。

■顔にぴったりノーズワイヤー
今でこそワイヤー入りマスクは珍しくないが、これが普及して5年経っていない。
しらべるの記録では、2014年に「ノーズパッド」という商品を取り上げている。

当時まだワイヤー入りは出回っていない。
メガネ着用の人は呼吸をする度にメガネが曇ってしまう。
「曇り留めパッド」がついている品もあったが高価だった。
そこで、通常の使い捨てマスクを曇り留めマスクに変えるパッドが「ノーズパッド」

■フィッティ不織布マスク用何度もくっつくノーズパッド
メーカー:玉川衛材
価格:120円
販売:薬局チェーン、ファミマ

パッド部分の部品を粘着テープでマスクに貼り付けると、くもりが軽減される。
マスクは毎日廃棄するが、ノーズパッドは一週間ほど貼りかえて使う。これでずいぶん経済的になった。

ワイヤー入りマスクが廉価で普及した現在「ノーズパッド」は店頭でみかけない
Amazonでも「出品者からお求めいただけます」に限られている


ダイソーの"高性能・低単価"不織布マスクは MADE IN CHINA
恐らく、この格安マスクが棚に並ぶことは当面ないだろう

| |

« 明日の道をひらく | トップページ | テレビとパソコンをモニターに並べる日 »

心と体」カテゴリの記事