« ワイヤー入り廉価マスクが普及したのは、まだ5年以内 | トップページ | DAZNキューブが高速回転して止まらない »

2020年3月17日 (火)

テレビとパソコンをモニターに並べる日

NHKが僕の部屋にやってきた翌日
家に帰るとパソコンをつける
ここまではいつもと同じルーチンだ。

ブラウザーを開き「NHK+」のリンクを開く
すると、そこではもうNHKGの映像が流れている
家に帰るとすぐテレビ
これが、新しいルーチン

でも、画面の右下に「手続きしなければダメですよ」的なメッセージが出ている
あれ?昨日ログインしたのにな
ブラウザーを閉じる度に再度ログインを求める仕様なの?
それとも、正式手続きが完了するまでの仕様なのか。

登録した翌日、NHKからメールが届く
僕がNHKと放送契約を結んでいることが確認されたらしい
「1週間以内にハガキが届きます」
「ハガキが届いたら確認コードを入力してください」
と書かれている


登録して4日め、NHKからハガキが届く
ジェミッツ式のハガキを開くと、コードの入力手順と確認コードが印字されている
記載された入力手順は(パソコンの場合)実際とは少し違っていたが、さほど戸惑うことはなく入力が終わる。
すぐにNHKから登録完了メールが届いた


ここで一旦ブラウザーを閉じて、再度立ちあげて「NHK+」にアクセスする
今度はログイン状態が保持されていた。
右下の手続きを促すメッセージもない。

ただ、翌日パソコンを立ちあげて「NHK+」にアクセスするとやはり右下にメッセージが・・・
これは、なんとかならないのだろうか。ブラウザーからクッキーを受け取って欲しい


テレビは強力な磁石だ
1度引き寄せられると、なかなか離れることができない
映像に身を委ね、いや脳を委ね、音声で寂しさを紛らわす

これまでアンテナ端子がないことで、部屋にテレビを引けなかった。
それを不便と感じることもあり、無線で映るテレビやネットの有料テレビサービスを検討したこともあったが、いつも同じ疑問にぶつかった

そこまでして、常時、テレビが見られる環境が必要なのか?

テレビに時間を奪われずに済むと考えれば、ポジティブだと気づき「部屋でテレビ」を見送ってきた。

だがついに「NHKプラス」の登場により(受信契約があれば)タダで、手軽に、高品質のテレビを楽しめる環境が手に入ってしまった。
それを有意義に活用していきたい

今、こうしてNHKのニュースを32インチモニターの左半分、右半分に秀丸(エディター)を立ちあげて書いている。


書くスピードが落ちるということはないようだ。
映像音声の処理、文章作成というほぼ並列作業をすることで、集中力が増している感覚がある。

| |

« ワイヤー入り廉価マスクが普及したのは、まだ5年以内 | トップページ | DAZNキューブが高速回転して止まらない »

ビデオ・映像」カテゴリの記事