« スーパーで集まる花見散歩 | トップページ | スカーレット »

2020年3月28日 (土)

卒業おめでとう 袴姿の女子2人に僕は言った

初めて訪れた「さいたま新都心」の駅には、お土産物が売ってなかった。
さいたまスーパーアリーナがすぐ側にあり、東京五輪2020のバスケットボールなどが行われるため、ミライトワのオブジェがあったが、地元のお土産物は売っていなかった。

さいたま饅頭とか、埼玉焼きとか
そういったものだ


最近読んだ2冊の本にまったく反対のことが書かれていた。

はじめに読んだ本
「寝る前にノートに明日の課題を書き込むと、寝ている間に脳が備えてくれる」

次に読んだ本
「寝る前に明日の課題を書いてはいけない。睡眠の質が落ちて、脳の回転が悪くなる。書くならば、その日よかったことを」

僕は後者の著者を信頼しているので、よかったことを書くことにしたのだが、さいたま饅頭を買い損ねて、仕方なく手ぶらのまま電車で帰路につく。


上野東京ラインの車輌はクロスシートとロングシートのミックスタイプ。
都心の通勤電車は大半がロングシートなので、クロスシートに座るのが中長距離路線に乗る楽しみの1つだ。

ただ1つ空いていたクロスシートには対角線上に若者が座っている。
すみません、と声をかけてから、僕は背もたれに深く腰掛けて、前に座っている兄ちゃんに膝が当たらないようにすると、すぐにKindleで読書を始める。
電車が発車すると、兄ちゃんがそわそわし始めた。
膝を折り、足の向きを変え、スペースを探している。やがて、僕の股の間が唯一のスペースと見定めると、そこに片足を入れてきた。
僕はぴたりと閉じてはいないものの、決して大股を開いているわけではない。それでも彼にとって、その隙間に足を入れないと、体勢が窮屈らしい。

深く腰掛けたら、いいんだよ

心の中で言った。もちろん、兄ちゃんにその言葉は届かない。もしかすると彼の家には「男子たるや電車に乗ったら、堂々とふんぞり返らなければならない」という家訓があるのかも知れない。

次の駅で、となりのクロスシートが空いた。
僕はそちらに移る。やはり、クロスシートは進行方向窓際がいい。
それに、兄ちゃんのストレス緩和のためでもある。
視界の端に弛緩した兄ちゃんが、さらに椅子からずり落ちて足を投げ出す姿が見えた。やはり、家訓だったか・・

上野東京ラインは停車時間が長い。
発車する前に、一人の女性がやって来た。
対角線に座るだろうと想ったら、僕の前に来た。
彼女も車窓の景色狙いなのかな

僕はKindleに目を落として読書を続ける
すると、今度は女子2人組がやって来た
視界の端に袴姿が映ったところをみると、どうやら、卒業式の帰りらしい
仮にマリちゃんとYUIちゃんにしよう

マリ「けっこう、来てない人いたね」
YUI「**(場所の名前)で皆で写真撮るの夢だったんだけどな」

その内容から、あの大学だなと類推する

マリ「YUIの写真みせて」
YUI「これ、高2のプリ」
マリ「おぼこいねぇ」
YUI「これは闇」

最近のプリクラはユーザー登録すると、アーカイブされる。と最近なにかで読んだ。恐らくYUIちゃんはそのユーザーなのだろう。

YUI「**は二次会なら来れるかもって」
マリ「そうなんだ」
YUI「**は新宿希望」
マリ「へぇ、でも来ないね」

YUIちゃんは続々と届くメール(LINE?)を報告しながら、アーカイブに目を落としている

YUI「これ、初彼と」
マリ「激エモ」

読んでいる本に書いてある「マルチビタミンのサプリは早死にする」といった情報に比べると、彼女らの若者言葉は圧倒的におもしろい。

マリ「YUIの初彼、私が好きだった先輩似てるんだよね~。でも先輩の方がかっこいいけど」

よく言うな

心の中でつっこんだ
いつまでも乗っていたかったが、僕の降りる駅が来た。
スミマセンというと、YUIちゃんが立ち上がって背中越しに僕を通してくれた。

卒業おめでとう!

心の中で言った。もちろん、二人にその言葉は届かない。
今日はこれを日記に書こう(と言いつつブログに書いている)

|

« スーパーで集まる花見散歩 | トップページ | スカーレット »

くらし」カテゴリの記事