« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の30件の記事

2020年4月30日 (木)

「ラジオドラマ+テキスト」が最強の英会話習得術

そうだ、英会話しよう!
そう思い立ったのは、東京五輪2020が4か月後に迫った頃だった。
たくさんの外国人が東京に訪れて、英語で話す機会が増える。
「ドラちゃん」(POCKETALK S ドラえもんEdition)は買ったけれど、やはり、ある程度は自力で英語ができた方がいい。

では、英語のなにができればいいか?
「話す」のは「ドラちゃん」に任せればいい。この数ヶ月でしっかり話せることを目指すのは無理がある。
そこで「聞く」ことを重点的に鍛えることに決めた。

情報収集にはいると、英語が堪能な知人から「オンライン英会話」がいいという情報が入った。
決められた時間になると、テレビ会議システムを使って、外国人とマンツーマンで話す。
一定額の料金がかかるけれど、強制的にその時間を英語に充てなければならず、成果は挙がるらしい。

でも、その時点ではまだ「オンライン呑み会」もやってなかったので、テレビ会議と聞いただけでムリだと思った。歳をとったのかも知れない。

結局、2つの対策を立てた。
1.英語のラジオドラマを聴く
2.音楽を聴く生活は英語曲中心に替える

英会話しよう!と考えた時、真っ先に浮かんだのがオーソンウェルズのラジオドラマだった。
かつて、雑誌広告に頻繁に掲載されていた時期があったので、ご存じの方がいるかも知れない。


広告を見ながら、きっと高いんだろうなと思いながらも、その教材の効果には疑念を持たなかった。

「ラジオドラマ+テキスト」が最強の英会話習得術だという経験則が僕にはある。
それは、大学二年生の後期に遡る。
中学、高校、大学と既に、日本的英語教育は8年めに入っていたが、そこで選択したエンドウ先生の講義は斬新なものだった。

僕らは手元に英語小説の薄いテキストを開いて待つ
エンドウ先生が教室にやってくる
左手にはステレオラジカセを抱えて
スイッチを押して始まるのは、英語のラジオドラマだ
僕らは、耳からドラマを聞き、テキストに目を落として英文を追う

ラジオドラマには会話だけでなく、効果音たとえば銃声なども入っている。
映像はないので、否が応でも想像力が高まる
英文がすーっと頭に入って来る。
結局、僕は3か月の講義が終わる頃には、テキストを丸暗記していた。
英単語やイディオムを暗記したことはあったが、全文を暗記したことはないし、しようとしたこともない。
この時も暗記しようと努力したのではなく、気がついたら覚えてしまっていた。

翌年初頭の後期試験
教科書持ち込みで問題を解いているようなもので、すらすらと答案を仕上げた。
成績は「A」だった

つづく

|

2020年4月29日 (水)

オンライン飲み会はカラオケボックスに似ている

オンライン呑み会初日
予定時間の10分前にzoomアプリを開いて[開始]をタップ。
設定した時間前でも始めることができる。

しばらくすると、サトウさんが入室したと表示されたので[承認]
つづいて、スズキさんも[承認]

画面の指示に従って、肯定的選択をしていけば、すぐに「オンライン呑み会」が始められた。


背景に映り込んでいる「はれときどきぶたぬいぐるみ」などについて説明するのも楽しいが、画面をタップして右上の[詳細]>[バーチャル背景]と進むと、背景を変えることができる。
企業の使用では、営業秘密が人物の背後に映り込まないよう注意が喚起されているためだ。

デフォルトでは3種類の候補が表示されているが「+」をタップすると機器に入っている写真から選ぶことができる。
つまり .jpg などの画像ファイルならば、なんだって背景に使えるということ。

V・ファーレン長崎が「オンライン飲み会」用にと提供してくれたヴィヴィくんの画像を表示させてみたところ、とてもいい感じになった。

背景画像に自分の姿が浮かび上がっているのは不思議な映像だ。
かつて、ウェザーニュースLiveに出演したガチャピンがクロマキーに透けてしまったように、緑の服を着たら体が透けるのかも知れない。

そこまで書いたら、どうしてもやってみたくなって、夏物の深緑のポロシャツを引っ張り出してみたが、これは透けなかった。
押し入れのどこかにガチャピンに近い緑のTシャツがあったと思うので、衣替えしたら試してみたい。


オンライン呑み会を体験してわかったことは「一人しか話せない」ということだ。
居酒屋で4人で呑んでいると、2人×2組に分かれて会話する傾向がある(呑み会2人組の法則という)
常に参加者全員が共感できる話題があるわけではない。ある時間帯では、個別の「分科会」が行われるのだ。

オンラインではこれができない。
一人が話して、あとの人は聞き手に回る。
これは、カラオケボックスに似ている。
人数が多くなると、歌う順番が回ってこない。だったら二人で行こうとなる。あのパターン。きっとオンライン飲み会も「3人~4人」で行うパターンに収れんされていくだろう。

従って、オンライン呑み会の参加者には「聞く姿勢」が求められる。
また、話す時は手短にポイントを話すことも必要だ。
リアル呑み会に行くと、一人で同じことを手を変え品を変え、何度も何度も話す奴がいる。そういう人はオンラインには呼ばれないだろう。


これから「オンライン呑み会」が何処へ行くのか
経験を積みながら、見て行こうと想っている。

|

2020年4月28日 (火)

zoom! zoom!

そうだ、オンライン呑み会、やろう!
そう思い立ってから、board meeting ツールについての情報収集にはいった。
その中でも第一候補はzoom。
これまで、幾多の類似サービスがあったが、どれも、時代の流れを作るには至っていない。
そんな中、コロナ感染問題があったとはいえ、一気にデファクト・スタンダード(事実上の標準)に上り詰めたzoomには、そうなり得た理由があるはずだ。


■zoomに関する記録
2011年
Zoom Video Communications(米国)設立

2013年
「Zoom」提供開始

2019年12月
1日の利用者1000万人

2020年3月
1日の利用者2億人(3か月で20倍に増加)

2020年4月1日
Zoomの脆弱性が報道され始める

2020年4月8日
台湾政府が使用禁止を発表


■zoomを禁止している組織
Google
NASA
台湾政府
ドイツ外務省

■セキュリティ上の問題点
・Zoom会議に非招待者が侵入
・パソコン乗っ取り(OSの資格情報が盗まれる)
・パソコンカメラの乗っ取り(盗撮)
・データをFacebookに送信(後に機能削除)
・画面に集中していない人を管理者が把握できる「アテンショントラッキング」機能(4月2日に削除)


「でぃーえっくす」「でぃーえっくす」
とかまびすしい輩が、その旗艦として推進していたのが「slack」と「zoom」
特にコロナ感染拡大により「zoom」圧力は日に日に勢いを増し「zoom推進派」は肩で風を切っていた。3月までは・・
ところが、4月に入って脆弱性が発覚し、政府機関などが使用禁止にした途端「zoom」のズの字も言わなくなった。

zoomに限らず、どのようなクラウドサービスにも、セキュリティの課題はある。ユーザーのセキュリティ意識が低いとさらに危険は増す。
・機器に高機能のセキュリティソフトを入れること
・ID、パスワードなどを慎重に受け渡し、運用すること
これらを守っていれば、安全性は上がる。


さて、実際に「オンライン呑み会」に使ってみて、ツールとしての「zoom」品質は満足のいくものだった。
映像がカクカクすることもないし、音声はクリア。
参加者の誰もが「zoom」そのものに対して「思いの外いい」「***(他社サービス)よりもいい」という評価だった。

つづく

|

2020年4月27日 (月)

「オンライン呑み会」要項

------------------------------------
皆さん、こんにちは
コロナで大変な日々、いかがお過ごしでしょう?
(自分の近況を少し)

さて、そんな中、今話題になっている
「オンライン呑み会」を企画しました。
お時間のある方、オンラインで集まりませんか?

日時:4月24日(金)20:00-21:00
URL:https**********
ミーティングID: ############
パスワード: !"#$%&'(

使い方がわからない・・
事前に練習したいという場合、motoまでご連絡ください。
途中参加、ちょっとだけ参加もOKです!
ご参加、お待ちしています。
------------------------------------


およそ、このパターンで異なるグループに「オンライン呑み会」を提案した。

文中に「事前に練習したい場合」と書いたのは、自分がそう思ったからだ。ぶっつけ本番でその日時を迎えたものの、URLにアクセスしてみたら、ミーティングに参加できなかったということになりはしないか?
僕だったらそんな不安を抱く。

しかし、誰からも「motoさん、ちょっと練習いいですか?」という連絡は返って来なかった。
なかには「練習しなければいけないほど、面倒な設定が必要なのですか?メールに書いてあるURLをクリックして、パスワードを入れれば、それでよくないんですか?」という方もいて、余計な心配をかけたようだ。
ただ、素朴な質問はあった。

「マイクがないんですけど」
それは僕も同じだ。どこかに昔、懸賞で当たったカメラとヘッドセットがあったかと思うが、発掘するのには半日かかりそうだ。
そもそも、パソコンにカメラをつないでいたら、危なくて仕方がないと思って仕舞い込んだのだった。

僕はiPadでやっていますよ。タブレットがなければ、スマホでもできます。
実際、iPadでzoomに入ったところ、カメラの画質がかなりよくて、こんなにくっくり映っていいのかと思った。

「zoomって大丈夫ですか?」
という質問があるかと思っていたが、現時点では一度もない。
zoomのセキュリティに問題があり、海外では使用禁止にした組織があることは、恐らく耳に届いていると思う。
僕が"パソコンに詳しい人"だから、きっと、大丈夫なのだと思ったのだろうか。

つづく

|

2020年4月26日 (日)

ウェザーニュースLiveにはまった理由

最近はずっと「ウェザーニュースLive」をつけている。
この番組はインターネット配信だが、テレビと同様「つけている」という言葉が的確だ。

24時間の天気予報配信
といっても、23時~5時の6時間は情報のみ。
あとの18時間を3時間ごと6人のお天気キャスターが担当する。

5:00-8:00 モーニング
8:00-11:00 サンシャイン
11:00-14:00 コーヒータイム
14:00-17:00 アフタヌーン
17:00-20:00 イブニング
20:00-23:00 ムーン

「お天気お姉さん」ではない。
「お天気キャスター」である。
それってどう違うの?

それは「日頃の努力の積み増し」の差だと思う。
3時間もの間、カメラの前に立つ(大半は座っている)には「安定感」が必要だ。
安定感は、知識、スキル、魅力に裏付けられる。
(この話しはいつか詳しく)

この番組を見るようになってから、よく笑うようになった^^;)
1日に何度か爆笑している。
「笑った方がいい」と心理学の本に書いてあるし、知人は最近観た"笑える映画"を薦めてくれる。
そう言われると「確かにそうだな」と思って、笑う努力をしなければと思ったりするのだが、気持ちが続かない。
1分後にはもう忘れている。

試しに薦められた喜劇映画「翔んで埼玉」を買って来たのだが、なかなか観る気になれずに放置しているうちに「地上波初登場」してしまった。
よく、こういうことがある。
映画というのは2時間近く"拘束される"感があって「なかなか観る時間がない」ということになるのだが、それは言い訳であって、要は映画があまり好きではないか、なにか他の理由があるのだろうが、それを自分に向かって掘り下げる時間がない(笑)


そんな時に出会った「ウェザーニュースLive」
まさに"はまった"
その理由は「お天気キャスター」の安定感にある。

イヤなことが多い世の中で、安定感のある人に出会うこと、寄り添う機会は貴重だ。
安定感のある人と接すると、人は笑えるのである。

次回は「オンライン呑み会」要項

|

2020年4月25日 (土)

オンライン呑み会をやることにした

オンライン呑み会をやることにした

「最近はオンライン呑み会をやる人が増えている」
テレビニュースが、その映像を紹介していた。

マルチスクリーンには何処の誰だか知らない人が4人映っている。

どうでもよかった。
へぇ、そうですか
それ以上でも以下でもない

それでも、急に興味が湧いたのは「ウェザーニュースLive」で松雪彩花と駒木結衣がクロストークしているのを聞いたからだ。
最近、身近な存在に感じている二人が「オンライン呑み会」が何たるかを話している。

その内容が的確で魅力を十分に伝えるナイストークだったこともあるが、身近な人がいうことには、共感の糸口がある。


僕がそこにたどり着いた経緯をフローで書くとこうなる。

▼NHK+(サイマル放送)が始まった
 ↓↓
▽ネットでbroad castingを見る習慣が生まれた
(しかし、NHKは配信していない時間帯がある)
 ↓↓
▽他にサイマル放送がないかな?と探していてエムキャス(TOKYO MX TV)をみつけた
 ↓↓
▽MX TVの配信は時間が限られていたが「ウェザーニュースLive」という番組は24時間いつでも見られるので、ちょっと見てみた
 ↓↓
▽はまった^^;)
 ↓↓
▼ウェザーニュースLiveで「オンライン呑み会」の話題が出た
 ↓↓
▽やってみたい!


これまで「テレビの力は強力」だと思って来た。
それは、ポジティブな意味ではなく「時間がもったいない」という意味でのネガティブなものだ。
テレビの前に座ると、見ようと思っていなかった番組を、つい見てしまう。
テレビは楽しい。喜怒哀楽が詰まっている。
そのまま、何時間でも過ぎてしまう。

いやいや、それじゃ時間がもったいない
受動的にならず、もっと、人生は能動的に切り開かねばならんだろう。
そういう意味のネガティブだ。

ただ、3月からNHK+を見始めてから認識が変わった。
「テレビの力」が強力なのではなく、broad casting(放送)の力が強力なのだ。

ただ、ひとつ違うことがある。
それは、デバイス(機器)がパソコンの場合、broad castingとcomputingは並列できるということだ。

モニターの左半分に「NHK+」などのbroad casting、右半分に「Excel」などのcomputing。
一ヶ月が過ぎた今、明らかに変わったことがある。

1,好奇心が旺盛になった
2,時間の流れが遅い
3,部屋でどんよりした気分になることが減った

ただでさえ、コロナで滅入りがちな状況下、このポジティブな変化は画期的だ。
そんな時、たどり着いたのが「ウェザーニュースLive」

つづく

|

2020年4月24日 (金)

在宅勤務は、独り言、言い放題

在宅勤務日記(6)

在宅勤務2回め

8:00
この部屋では唯一の話し相手であるアレクサに始業を宣言する。
アレクサ、今日は在宅勤務です
「すみません。私には答えられません」

質問を変えてみる
アレクサ、在宅勤務について教えて!
「辞書で在宅勤務についての説明が見つかりました(中略)自宅にパソコンを設置し勤務先のサーバーとインターネットを通じて・・方式が多い」
そうか "会社のサーバー"と接続が多いのかぁ
そんな、ハイスペックな会社、日本ではひと握りだと思うけどなぁ

ポポン
擬音化が難しい音色で、メールが届いたことを知らせるチャイムが鳴る。
仕事をするうえで、メールは心躍るものではない。
ビジネス文書の目的は、誤解のない理解と正しい行動をとってもらうことであり、メールがその主役を担っている。当然ながら
「●●しなければならない」
「●●するべきだ」
といった"正しい行動"を求めるものが多い。
なかには、自分がボールを握りたくない。言質を取られたくない。何もしたくないという「無責任三本柱男」が、官僚的なことを書いてくる。

杓子定規、融通が利かない、上から目線の三本柱を「官僚的」というが、当の官僚は優秀で親切なので「官僚的」に振る舞うことはない。
むしろ、何者でもない一介のサラリーマンにこそ「官僚」が多い。
日頃、威張る相手がいない人に限って、困っている人や、下手(したて)に出る人には、ここぞとばかり威張るのである。

会社に行かなければ、こうした「官僚」から負の波動を受けなくて済むのがありがたい。
ただ、メールはどこまでも追いかけてくる。
これは、サラリーマンである限り仕方ない。

在宅勤務ではメールが精勤率のバロメーター。
メールに対してしばらく反応しないと
「テレビでも見てるのでは?」
「エステに行ったのでは?」
と思われはしないか不安になる。

事務所にいる時は「メールに追いつけていない」と言えば済む。
在宅勤務では相手には自分の姿が見えないだけに、メールへの反応速度に神経質になる。


3時のコーヒーを淹れていると、先日、講師を務めた時の感想レポートが届いた。
読みながら、一つ一つにツッコミを入れる。

この文章力は圧倒的だな
自分で考えて動くという基本ができている
ポイントは「素直さ」なのかな
特に女性には、その素直さがある
男はダメだな
僕が彼女たちの歳の頃、こんな文章は書けなかった
今ふうに言えば、ムリムリムリムリ(4回)

ふと、気づく
僕は上記7行を声に出して喋っていた
いわゆる独り言だ。
そうか!一人きりの仕事空間では、独り言、言い放題なのだ。
これはイイ、スゴクいい!

人は誰かに話し、話しながら自らの考えをまとめていく。
今ふうに言えばブラッシュアップだ。
会社にいる時は「ついにmotoさんが狂った」と思われるので、声に出さずに脳内で喋っている。
一方、こうして声に出すとめちゃ楽しい

「在宅勤務」のグッドポイントを、また1つ見つけた

つづく

|

2020年4月23日 (木)

「在宅勤務してきました」というばらまき菓子

在宅勤務日記(5)

緊急事態宣言が出ていると言うこともあって、電車の乗客はいつもの3割くらいか。

誰に指示されたわけでもないが、誰もが1つずつ間隔を空けて座っている。ここまで徹底すると、見事だ。

それでも、電車が進むにつれて人が増えてきて、その間隔が埋まっていく。
いつもは、隣りに誰かが座るとちょっと緊張するのだが、僕のとなりだけが空いていると、少し心配になる。

僕はそんなに「コロナ、ヤバイ人」に見えているのだろうか。
単におじさんの隣りには、極力誰も座りたくないのか。
やがて、隣りにおじさんが来た。
嬉しくはないけれど、ほっとしている自分が可笑しい。


在宅勤務明けのオフィスは、何かしら違和感がある。
いつもより明るいな・・
ずいぶん長く来なかったような気がするのは、めっきり人が減ったせいか。
いや、違う
机の上に置いてある「お世話になりました」のせいだ。

なんじゃこりゃ?
パソコンのキーボードのヨコに置かれているビニル袋。
どこからどう見てもお菓子だ。
裏返してみると、製造業者はコロンバンと書いてあった。

パタリロかっ
(それは、バンコラン)
と一人ボケして、辺りを見回したが、誰も居なかった

「岩国に行ってきました」
みたいな、観光地のあざといお土産のセンを狙っているのだろうが、これはなかなかイイ。いや、すごくイイ!
それにしても、誰か辞める人いたかな・・

しばらくして、山岡君から「突然ですが、退職します」というメールが届いて、納得した。
コロナ対策で接触を避けるため、早朝にやってきて置き菓子して回ったという。

早速「Google先生」に尋ねてみると、Amazonで「コロンバン メルヴェイユ クッキー お世話になりました」という商品名で売られている。
54枚入りで2,592円
やすっ
電卓を取り出して叩くと、1枚あたり48円!

それほど恩義は感じていないし、誰もがお世話になった人ではないが、やたらと人が多い・・という職場から異動、退職する時「コロンバン お世話になりました」は好適だ。

中身のお菓子はというと、チョコレートをはさんだラングドシャー、誰もが想像できる、あの味。外すことがない。

これまで「岩手に行ってきました」的なお菓子は、安かろう・まずかろうという予見を持っていたが、一流の菓子舗が手がけてもいいのではないか。

佐世保の老舗「白十字パーラー」ならば、中身は「ぽると」で「佐世保に帰ってきました」というパッケージにしてくれれば、説明の手間が省ける。

誰が買うのだろう?
前を通りがかる度に「家賃がかからないから潰れないんだろうな」と想う和菓子店で「在宅勤務してきました」という10個入りのお菓子が500円で売っていたら、思わず足が止まりカードを取り出す。使えたらいいけど・・

税金を使うばらまきはいただけないが、会社のばらまき菓子は日本の伝統文化。新たなチャレンジを期待したい。

つづく

|

2020年4月22日 (水)

2020年秋マラソンはどうなる?(3)

■11月29日開催予定
「大阪マラソン」
4月8日から開始予定だったエントリー受付を延期。
「新しいエントリー開始日は5月上旬を目途にホームページ等」で知らせるとしている。


■11月29日開催予定
「富士山マラソン」
6月1日エントリー受付開始予定


■12月6日開催予定
「NAHAマラソン」
5月上旬に予定していたエントリー受付開始を7月上旬に延期。


■12月6日開催見通し
「湘南国際マラソン」
情報未開示につき不明


■12月12日(土)開催予定
「伊豆大島マラソン」
情報未開示につき不明


■12月13日開催見通し
「さのマラソン」
情報未開示につき不明
2019年大会は台風19号の影響で中止だった。

■12月13日開催見通し

「青島太平洋マラソン」
情報未開示につき不明


■12月13日開催見通し
「袋井クラウンメロンマラソン」
情報未開示につき不明


■12月13日開催予定
「奈良マラソン」
情報未開示につき不明


■12月20日開催予定
「みえ松阪マラソン」第1回大会
4月29日よりエントリー受付開始予定だったが、5月7日に延期
三重県待望のマラソン!


■12月20日開催予定
「加古川マラソン」
8月16日より一般エントリー受付開始予定

■12月20日開催見通し
はが路ふれあいマラソン
情報未開示につき不明


4月20日時点でしらべたデータ
(コロナとは別理由で休止のいびがわマラソンを除く)

大会数 32
中止 2(ちばアクアライン、つくば)
エントリー延期 10

コロナ以降「五島つばきマラソン」(2月23日)以外のマラソンはまったく行われていない。
ランナーは心よりレースを求めている。
秋冬 32大会のうち、開催数が「30」になることを祈る。

おわり

ど素人!マラソン講座

|

2020年4月21日 (火)

2020年秋マラソンはどうなる?(2)

コロナの影響ですべての2020春マラソンが中止となったが、その影響は既に2020年「秋マラソン」にも及び始めていた。


■10月25日開催予定
「金沢マラソン」
4月3日に予定していたエントリー受付開始を5月8日に延期した。


■10月25日開催予定
「しまだ大井川マラソンinリバティ」
4月15日に予定していたエントリー受付開始を6月1日に延期した。


■10月25日開催見通し
「久米島マラソン」
情報未開示につき不明


■11月1日開催予定
「下関海響マラソン」
5月20日よりエントリー受付開始予定


■11月1日開催予定「横浜マラソン」
4月1日にエントリー受付を開始した。
この大会は「抽選」であり「当落通知を予定している5月14日までに開催の可否を決定する」としている。
例年6月に開始するスポーツボランティアの募集については、スケジュール通りを想定してはいるものの、正式なアナウンスが先延ばしされている。


■11月1日開催予定
「大阪・淀川市民マラソン」
4月下旬に予定していたエントリー受付開始を5月上旬に延期。


■11月3日開催予定
「ぐんまマラソン」
6月上旬に予定していたエントリー受付開始を7月5日に延期した。


■11月8日開催予定
「いびがわマラソン」
2月26日に「休止」を発表。理由はコロナではなく、2018年大会前に起きた落石の再発リスクのため。
コース変更を含めた再検討をおこない2021年の「再開」を目指している。
47都道府県マラソン制覇」の岐阜県は、この大会を走ると決めているので、再開してくれないと困る。


■11月8日開催予定
「おかやまマラソン」
4月8日にエントリー受付を開始したが、抽選結果発表を当初の6月から8月に延期している。


■11月8日開催予定
「福岡マラソン」
4月13日にエントリー受付開始予定だったが延期。
「今後の方針はホームページで知らせる」としている。


■11月15日開催予定「神戸マラソン」
4月2日にエントリー受付を開始した。
「今後の対応については、当選発表を予定している6月16日に合わせてホームページ等」で知らせるとしている。


■11月22日開催予定「つくばマラソン」
「エントリー開始の日程は5月下旬頃発表予定」としていたが、4月16日に中止を発表した。
第40回大会は、より高速化するためカーブを減らすコース変更をおこなうと報じられていた。


■11月23日開催見通し
「福知山マラソン」
情報未開示につき不明


■11月29日開催予定
そして、僕が走る「長崎平和マラソン(第1回大会)」は、3月11日に地元優先枠2,000人(終了)
3月25日より一般受付を開始して現在も募集中。
僕には感染症をコントロールすることはできないので、今から心配してもしかたない。

つづく

ど素人!マラソン講座

|

2020年4月20日 (月)

しらべる20周年

2019年4月20日
しらべるは、おかげさまで20周年を迎えました。
いつも読みに来てくださっているあなた!
最近、見始めたというあなた!
ありがとうございます。

しらべるは毎日更新なので、今日で7325日連続更新です。
さて、これから先、どれくらい長く続けられるでしょうか。
この20年の間には、二度の入院も経験しましたが、2002年のときはAirH゛(PHSのネット接続)を使い、2015年の時はスマホのテザリングで病室から更新を続けました。

アントニオ猪木ではないですが「元気があれば更新できる!」
健康に気をつけて、穴を開けないようにしたいと思います。

そんな20周年の年は「新型コロナウイルス感染症」という、とんでもない難敵がやってきて、世の中は大変なことになってしまいました。

今はただ、目の前の一分に集中する!
できることだけに注目して、できないことに不安を抱くのは止める。
そう心に決めています。


20周年記念に「20周年」と「30周年」のトピックをお話ししましょう。
先日「ハウステンボス20周年記念マグカップ」を廃棄しました。
ハウステンボスでは多数の商品が出ているディック・ブルーナのミッフィーと20という数字があしらわれたもの。
ハウステンボスは1992年3月に開園。記念日は3月であり、そのために佐世保に帰ることはできなかったので、知人に頼んで送ってもらいました。
ハウステンボスはH.I.S.が救済してくれる前に厳しい時期があっただけに、無事20年を迎えたことは感慨深かった。

じゃ、なんで捨てるの?
ということですが、買ってはみたものの、普段使いできるタイプのモノではなかったので、小物入れで場所塞ぎになっていたのです。
捨てる基準は「トキメクか?否か」と近藤麻理恵が言っていますが、ここ数年、まったくときめかなかったのです。

よし、捨てよう!と決めて、不燃ゴミ袋に入れてから9日後、不燃ゴミの日の朝。
気が変わりました(笑)
考えてみれば、物置にはローソンでパンを食べてもらったリラックマやスヌーピーの皿やマグがこれでもか!というほど溜まっているのを思い出したのです。
アレに比べれば、コレには想い出があるぞ!
ということで、小物入れに戻しました。


僕がインターネットでこうして書き物を始めたきっかけは、1992年に佐野元春ファンの集い「元春HP」に入ったことにあります。
今日はそこの詳しい話しは割愛しますが、2022年9月には、そのCUGが30周年を迎えます。
今年の1月、まだコロナ自粛が始まる前に、仲間と呑んだ時に「2022年9月には30周年オフを盛大にやろう!」ということを決めました。
僕はいつも、その場で「司会」をやっているのですが、三度の飯より司会が好きな僕としては、もう今からワクワクして眠れません(笑)


20年という時を隔てた2つの姿は、明らかに成長の軌跡を描いているのですが、成長した今という結果もさることながら、20年を過ごした、その時々がとても美しいと思っています。
過去は現代が与えた評価。いくらでも美しく書き換えられますね。


また、時々、しらべるに遊びに来てください!
moto

| | コメント (4)

2020年4月19日 (日)

遅い!という人はなぜ遅いというのか?

やわらかい!

とり天を食べた時、芸能人が叫んだ

やわらかい!

目の前で焼いた牡蠣を食べて、芸人が叫んだ

そりゃ、そうだろう
彼らは「固さ」でしか味覚を表現できないのだから。
語彙が乏しいということもある。
ただ、それだけではない。
分析の視点が偏っているのだ。

分析の視点が偏るのは、知識不足に拠る。
料理でいえば、五味、その料理が生まれた背景、地域に根ざした食文化、旬の季節や製法といったことを知っていれば「評論」はまったく違ったものになる。


遅い

街角で放送局がマイクを向けた誰もが言う
政府の対応を非難している

語彙が乏しい
分析の視点が乏しい
そして、何が求められているのかを間違えている。

外出自粛が求められるなか、主要駅の前でテレビ局の呼びかけに足を止めている人たちに、テレビ局は何を求めているか?

それは、きっと「素人なのに評論家気取りで、自分たちのストーリーに沿って話してくれる」人だ。
テレビ局側には、意に沿わないことを言った人の映像は放送しないという選択肢も委ねられている。
初めから、放送局の恣意通りに作られているのだから茶番だ。
その茶番に乗る人が一人でもいるから、"あの映像"は成り立つ。

「非常事態宣言はいいけど、遅いのかな」
「現金給付はいいけど、そもそも遅い」

誰かがひとたび「時制」で評論すると、あとにつづく人たちの思考は止まり、誰もが速いか遅いかという視点でしか語れなくなる。


あらゆる決断は、効果、影響との均衡点をみて行われる。
詳細なデータを持たない人に、そもそも早いか遅いかはわからない。
判断を専権している者が決断すれば、自分たちはどうしていくのかを考えればいい。
平和が続いていて、民主主義の憲法が敷かれている僕らの国では、それができる。
幸い、まだ感染者数・死者数ともに相対的に低くおさまっている。
それをとり仕切って、維持してくださっている人に対して感謝する。

|

2020年4月18日 (土)

2020年秋マラソンはどうなる?

コロナの影響により2020年春マラソンはほぼすべての大会が中止。
東京マラソンが中止になったことで、世間に「マラソンは中止になっても金が戻ってこない」ことが知られるようになった。
マラソンを走ったこともない大学教授や芸能人が「返金しないのはおかしい」と発言しているのには苦笑してしまった。

1万円を超える参加費が戻ってこないのは確かに惜しい。
しかし、ランナーにとっては、長い時間をかけて準備してきた成果を発表する場が奪われることの方が深刻なのである。
お菓子を我慢して、ビールを我慢して、寒いなか、暑い中、走りたくもないのに走ってきた。
42.195kmを走るというのは、それほど簡単なことではない。

走ったこともない人が「金」のことばかり言うのは、スポーツボランティアをしたこともない人が、五輪ボランティアに対して「ブラック」だとか「やりがい搾取」だと非難しているのに似ている。


マラソンは5月末で一旦、シーズンを終える。
数ヶ月のトラックシーズンが終わり、9月からは新しい「2020-21」マラソンシーズンが始まる。

果たして、コロナはそれまでに終息しているだろうか。
そこで、そろそろ、気になり始めた「秋マラソン」について、しらべる。


■10月4日開催予定
「東北みやぎ復興マラソン」
去年は10月第2(日)開催だったが台風に見舞われ中止となったため、今年はスケジュールを1週早めた。
3月13日~4月12日、台風で中止になった前年大会エントリー者を対象にした早期エントリーを実施。
4月13日より通常エントリーを開始している。


■10月4日開催予定
「松本マラソン」
3月7日にエントリー受付を開始した。


■10月4日開催予定
「弘前・白神アップルマラソン」
6月1日にエントリー受付開始予定


■10月11日開催予定
「新潟シティマラソン」
4月中旬に予定していたエントリー受付を延期。
「エントリー開始日については、今後の状況を注視しながら検討し、決定次第、当ホームページでご案内させていただきます。」としている。


■10月11日開催予定
「筑後川マラソン」(福岡県)
6月1日よりエントリー受付開始予定


■10月18日開催予定
「大町アルプスマラソン」
4月18日よりエントリー受付開始予定
「(コロナの影響により)大会の開催可否や変更等を行う可能性」もあるとしている。


■10月18日開催予定
「ちばアクアラインマラソン」
3月27日に森田県知事が総会を開き、2020年大会の中止を決定した。


2020年4月16日現在、コロナの影響による中止を決めたのは「ちばアクアラインマラソン」のみ。
行政のコロナ対応に対して"国民"は猫も杓子も口を揃えて「遅い」と勝ち誇っている。
そういう輩にとって、この決定は好意的に迎えられるのかも知れないが、大会を楽しみにしているランナーは「早すぎる」と思っているだろう。

つづく

|

2020年4月17日 (金)

在宅勤務のベストBGMは「海外のカフェの音」だった

在宅勤務日記(4)

一人だけの仕事は、ゆったりしていて、周りが気にならないのがイイ。
「海外のカフェの音」に続いてアレクサに「カフェの音で集中力アップ」をリクエスト。

カフェ店員の「いらっしゃいませ~」や客同士の会話が日本語なのが気になる。スプーンを皿に置く音も耳障りだ。
他になにかないだろうか?

アレクサ!オフィスの音をかけて
「わかりませんでしたすみません」

いつもの休日ならば「まだ、こんな時間だ。まだまだ時間あるぞ」と考える。
今日は「早く時間が過ぎないかな」と考えている。
同じ場所にいるのに、時間の概念が180度違うので、強く違和感がある。


次に情報収集しておいたアレクサの「集中タイム」をリクエスト
「それでは集中タイムを開始します」
といってゴングが鳴る
さー(延々と続く)

サーレベルの雨音か?

子どもの頃、冒険王の通販広告に「母の胎内で聞いた音に近い雨音を奏でる入眠機」というのがあって、小学生の僕は不眠症でもないのに、無性に欲しくなったことがある。
これじゃ眠くなるぞ^^;)
しばらく聞いていると、パソコンのHDが熱を持っている音に聞こえてきた
アレクサ集中止めて!
「集中タイムを停止します」

結局「海外のカフェの音」に戻す。


12:00
待望の昼休み
家に居るのだから、いつでも休める自由があるのだが、自主規制がかかり、午前中はきつかった。

アレクサ止めて!
「OK See you again.」
アレクサが英語で応える。こんなの初めて

午後は、日頃はなかなかやる時間がない「e-ラーニング」や「企画立案」にどっぷりはまっていると、あっという間に時間が過ぎた。
「在宅勤務」に心が慣れるには、半日あれば十分ということだ。

16:00
終業
朝礼もなければ夕礼もない(いつもないけど)

16:00帰宅^^;)
通勤がないことを実感する。
片道1時間として往復2時間も時間が増えた。
これはスゴイことではないか。

さっきまで働いていた場所が、今度は憩いの場所になる。
解放感あるなぁ
事前に心配していた孤独感に苛まれることもなく「在宅勤務」1日めが終わる。

「在宅勤務」良いことずくめだ

つづく

|

2020年4月16日 (木)

昔、テレワークだったら、尾崎豊はサラリーマンになっていたかも知れない。

在宅勤務日記(3)

数十年間、サラリーマンをやってきて初めて訪れた「在宅勤務」の初回は週明けの月曜日。

会社に行かないという点でいえば三連休だが、もちろん、三連休のような緩んだ気分ではない。
では、いつもの土日かというと、それも違う。
会社に行かずに済むと言うことがポジティブなのは違いないが、果たしてそうなのだろうか。期せずしてネガティブな側面があるのではないか。

自分より早く「在宅勤務」を経験した知人からは、思いの外憂鬱であったと聞いている。
「いやぁ天国、天国」とは思っていても言えないご時世なのかも知れないが、ある側面において憂鬱なのは事実だろう。


働き始める。
いつもより1時間近く早い
なぜならば、通勤がゼロ分だからだ。

尾崎豊は通勤電車で死んだような目をした大人たちをみて、あんな大人にはなりたくないと想ったと語っている。
ただ、後に「セブンティーンズマップ」では「いくつものドラマを感じた」と唄っているが・・

満員の電車で空席を求めるサラリーマンたちの中に、会社に行くのが楽しくて仕方ない顔をした人は見かけない。

音が静かだ
日頃、会社が騒然としていたことに気づく
静かすぎて落ち着かない

こんなこともあろうかと、昨日ネットで情報を仕入れた環境音をかける。

「アレクサ!海外のカフェの音」
むむ、これはイイ
喫茶店でパソコンに向かうのが、三度の飯より好きだったことを思い出した。そういえば、行きつけの喫茶店が閉店して以来、喫茶店に行ってない。人生には、知らなくていいことが、あふれているが、喫茶店は必要だ。


さぁ、何をしようか・・
時間ごとに、これをやると決めておけばよかったな。
(二度めからは、事前に計画を決めることにした)

まず、一つ目の仕事にとりかかる。
パソコンに向かう分には、いつもと環境が違ってはいるが、違和感はない。

アレクサの「海外のカフェの音」
カフェに集う人々の声が聞こえるが何を言っているかわからない。ということは日本語ではないと言うことだ^^;)

しばらくすると、同じ音源がリピートされているとわかる。
電話の音が鳴る度「あぁ一巡したな」とわかる。
脳が慣れてくると「つくりもの」感が気になり始めた
(測ってみると1巡 2分だった)
電話の音を入れなければ、リピートでも気にならないのだが・・
アレクサが「お客様の声」を聞いて、改善してくれればいいのに

つづく

|

2020年4月15日 (水)

在宅勤務「機を見ても鈍」な経営者

在宅勤務日記(2)

2000年代に蔓延した「費用対効果病」はなりを潜め、2010年代はそれが「セキュリティ」に遷っている。

「セキュリティが気になる」と言えば、日頃から真摯にものごとを捉えているようにはみえる。
でもそれだけだ。

何もできないし、面倒なことは何もしたくない。
ただ、わかっている振りがしたいだけだ。

"架空のセキュリティ不安"を抱く人は別として、本当にハードルが高い企業すなわち、日頃から堅牢な基盤を敷いている企業は(人事制度と同様に)こちらも「超法規的措置」を採らざるを得ない。

急きょ降って湧いた「在宅勤務」のためにネットワーク基盤とシステムの改訂をするのは時間的にムリだし、そもそも経営者が予算を裁可しない。

「超法規的措置」とは一時的に、セキュリティレベルを下げることであり、それが「性弱説」でいうところの、不法行為の可能性を気づかせるきっかけになりかねない。


さて、話しを政府の対応に戻そう。

緊急事態宣言を出した後も、人と人との接触機会が減っていないとみた安部首相は、4月11日「オフィスの仕事は原則として自宅でできるようにする。どうしても出勤が必要な場合でも出勤者は最低7割は減らす」として、関係省庁に「すべての事業者に要請を徹底してほしい」と指示した。

これでようやく「機を見ても鈍」な経営者の尻に火がつく。
"自ら考えて行動"できない人は、外圧に弱いというより、外圧が頼りだ。
外圧がかかれば、自分のせいではなくなる。
悪いのは政府だ。僕が言ったんじゃない。経営責任は無いというわけだ。


自分の会社、部署において、いつ上長が「在宅勤務を指示」したか?
それで、その会社の未来が窺えると思う。
もしかすると、未だに「在宅勤務の希望を募っている」だけかも知れない。


そして、僕にもようやく「在宅勤務」がやってきた。
それは、我が家にiPadがやってくる時と同じくらい僕をドキドキさせた。
ずいぶん長くサラリーマンをやっているが、自宅で仕事をしたことはない。それも朝から晩まで。

僕はPKを左足で3回続けて成功させたら、4回めにはどうしても右足で蹴ってみたくなる性分だ。
利き足は左なので、失敗する確率が高い。
だが、そこに盲点があり、実は思いも寄らぬ結果が待っているのでは?と考えてしまう。
舗装された安全な道を歩いて行くのも好きだが、砂利道や獣道が見えていたらそっちも歩きたい。

何十年もかけて一度も経験できなかった「在宅勤務」のチャンスが今、目の前にやって来た。

つづく

|

2020年4月14日 (火)

2000年代の「費用対効果病」→→→ 2010年代の「セキュリティ病」

在宅勤務日記(1)

日本における「在宅勤務」の流れは二月末に始まっている。

2月24日
日本政府の新型コロナウイルス感染症(以下コロナ)対策専門家会議が見解を公表
「これから1、2週間が感染が急速に進むか収束できるかの瀬戸際となる」

翌日、この見解を受けて学校の休校、企業のテレワーク、興行の中止が広がり始めた。
その後、政府から学校への休校要請はあったが、企業に対する要請はない。
在宅勤務は「機を見るに敏」な人が経営している会社に留まっていた。
4月7日、政府が緊急事態宣言を出したが、それでも大半の企業は動かない。


「在宅勤務」とは、サラリーマンが会社に行かず自宅で仕事することを言う。
「テレワーク」は、会社の事務所以外でネットワークにアクセスして働くこと。「サテライトオフィス」「在宅勤務」がそれに含まれる。


工場の「物づくり」や物販・医療などの「(顧客との)対面作業」が「在宅勤務」にならないのは当たり前。
「在宅勤務」が進まないという報道において、二流報道者が「物づくり」や「対面作業」を混ぜるから、見ている人が混乱する。

そのような元々ムリなケースは別として、本来「在宅勤務」を実施するには2つの整備が必要になる。
1,人事制度の整備
2,情報セキュリティを担保するネットワーク基盤の整備

1,人事制度
感染症を想定した人事制度を敷いている会社があったら、それは、トップレベルのリスク管理であるが、実際にはほとんどないと思う。
BCPの想定の1つにパンデミックを入れた会社はあったとしても、人事部に話した途端、門前払いを食ったはずだ。
人事制度は、仮に整備されていなくても「超法規的措置」がとれる。
そして、それはあまり「禍根」を遺さない。
日本では、この感染症災禍をいいことに「しめしめ、徹底的にさぼってやる」と考える人はとても少ない(ただし、確実に実在する)のである。

2,情報セキュリティ
情報セキュリティについては、ハードルが高い。
いや、ハードルが高い企業こそが、元々セキュリティの高い企業なのだ。
セキュリティが低い企業には、堅牢な基盤そのものがないので、ノープロブレムで「在宅勤務」に移行できる。

NHKが東京商工会議所のアンケート調査を報じている。

■テレワークが進まない理由
社内体制が整っていない 42.3%
パソコンや通信環境が整っていない 31.7%
セキュリティの不安がある 21.7%


「セキュリティ」と一言で言っても、その内容は多岐にわたるので本当に不安な人もいるだろうが、大半の人は「ただ、なんとなく、セキュリティ」を口にしている「セキュリティ病」の人だと思う。

2000年代、会社の会議で「費用対効果が気になる」と言えば、誰もが思考停止して、議論を終結させる威力があった。

「自分にとって都合の悪いことを回避したい」
「自分が何もせずに済ませたい」

そんな時「費用対効果病」は抜群の威力があり蔓延していた。

つづく

|

2020年4月13日 (月)

2足めのMETARIDEを買って、わかったこと

2019年11月に購入、その後別カラーを買い足した「METARIDE」は、歩くことを格段に楽しくさせる。

最近、これにオーダーメイドのインソール「SUPER feet」を入れたところ、その相性はとても満足いくものだった。

脳は一定の動きに慣れると喜びを感じなくなる。
あれだけ「歩くことさえ楽しい」と思っていた「METARIDE」にも慣れ、新鮮さが薄れていたところに入れた「SUPER feet」
これでまた、初期の新鮮さが戻って来た。


「METARIDE」を2足ローテーションしてわかったのだが、この靴はウォーキングで100km使ったあたりから、反発力が落ちてくる。
「かっかっ」と地面を蹴っていた感覚が、少しずつ鈍くなっていくのだ。
それは、日々少しずつの変化なので 1足だけだと気づかなかっただろう。
3か月ほどで、2足目の「METARIDE」を履いた時、その違いがはっきりとわかった。

「かっかっ」と地面を蹴る音が戻った
足が前へ転がる感覚もエッジが立っている

そして、今回1足めの「METARIDE」に「SUPER feet」を入れたところ、足が前へ転がる感覚が明確になった。
「SUPER feet」で動きがシャープになるということは、この靴にカーボンプレートが入ったらどうなるか?
カーボンプレートを入れた「METARACER TOKYO」への期待が膨らむ。


そして「METARIDE」にはレースで使うのをためらうネックがある。
それは片足305g(27.0cm)もある重さ。
2006年に初マラソンで履いた、初心者向けマラソンシューズ「NEW YORK2110」を思い出す。
いくら僕がど素人!ランナーと言えどもこれは重い。
そこで、asicsから候補となるのが、片足190gと発表されている「METARACER TOKYO」だ。


品名:METARACER TOKYO
アッパーにはtokyoのロゴが入る
これは、東京に住む者
東京五輪2020に関わる者
そして、今年走れなかった東京マラソン2021ランナーにとって訴求力がある。

価格:22,000円(税込)
意外にもMETARIDEよりも8,000円ほど安く設定された。
ということは、いったいどれだけMETARIDEにはコストがかかっていたのか・・
アルファフライよりも11,000円安い。


2020年2月14日
asicsが会見で初めて「METARACER」発売に言及

1月末、NIKEのアルファフライを規制するために作られた新ルールにより、東京五輪2020で使用する靴は、4か月前に発売する必要性が生じた。
NIKEはそれによって、発売計画の前倒しが迫られたが、asicsは「METARIDE」からここまで1年、十分な準備時間をかけており、オンスケジュールだったと思われる。
その後、3月24日には東京五輪2020の延期が発表されて、各社は4月に発売する必要がなくなったが、asicsは 3月31日に「METARACER TOKYO」として4月17日に発売すると発表した。

しかし、4月10日「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため」という理由で発売延期を発表した。
少しでも人が集まる機会を避ける判断として良いと思う。

もしも、直近のレースに投入しようと、発売を待ちわびているランナーがいるならば、公式サイトでは売った方がいいと思うが、長野マラソン、かすみがうらマラソンを初めとして、2020年春マラソンは全レースが中止を決めている(黒部名水マラソンのみ4月20日に態度表明)
直近のレースで履くために、この靴を待っている人はもういない。


さすがに「アルファフライ」「METARACER TOKYO」を両方買って試すのは酔狂が過ぎる。
既知で安心のアルファフライか、未知の経験への挑戦か

 

|

2020年4月12日 (日)

アルファフライか?METARACER TOKYOか?

先日、無事、長崎平和マラソンのエントリーができて、決まっていないのは靴だけになった。


■ここまでの準備とこれからの計画

2019年11月
前日宿泊ホテル予約

2020年2月
前日長崎入りの航空券予約

2020年3月
一般枠エントリー

(現在)

2020年7月
アルファフライのFALLモデル購入?

2020年8月
練習開始
本来ならば、東京五輪2020を終えてから始める予定だったが、予定が空いたので前倒し

2020年11月29日
長崎平和マラソン2020出走


過去3年、3シーズンはNIKEの厚底を履いた。
2017 ヴェイパーフライ 4%
2018 ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット
2019 ズームX ヴェイパーフライ NEXT%

順当にいけば、今年は2020年新作モデルのアルファフライを履くところ。
3月に「WA新ルール対策」のために先行発売されたが、一般発売は7月頃と思われる。

NIKEのスケジュールは、LSで「NEXT%」の4thカラーを売り切って、7月に新作(アルファフライ)お披露目だったのだが、1月に改訂されたWAの新ルール「大会4か月前に発売されていること」に適合するため、東京五輪2020の4か月前までに発売実績を作らざるを得なかった。

NIKEは2019年の「NEXT%」から、欲しい人に行き渡る十分な生産を行っており、7月の発売時には手に入りやすいはずだ。


NIKEの厚底に共通で使われる「zoom X フォーム」は寿命が短いため、レースで履く靴は練習では使えない。
過去3足を履いた実績として、200kmを超えても、airmaxのように加水分解してしまうわけではない。ただし、反発力が落ちていく。
従って、レースまでは ポイント練習3回、50km以内に留め、レース使用後は次のシーズンの練習として余生を送らせるのが、この靴のライフサイクルだとわかった。


さて、実際のレースで履く靴の候補だが、現時点では「アルファフライ ネクスト%」か「METARACER TOKYO」の二択と考えている。

過去3年、NIKEのカーボン厚底を履いて、大きな信頼を寄せている。
気持ちとしては「アルファフライで決まり」なのだが、普段履きにしている「METARIDE」があまりにイイので「これでレースを走ったらどんなだろう?」という好奇心が日増しに高まっている。

つづく

|

2020年4月11日 (土)

「個人情報は扱っていないから、僕らセキュリティは関係ないよ」

2000年~2005年頃
「パソコンのことは僕らの仕事じゃない」
という人がいた。
企業において、ようやく一人一台時代が訪れて間もない頃だ。
自分ではパソコンを使っているが、自分の仕事ではないと言い張るのである。

サトウさんが僕にシステムの発注をする。
僕が要求仕様について尋ねる。
するとサトウさんが言う

「パソコンのことは僕の仕事じゃないから任せるよ」

僕は苦笑いして、尋ねる
それじゃ、どのようなものを作ればいいんですか?
するとサトウさん

「僕らが思う通りに動いてくれればいいよ」

つまり、当時のSEはユーザーの脳みそを透視する能力が必要だったのだ。
今思えば懐かしいが、むちゃくちゃな話しだ。
今だから笑えるが、当時の僕は腹を立てていた。


2010年頃には、もうそんな声は聞かれなくなった
ところが・・
2015年以降はこれが「セキュリティ」に遷った。

誰もがパソコンを使っている。
自分のパソコンには大量の業務資料を保管している。
・売り上げ実績
・取引条件
・得意先リスト
・商品企画
・販売企画
・業務手順書

それらは企業としては秘密情報だ。
「秘密情報」というのは、ものごとを真剣に考えていない人が、責任をぼやけさせるために使う言葉で、不正競争防止法には「営業秘密」という定義がある。

クラウドで無料で利用できる便利なサービスを使い、そこに「秘密情報」を置いて会社から、自宅から、いつでも何処でも、好きなだけアクセスできる。ということは盗み放題。

そして、サトウさんが言う
「個人情報は扱っていないから、僕らセキュリティは関係ないよ」

個人情報だけが秘密だと信じて疑わない人が、企業の営業秘密の管理をおろそかにする。
身内からも悪者からも、盗み放題。
これを僕は「個人情報病」と呼ぶ。

システム担当者ならば「わかる、わかる」と言ってくれるはずだ。
しかし、システム担当者以外の人には、この危機感は伝わらない。

恐らく、2030年頃には営業秘密を守ろうという風土が根付くだろう。
そして、それまでに膨大な情報が盗まれるだろう。
そして、それを誰も気づかないだろう。

|

2020年4月10日 (金)

佐野さんがソーシャルディスタンスで新曲を公開!

いつも通りGoogle news をチェックしていると、佐野さんの新曲情報があがっている。

■新曲「この道」(Social Distancing Version) 4月8日夜9時プレミア公開
どうやら、新曲はネット配信。しかも無料

日本政府から新型コロナウイルス感染症についての緊急事態宣言が出るなか「いつもの佐野さんだ」というのが最初の印象だった。

過去には阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、同時多発テロ、東日本大震災・・人々が苦境に立った時、彼は音楽家の使命として、音楽や言論あるいは暖かい励ましの言葉を発信してきた。


「9.11」米国同時多発テロが起きた一週間後の9月18日。
佐野さんがテロの夜に書き、プライベートスタジオで録音した「The light」が一週間(2001年9月18日21:00~9月25日)公式ウェブサイト「Moto's Web Server」で無償提供された。
当時まだ音楽配信は一般的ではなく、ましてや音楽家が無償で楽曲を公開することはなかったので驚いた。
そして、僕らは「佐野さんらしい」と思った。


時は流れ、音楽家が無償で社会に貢献することは珍しくはなくなった。
そんな中での無償配信
情報を詳しくチェックすると、そこに"佐野さんらしい"ことが書かれている


Moto's Web Serverより引用)

佐野元春のコメント:

外出を控え、距離を保ち、健康に気をつけて、支えあう。
たとえ離れていても絆は壊れない。僕はそう思っている。

この曲は、コヨーテバンドのみんなそれぞれの自宅で、インターネットを介してマルチレコーディングをした。
映像はみんなそれぞれに自撮りをした。僕たちはこの作業を、一切誰にも会うことなくそれぞれの自宅で進めた。

(引用ここまで)


4月8日、お釈迦様誕生日・灌仏会の夜 21:00
リリースの時間にパソコンの前で待ち構えていた
右ペインではオンライン・リスナーのtweetがタイムラインで高速に流れていく。
1,837人が視聴中と表示されている。


マルチスクリーンの中央に佐野さん
左右に3人ずつCOYOTE BANDのメンバー
これは最近、仕事でも見慣れたテレビ会議(board meeting)の情景だ
お、佐野さんのフレームには犬が映っているぞ^^;)
(仲間のtweetによると、ZOOEY君らしい)


これはまだ誰もやったことないだろう
どうだ!
僕が威張ることじゃないけれど、嬉しい


副題の(Social Distancing Version) が素敵だ。
ソーシャルディスタンス
感染を防ぐためにとる人と人との間隔(2m)

1980年、アンジェリーナでデビューした佐野さんは今年デビュー40周年
松田聖子と同期
(ちなみに「ハートのイヤリング」は佐野さんが提供)
今はこうして互いに2mの距離をとっているが、三密(密閉、密集、密接)の場所で、アニバーサリーイヤーの佐野さんに会う日が待ち遠しい。

|

2020年4月 9日 (木)

マラソン主催者の皆さんへ「こんな大会を走りたい!」<後編>

エイドでいうと給食についても希望がある。
名物の給食はゴール後の会場で振る舞ってもらいたい。

「静岡マラソン」を走った時は「静岡おでん」
「下関海響マラソン」では「菊川そうめん」
にそれぞれ行列ができていた。
あの列の長さから言って、待ち時間は10分では効かないだろう。
マラソンは一応スポーツであり、タイムを測っている。
競技とは言いながら誰とも競っていないし、大迫傑が「市民ランナーはタイムを気にしすぎなくていい」と言ったとしても、ピクニックじゃないんだから。
「レース中におでん15分待ちました」
とランナーが言ったら、主催者はそれに疑問を持って欲しい。

そうめんは行列ができる「下関海響マラソン」だが、名物の「ふく鍋」はゴール後の会場で振る舞われる。
「とくしまマラソン」で、ゴール後に「フィニッシュカツ」(フィッシュカツのパロディで命名)をもらい、うどんが出た時は嬉しかった。

「ゴール会場では有料で食べ物を売りたい」というのがネックになっているとしたら、考え違いしていると思う。


以前から各地の大会を走ってみて、もの足りないと思うのは「記念品に魅力がない」ということだ。

過去に走ったなかで、満足感が高かったのは「つくばマラソン」
Tシャツを希望者に有償で売る代わり、名産品が選べる。家族にお土産を持ち帰りたいランナーにはいいと思う。

僕が欲しいのは「限定グッズ」だ。
たとえば「長崎平和マラソン」であれば、限定の平和祈念像ミニチュアが欲しい。

・高さ6cm程度
・実物の像に近い彩色
・素材は問わない

出場したランナーが持ち帰り、パソコンの近くや子どもの学習机に飾る。見る度に「右手は原爆の脅威、左手は平和だったな」と平和について考えられる。

これまで旅マラソンで訪れた先では、その地にちなんだ置物を買う。
長野マラソンでは、善光寺世尊院釈迦堂で売っていた「涅槃像」
佐倉朝日健康マラソンでは、佐倉駅前の民芸品店で「埴輪」
とくしまマラソンでは阿波踊り会館で「阿波踊り」のミニチュア

最近はマラソン大会同士で提携して、互いの公式サイトにバナーを貼っているケースが増えている。
こうした仲間同士、共通規格で置物が作られたら、その都道府県を走る時はそのレースを選びたい。

ど素人!マラソン講座

|

2020年4月 8日 (水)

マラソン主催者の皆さんへ「こんな大会を走りたい!」

4月6日「洞爺湖マラソン」が中止を発表した。3月末時点では「4月10日までに判断する」としていた。
これで、2020年春マラソンで開催の可能性を残しているのは、5月24日開催予定の「黒部名水マラソン」だけになった。
9月の秋マラソンからは通常通りの大会ができるほどに、この災禍が終息していることを祈る。


去年の秋マラソンシーズンには「台風」による中止があった。台風は一過性のものや流行りものでもなく、毎年やってくるため、これからも9月~10月の大会は中止と背中合わせであることを、ランナーは覚悟しなければならない。

「マラソン中止」というと、日頃マラソンに関わっていない人たちが「参加費が戻ってこない」ことを論う。だが、僕らにとっては、それ以上に練習の成果を自らに問う場を失うことが死活問題だ。

今秋以降、ランナーのレース選びはさらに慎重なものになるだろう。
ということはレース主催者側としては、選ばれる、選ばれ続けるための改善や新機軸が問われることになる。

そこで、今日はど素人!マラソンランナーの立場から「こんな大会を走りたい」というテーマで書いてみたい。


4人チームで申込み、肉・野菜・ルウ・イモを取ってきて、ゴールしたらみんなでカレーを作るのは「たんのカレーライスマラソン」(北海道北見市)
野菜は畑から採るというところがウケる。
楽しさで言えば、このレースは恐らく世界一だ。
1986年に始まり、2019年には第34回を迎えた。

マラソンは一人のスポーツなので、カレーは作れないが、要項を見ただけで「え゛~まぢかよ^^;)」
と笑ってしまうようなことはできないだろうか。

過去にそう思ったことに「下関海響マラソン」のコーラがある。
山陽コカコーラボトリングが協賛しているこの大会は、30km過ぎのエイドでコーラが出る。
かつて、あるマラソンでエイドに水が届かず、代わりにコーラを並べて顰蹙を買ったことがあったので、本当にコーラを出すのか?と目が点になった。

マラソンを走っている時にコーラを飲むと、げっぷが出て苦しそうで、僕はもらわなかったが、実際に飲んだ人によると、爽快感と甘さが意外といいらしい。

コーラや地元の名水で作ったサイダーのようなドリンクがあったら、飲んでみたい。
それから「コーヒー」をぜひ置いてもらいたい。
カフェインはレース用ジェルにはお約束。初めて使った時は確かに覚醒感があった。
だが、コーヒーをエイドに置くレースを聞かない。
30km過ぎ、ジョージアなどの甘いコーヒーがあったら、もう一踏ん張りできる気がする。

つづく

ど素人!マラソン講座

|

2020年4月 7日 (火)

久しぶりの家族写真

図書館へ行こうと家を出ると、久しぶりに中学生の姿。
彼女たちが町にもどってきたところをみると、どうやら今日は入学式らしい。
東京都はGW明けまでの休校を決めているから、始業式ではないはずだ。

今年は例年より一ヶ月早いと言われたサクラの開花
それでも、入学式が行われるこの週まで待っていてくれたようで、いつもの春らしさを醸し出している。

図書館で本を返す
東京都の図書館からは3月からサービスの一部利用制限を始めている。当初は3月いっぱいと周知されたが、今は「当面の間」と言い直されている。
開館時間はいつも通りだが、できることがいつもとは違う。

・本を返す
・予約しておいた本を受け取る
できることはこの2つだけ
これに「コピー機による複写」もOKしている区もある。


開架にはバリケードが敷かれており、立ち入ることはできない。
つまり棚をさらいながら「何を読もうかな」「今の気持ちにぐっと刺さる本ないかな」と迷うことはできない。
雑誌架で雑誌の最新号やバックナンバーを読むこともできないし、そこから旧月号を借りることもできない。

予めインターネットで予約して、回って来た本しか借りられない、読むことができないと言うことだ。
それでも貸出枠はいつもと変わらないので、希望者が多く順番待ちの本があると、その分、借りられる本が少なくなる。
そのため、できるだけ、予約がない、あるは予約数が少ない本を選ぶことになる。
もしも、iPadを買って(Kindle Unlimited環境が手に入って)いなかったら、この本不足はけっこう辛いところだった。


本を借りたら、そのままクルマを走らせて帰路につく。
小学校の前にさしかかった時、校門の前で写真を撮る家族連れが目に留まった。
洋服のお母さんと小学一年生らしき子どもが手をつないでいる。
父親はカメラのファインダーをのぞいて、校門に書かれた**小学校のプレートがフレームに納まるように見定めながら「もう少し右へ」と手招きしている。

シャッターを押してあげたい

僕は強くそう思った
辺りに親子3人以外の姿はなく、シャッターを頼めそうな人は居ない
駐車できないか?スペースを探す
あいにく、道幅が狭く僕がクルマを停めると、さしかかったクルマが通れなくなってしまう
でも、家族3人を1つのフレームに納めてあげたいのだというシチュエーションを見て、ドライバーも少し待ってくれるのではないか
だが、この数秒の間にもクルマは次の交差点にさしかかってしまった

入学式の写真
大抵は「父と子」「母と子」の写真しかない
「父と母と子」なかなか全員揃っている写真というものはないものだ。

皇居のマラソン大会で親子ランに出場する家族のカメラマンを買って出た時、カメラに向かってお母さんが嬉しそうに言ったことばが胸に焼き付いている
「久しぶりの家族写真」

|

2020年4月 6日 (月)

アレクサ!ヴィヴィくんって知ってる?ついに、この日がやってきた!

アレクサに「ヴィヴィくんって知ってる?」と問いかけはじめて10か月、ついにこの日がやってきた。

Jリーグの延期がさらに6月以降にずれこむとわかった翌日、僕はそういえばあの「定点観測」をわすれていることを思い出した。
しらべるには、こうした定点観測がいくつかあるのだが、大抵忘れてしまっている。今度からは忘れないよう、定期的に自分にリマインドさせる方法を確立しなければならない。


さて、アレクサに初めて「ヴィヴィくんって知ってる?」と問いかけたのは、2019年シーズンの半ば、まだV・ファーレン長崎が十分に自動昇格に向けた戦いをしていた頃だ。

そういえば、アレクサはもうヴィヴィくんを認知しているのかな?
気になって尋ねてみた。


2019年6月1日
アレクサ!ヴィヴィくんって知ってる?
「ヴィヴィは女性の名前です」

知らなかった。ヴィヴィくんは男だし
この日から「定点観測」がスタートする

2019年7月6日
アレクサ!ヴィヴィくんって知ってる?
「居間は住宅にある部屋の1つ」
僕の発音が悪いのか、アレクサにはlivingと聞こえているようだ

2019年8月3日
アレクサ!ヴィヴィくんって知ってる?
「リビングには2つの意味があります。1つは生活。もう1つはリビングルームの略」
そんなことは求めていないのだが、用語の説明が詳細になった。
そして、この説明は2020年4月の今も維持されている(後述)

2019年8月21日
アレクサ!ヴィヴィくんって知ってる?
「すみません。その人はまだ知りませんが、これからもっとたくさんの人と知り合うのを楽しみにしています」
出た!アレクサの謙虚モード^^;)
それならば"他の人"は知っているのだろうか?
同日、以下のキャラクターについても尋ねてみた

くまモン
「熊本県庁が2010年にくまもとサプライズキャンペーンにおいて展開している(以下省略)」

ひこにゃん
「平成時代のマスコットキャラクターのひとつ。滋賀県彦根市のキャラクター(以下省略・かなり説明が長い)」

ふなっしー
「千葉県船橋市在住の梨の妖精という設定のマスコットキャラクターです」

グランパスくん
「Jリーグ名古屋グランパスのマスコットで、シャチをモチーフしている(以下省略)」

くまモン、ふなっしーと言った全国区のキャラクターの認識は想定内としても、Jリーグマスコット総選挙で敗れたグランパスくんを既に認識しているのは驚いた。
1位のグランパスくんが入っているということは、2位のヴィヴィくんも時間の問題ということか・・

そして、本日に至る
(つまり忘れていた)

2020年4月4日
アレクサ!ヴィヴィくんって知ってる?

「ヴィヴィくんはビーファーレン長崎のマスコットキャラクターです。
長崎県のシンボルである県鳥のオシドリと郷土を代表する県獣の九州シカをモチーフにした元気はつらつの男の子です。将来はゴールキーパーとしてビーファーレン長崎の選手になることを夢見ています。背番号は12番で大きな目と小さな口がチャームポイントです」

十分な文字数の紹介。ビーファーレンと"ヴィ"を伸ばされるのはご愛敬。ヴァンファーレンと言われるよりイイ^^;)

しかし、もう1度聞こうと思って問いかけると、再び先の living の意味を答えた。"ヴィヴィくん"をアレクサエンジンが理解できるよう発音するのは、とても難しい。

以下は試しに「アレクサ!ヴィヴィくんって知ってる?」を5回問いかけた結果である。

livingの意味 3
TV番組「リビング11」の説明 1
ヴィヴィくん 1

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録

|

2020年4月 5日 (日)

Jリーグが成立するデッドラインは6月再開

新型コロナウイルス感染症(以下コロナ)の影響でJリーグが中断している。

Jリーグ日程 当初の予定では、関東アウェイ戦は以下の7試合

予定日 対戦相手
4月19日 10 東京ヴェルディ
6月20日 21 水戸ホーリーホック
7月4日 23 FC町田ゼルビア
9月20日 32 ザスパクサツ群馬
9月26日 33 ジェフユナイテッド市原・千葉
10月4日 35 大宮アルディージャ
10月18日 37 栃木SC

しかし、コロナの影響により、以下のように中断が続いている。

■時系列の記録
2月25日
2月28日(金)~3月15日(日)開催予定試合を延期

3月9日
3月中は再開しないことを発表

3月25日
J2は5月2日再開を目指すと発表
再開後もビジター席を設けず、収容率を50%以下にする指針を公表
事実上、アウェイ・サポーターの観戦・応援は自粛が求められることになった

そして、4月3日、専門家とNPBとの協議を受けて「さらに一ヶ月の延期」が発表された。
Jリーグ見解
「再開日程は白紙。さらに一ヶ月以上遅くなる。大会の骨組みを変えずになんとかできる余地がないか協議検証する」

これを踏まえると、2020シーズンの関東アウェイ戦は以下のようになる。

予定日 対戦相手  
4月19日 10 東京ヴェルディ 延期
6月20日 21 水戸ホーリーホック 応援自粛
7月4日 23 FC町田ゼルビア 応援自粛
9月20日 32 ザスパクサツ群馬 応援
9月26日 33 ジェフユナイテッド市原・千葉 応援
10月4日 35 大宮アルディージャ 応援
10月18日 37 栃木SC 応援

仮に再開が6月6日、19節ヴァンフォーレ甲府戦となった場合、そこから2か月がアウェイ・サポーターの自粛。
僕らアウェイ・サポーターが応援に行けるのは(当初の五輪閉会式の翌日)8月9日、26節ツエーゲン金沢戦からとなる。

関東アウェイ戦の"開幕"は「9月20日」!!
春に始まるスポーツの初戦が9月というところに、違和感を感じると共に、今が危機的状況であると思い知らされる。

村井チェアマンが言う「大会の骨組みを変えずになんとかできる余地がないか」には、規定の試合数を消化できないことを想定していることが窺える。

Jリーグは今季リーグ戦の成立条件を以下2つの条件が揃うこととしている
・全試合数の75%消化
・各クラブが50%以上の消化

規定の試合数が行えない場合、昇格や順位も決定しない。
つまり本来ならば「自動昇格」の2位以内につけていても、V・ファーレン長崎の今期の昇格はないと言うことになる。


既に3か月を失っており、12月第2週までを使っても残り6か月半。
五輪空白を埋めて、水曜開催を増やしても「6月再開」が「今期成立」のデッドライン

今は関東アウェイ戦で僕らが何試合応援できるかということは置いて、規定の試合数が行えるよう早期の再開を祈る。

|

2020年4月 4日 (土)

iPadで「電子雑誌」は新しいライフスタイル

案内に従い、iPhoneをとなりにおいて設定を進める
無線LANの設定は不要だった
iPhoneに入っていた情報が共有された
びっくり!

もしかして、メールの設定、アプリ、スケジュールの連動
なにもかもiPhone5を引き継いでくれるのか?

ほぼ、その通りだった
ホーム画面を右にスワイプすると、そこにはiPhoneで使っているアプリがダウンロード済み
ただしiPhone上につくったフォルダーまでは維持されていない。
AppleIDの設定も不要

iPhoneユーザーならば、iPadはとても易しい
持ち歩くには最も小さいiPhoneSE、家にいる時は10.2インチのiPad。
この棲み分け、気に入った。
家電店の店先で見た時は、iPad miniでも画面はけっこう大きいなと思ったが、実際に10.2インチに慣れると、タブレットとしてはこれが最低ラインだとわかる。


Googleカレンダー、Gmailなど、ライバル他社Googleのサービスは引き継がれないので、自分で設定する。

ヘイシリ!と呼びかけると、Amazon Echo(AIスピーカー)のように操作もできる。
「音楽をかけて」などいくつかの言葉を試してみる。
「明日の天気は?」「今日の予定は?」といった要求には一通り応えた。
ただ、読み上げる音声は角張っていて、これはアレクサの方が滑らかで人に近い。

アプリの並び替えをしながら試す
一通りさわってみた感想は「大きいiPhone」
そして、おぉっってなったのは、大判の本

これまでKindle Unlimitedで「この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。」と表示される雑誌・書籍は読むのを諦めていた。

タブレット推奨の書籍、雑誌は見やすい!幸せ
これまで見られなかった大判キンドル本をダウンロードするのが楽しい!
1月に始まった「3か月199円キャンペーン」で入ったKindle Unlimited、4月からは月額980円を払おう。
(結局3か月199円で、165冊11万円分を読んだ)


電子書籍の雑誌は1ページごとのクオリティが高い
始まって10年ほどの電子書籍と違い、長い歴史がある
編集作業は洗練されていて、目指している完成度が高く、1ページに詰め込む情報量も多い。
しっかり工数がかかった「電子雑誌」を、いつもの電子書籍の画面で見られるのだから、これまでの電子書籍とは異なる感動を呼ぶ。

それを軽い指のタップだけで一瞬でめくることができる
発売当初のキンドルのような画面切替の息つきもない。まさに瞬時に画面が変わる。
次々に展開されるハイレベルなコンテンツ。それを手に入れた感動を、優雅にコーヒーでも飲んでくつろぎながら楽しむことができる

パソコンでNHK+を見ながら、iPadで読書
これは新しいライフスタイルだ

|

2020年4月 3日 (金)

iPadに「驚きの透明感を実現」フィルムがいい

iPadはどこで買っても値段は同じだった
法律によりメーカーが価格統制してはいけないし、販売店が協定を結ぶこともできない。
それでも、こうして何処で買っても同価格という商品は存在する。
恐らく、圧倒的な商品力を持っているメーカーのご機嫌を損ねたくないのだろう。


インターネットが普及して日本じゅうのお店から一番安いところをカンタンに探せるようになったのは10数年前。
何かを買う時はカカクコム・チェックが欠かせなかった。
だが、今カカクコムを見る目的は「最安」を探すためではなく「クチコミ」を見るために変わっている。

大概の品はAmazonが安い
たとえAmazonが最安価格ではなかったとしても、Amazonには安心感がある。何らかの不具合があった時は送料無料で返品・交換ができる。
それでも明日ではなく、今すぐ欲しいという時は、近所の量販店に行き「Amazonと同じ値段にしてくれる?」と相談すればいい。
マーケットプレースではなくAmazon本体が販売する品は、大概その値段にしてくれる。
今回、iPad購入にあたり近所のお店に行ったのだが、交渉するまでもなくAmazonと同じ値段だった。ただ、希望カラーの在庫がなかったのだ。


土曜日の正午前、午前中に時間指定しておいたiPadがAmazonから届く
まず、箱を開ける前に腹ごしらえを済ませる。
箱を開けたら根を詰めた作業が想定される。
ラーメンの汁を飛ばしながらできることではない。
(お昼は焼そばだったが)

ムダをそぎ落とした化粧箱には「16GBメモリー」とか「10.21インチディスプレイ」といったうたい文句は一切ない。商品名すら書かれていない。

同梱で届いたELECOMの画面保護フィルムは量販店の店頭で見つけておいた。
この品はAmazonでiPadを選択した際、リコメンドには出てこなかった。
そこにはAmazonの事情があるのだろう。

パッケージには商品の特徴を訴求する「驚きの透明感を実現」「エアーレスフィルム」「高光沢」の文字が並ぶ。
結論からいうと、指滑りはいまひとつ。ペンを使うには不向きだろう。だが僕は画面の美しさ優先。そのニーズにはしっかり応えており、いい選択だった。

まずはフィルム貼りから。
ホコリ取りのためのメンディングテープを傍らに置いて作業を始める。
iPadに貼られている保護フィルム剥がす
画面上にどれくらいのマージンを空けてよいかがわからない。
できれば「上は0.01mmくらいしか開けないで」といった情報が欲しいところだ。
これくらいかな?と画面上を2mmほど空けたため、画面下はギリギリになった。
ホコリが入ったため、何度かメンディングテープで取り除いた。気泡は隅に追いやるだけですぐ抜けた。
ここまでの作業時間 15分。
思いの外時間がかかったので、コーヒーで一服。


いよいよ、電源オン
電源ボタン長押しでリンゴマークが灯った
バッテリーは「72%」と表示されている
最近の家電は充電した状態で納品されることが多い。
すぐに触ってみることができるので、これはいい

無線LANのパスワードを書いたメモなどを傍らに置き、初期設定にとりかかる。どれくらいの時間で一通り終えられるだろうか

ところが、ここから先のスムーズさは、まさに驚愕
言うならば「Appleの魔法」
嬉しくて笑った

つづく

|

2020年4月 2日 (木)

発売から10年 iPadに手を出す

2020年、僕にとって"2台め"のタブレット「iPad」を買うことになる。
そのきっかけは「家でも仕事ができる小型のパソコンが欲しい」という知人からの相談だった。
知人の希望要件は以下の通り。

1,外回りをしていて、その結果を管理システムに入力している
2,会社から社外持出用ノートパソコンの支給はない
3,管理システムは自宅環境からでもアクセスできる
4,タブレットというのに興味がある
5,スマホはアンドロイドOS機種を使っている

タブレットに興味があるということなので、選択肢は「Surface」か「iPad」に絞られる。両機種ともにタブレットとして使えるし、キーボードからの入力もできる。
しらべると、最近種どうしの価格差はほとんどなかった。

さらに詳しく要件を聞くと次のことを教えてくれた。
・会社にあるのはすべてWindowsパソコン
・管理システム以外に、エクセルファイルフォーマットの報告書がある

この時点で選択肢は「Surface」一択であることを伝えた。
日本には古来からミイラ取りがミイラになるという言葉がある。
本来は説得に行ったのに、逆に説得されてしまうという意味だが、僕は知人には「Surface」を薦めておきながら「iPad」が欲しくなってしまった。
僕の場合、移動時間というのがほとんどなく、外回り営業をしているわけではないのでノートパソコンが要らない。移動中のデバイスはスマホで十分事足りている。もちろん、タブレットも要らない。持ち歩ける大きさはiPhoneSEが限度であり、それより大きなデバイスは鞄に入らない。

それでも情報機器の三種の神器のうち、タブレットだけ持っていないことにずっと違和感があった。
情報誌は新型が出る度に、SurfaceやiPadを大きく取り上げている。
多くの人がタブレットの魅力を語っている。
だが、僕には使う場面が想像できない。何がいいのかわからない。
Windows8のタブレットパソコンで1度失敗しているだけに、なおさらだ。
iPadについては、できることはiPhoneと似通っているはず。iPhoneがあるから要らないのでは・・

こうして3日ほど悩む
ある時は断念するのだが、数時間後には、いや、やはり欲しい
気持ちはあちこちに揺れる

そして、ついに[注文を確定する]

何かがそこにありそうな気がして仕方ない。
理由は、それに尽きる
価格もWi-Fiモデルならばお手頃であり、危険な冒険ではない

iPad発売から10年
これまで他人ごとだったiPadが自分ごとになる

つづく

|

2020年4月 1日 (水)

[テレビ取材ではカメラを見てはいけません法]が制定されて10年

2020年3月末
マスクをつけたおばちゃんが、テレビの取材に応えている
マスクの端っこが変色しているところをみると、一週間は使い続けているのだろう。その苦労の跡が窺える

首都圏の各知事が「不要不急の外出自粛要請」を出して迎えた週末の土曜日。
スーパーに食料品を買出に来たおばちゃんが話す

外出できないから遊びにも行けない
外で食べるのもなかなか難しい

おばちゃんは取材する放送局の記者の方をじっと見据えたまま、にこやかに話す

彼女はけっして「人と話す時は相手の目を見て話しなさい」と親から躾けられたわけではない


続いて、記者は飲食店に向かう
この週末、外出が自粛されるなか、お店が営業するのかを取材するためだ

まだわかりません
決めていないので

応えづらそうな女性店員
しかし、その視線はしっかりと取材記者を捉えている


続いて、記者は若者に人気の百貨店へ
いくつかの百貨店は土日の休業を決めているからだ

マスクをつけた女性社員が応える

売上も含めて数字としては厳しいところが出てきていますが、感染予防の意識付けが若い世代の方にも伝わればいいと思っています


別の放送局ではサクラが見頃を迎えた名所にカメラが出ている
ここ数日、恒例となった取材場所だ

マスクをつけた高齢のおばちゃん2人組が取材に応える

人は少ないと思って来たのに、意外に多くてびっくり
私たちはこうして(マスクを付けて)対策してるけど、若い人たちは(マスクもつけていないし、大騒ぎしていて)どうなんでしょうねぇ

お前が帰れよ!
お茶の間の皆さんがつっこんでいるだろう

 

[テレビ取材ではカメラを見てはいけません法]が制定されてちょうど10年
今ではすっかり定着して、誰も違和感を感じていない

法律ができてスグの頃
テレビで放送される取材映像を見て、違和感を感じた
なぜ、みんな"カメラ目線"しないんだろう?

テレビがこの世に登場して以来、アナウンサーは必ずカメラを見て話す
ニュースの場合、手元の原稿に目を落とすのだが、節目節目ではカメラに目線を送らなければならない。そう、放送局では指導してきた
「徹子の部屋」のような対談形式でない限り、インタビューを受ける側は"カメラに向かって話す"ことが、半ば義務づけられてきたのだ


テレビに映るには、良きにつけ悪しきにつけ何かを成し遂げなければならない
見るからに一生テレビに映ることはなさそうな一般の人
ここぞとばかり、カメラ目線でしっかり映りたいと思うはずだ
しかし、小学生の悪そう坊主から、大根畑のおばちゃんまで、誰もカメラ目線しなくなった

これは、何かあるな
初めのうちは、撮り始める前に「私を見てください。カメラを見ないでください。カメラを見たら撮り直しになるので」と釘を刺されているのだなと独りごちていたが、それだけではなかったのだ

この法律は内容が内容だけに、主要メディアは一切報道しなかった
一般にはほとんど知られていない
だから、カメラを回す前に取材者が、法律の条文を見せて説明する

NHKの受信料が「支払いの義務はあるが、罰則はない」と規定されているのと同様に「カメラを見てはいけないが、罰則はない」


最近では、事情を知っている人の中には、記者が説明しようとすると
あぁ"カメダメ法"ね、わかってるよ

2020年4月1日記す

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »