« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の31件の記事

2020年5月31日 (日)

♪親愛なる友よ

NHK連続テレビ小説(以下連ドラ)は、僕にとって掛け替えのない楽しみだ。
この連ドラのいいところは終わらないところだ。
もちろん1つのストーリーは半年のクールで終わるのだが、数日後には新たなストーリーが始まる。
人は死に向かって生きているのだが、連ドラは死んでは生き返り、永久の命を刻んでいる。そこには、いつもそばに居てくれるという安心感がある。

現在、放送中のストーリー「エール」では、僕のなかでいつもと違うことが起きている。
主演の窪田正孝は、2014年3月クールの「花子とアン」に出演しており6年ぶりの連ドラ登場。
だが「また出ている」という印象がある。
それは恐らく、子供の頃から「連ドラは1度出た人は出ない」という思い込みが形成されているからだろう。

「エール」を見続けていて窪田が好きになった。
そして、ヒロイン役の二階堂ふみのコミカルな演技がいい。
はじめは新人さんかと想っていたが、既視感があったので「Google先生」に尋ねてみたら「翔んで埼玉」に出演していた。
ご覧になった方ならば「金髪のズラを被ったヒロイン」でわかるだろう。

だが、違うことはそこではない。


連ドラは録画して見る。
アバンタイトルに続いて主題歌が始まる
ここでいつも「30秒スキップボタン」を押下
2020年3月以降は「NHK+」で見ているので「30秒」ボタンをクリック
それを2回繰り返す。月曜日は歌が長いので3回。
(ちょっと行き過ぎて10秒戻したりする)

ところが、今回放送中の「エール」では、違っている
福島県出身GReeeeNがこのドラマのために創った「星影のエール」
ちょっと聴いていたい

その理由は60秒ほどのオープニングの最後に来る

♪親愛なる友よ

この歌詞が心に迫ってくる
かつては親友と呼べる仲だったけれども、音信が途絶えたタカヒコ。
以前、連絡を取り合っていた時のメールが宛先不明で戻って来たのは、もう10年ほど前のことだ。

1年前、ふとしたきっかけで別の親友と時々、連絡をとりあうようになった。かつて、タカヒコを通じて知り合った友達だ。
彼に聞けば、近況を知っているかもしれない。
だが、尋ねることを躊躇っていた。
タカヒコには彼なりの事情があるのかも知れない・・・

ところが、最近、気が変わった
つい聞いてしまった
彼は今も元気に暮らしているらしい
僕らに縁があれば、再び何処かで出会うだろう

|

2020年5月30日 (土)

ブルーインパルスが東京の空を飛んだ日、Jリーグの再開が発表されて驚いたこと

昼休み、ソノギさんと久しぶりに会った。
互いに在宅勤務ですれ違いになり、きちんと話すのは一ヶ月ぶりだ。

「いつ、やるのぉ」
まだ、決まってないですよ。

「最初は、無観客?」
そうでしょうね

「柔道やレスリングは密着するのにね」
??
これは意味がとれなかった
ソノギさんは剣道の有段者で、日頃は子ども達に剣道を教えている
剣道は大声を出すために稽古は再開されていない。
防具の口の前に透明のガードを付ける準備を進めているという。

「1つ勝ってるんでしょ」
えぇ、1試合だけやりましたからね^^)

「それも入るんでしょ?」
^^;) それは消えて無くなったりしませんよ

公式戦で取った勝ち点が中断でリセットされてしまうという発想が僕にはなかった。


撮れた?
撮れた!
同僚たちが外から帰ってきて、写真を見せあいっこしている
どうやら、ブルーインパルスが飛んだらしい
知らなかったので、見逃してしまった

夜になってYou Tubeでブルーインパルスの飛行と、それに拍手を送る医療従事者達を見ていて、胸が熱くなった。

来年、東京五輪2020が無事行われたら、ブルーインパルスが飛ぶだろう。
開会式の時点で泣いてしまいそうだ。
閉会式の日には泣きたい気持ちになるだろうなと想っていたが、開会式、いや選手村の開村式でも感極まりそうだ。
別に僕が大変な苦労をしているとか、これから成し遂げるわけでもないのに。


Jリーグの再開が発表された!(6/27~)
その中でも次の2点に驚いた。

1,すべてのカードを組み直し
2,2節~42節すべての試合をおこなう

20クラブの総当たり×2、さらに当初は近隣クラブの対戦というパラメーターを勘案してやり直すのは気が遠くなる作業だ。
もしかして、そういうことをちゃちゃっとこなす「AI君」でも居るのだろうか。

4か月も休んでいたのに、これで全試合ができるとは想わなかった。
J1参入プレーオフ、天皇杯がない分、当初の最終節(11月22日)よりも1か月程度、長く日程がとれるのかも知れない。あとは五輪で休むはずだった1か月

いずれにせよ、ミッドウィークの開催も含む、過密日程には違いない。
選手を高いレベルでターンオーバーさせることができるチームは有利だ。
それが、我がV・ファーレン長崎であることを願う。

|

2020年5月29日 (金)

SONY スタジオ1980 は子供たちにとって反則のオンパレードだった

僕がベストのラジカセ、ゲットに向けて各社のカタログを精査してい当時、流行始めていたのがミキシング。

mixing
ミクシィをすることではない
音と音を混ぜることだ
レコーディング・スタジオで調整卓を操り、いくつもの音源を混ぜる(トラックダウンする)人をミキサーという。

糸居五郎のオールナイトニッポンやRKBベスト歌謡50の林さんみたいに、音楽を後ろでかけながら話すことに憧れた。

■ミキシング
ラジオ、AUX IN、マイクなどの音源をミックスして録音する機能
ラジオDJのように音楽に声をかぶせてオリジナルテープを作ることができ、プロの気分を味わうことができた


1974年発売のSONY「スタジオ1980」はレコーディングスタジオのミキサーコンソールを模した音量調節が付き、大人気を呼んだ。
僕はしらべるでこう定義している。

オーディオファン予備軍の子ども達を虜にしたラジカセ
A boombox that captivates the children of the audiophile reserve army

ラジカセは「ドラちゃん」(POCKETALK S ドラえもんEdition)によると boombox というらしい。そんなの聞いたことないなと「Google先生」にも意見を求めたところ同意見だった。
悪い!「ドラちゃん」一瞬、君を疑ってしまった。


スタジオ1980
■型番:CF-1980
■価格:42,800円

仕様
■サイズ:W376×H245×D106mm
■ラジオ:AM/FM 2バンド

1974年
スタジオ1980発売
1976年
スタジオ1980マークⅡ発売 43,800円
1977年
シリーズ最終型 スタジオ1980マークV発売 44,800円

 

スタジオ1980の魅力はミキシングコンソールもさることながら、最大出力3wで鳴らす16cmという大口径のウーファー(スピーカー)にあった。
そのスピーカーを強調する迫力満点のデザインは幼気な少年たちを、これでもかというほどいたぶった。

どーだ!
君の魂を揺さぶる音を聴かせるぜ
その音楽は君が作ったっていいんだぜ!

National クーガRF-877と並んで、スタジオ1980のデザインはまさに暴力的。その威力の前に僕らはひれ伏すしかなかったし、数十年の時を超え、今でもその偉容には畏怖の念が消えない。


当時、佐世保玉屋裏にあったSONYショップの店頭に、スタジオ1980の巨大な模型が展示されていた。記憶が確かならば高さ1mほどはあったと想う。僕は靴に釘を打たれたように、いつまでもその場から動けなかった。
(10分くらいで動いたけど)

つづく

|

2020年5月28日 (木)

僕らにはワウ・フラッターを語る相手がいなかった

キュー&レビューは上位機種に装備されており、カタログでラジカセを選ぶ時の「マストアイテム」といえた。
たとえばナショナルのカタログにラジカセが8機種紹介されていたとすれば、フラッグシップの1台、そこから魅惑の機能を外した少々廉価の2台程度まで。
"メインエベント"の馬場と、セミファイナルの鶴田、デストロイヤーまでといったところだ。高千穂や轡田には付いていない ^^;)


カタログで各機種を見比べる時、キュー&レビューと並び、デフォルトといえる機能がフルオートストップ。

■フルオートストップ
再生、早送り、巻き戻しが終わると自動的にボタンがキャンセルされ、電源が切れる機能
再生だけの場合はオートストップ
SONYだけはフルオートシャットオフという呼称を使っていた。

搭載以前のラジカセは、自分でストップボタンを押下しなければならなかった。
この機能の効能は、電気代の節約だけではなく、再生ボタンが押されたまま長い時間が経つとテープに負担がかかるためと理解していた。
ただ、それが何から得た情報だったかは思い出せない。
カタログにそこまでの蘊蓄は載っていなかったし、ラジカセ専門誌はない。中一コースなどの総合情報誌に載っていたのだろうか。
もちろん、インターネットはないし、周りに僕よりラジカセに「詳しい人」が居た記憶も無い。


ワウ・フラッターという言葉はよくわからなかった。

■ワウ・フラッター
モーターの回転ムラによる音のふらつき。%で表示される。数値が小さい方が高性能

カセットで音楽を聴いていた頃、すなわち1970年代は、ほとんどの歌謡曲がフェイドアウトで終わっていた。
このフェイドアウトの音がよく揺れた。
元々そういう曲なのかと想うほどだったが、もちろん、そんなはずがない。
モーターの回転が不安定なのか、テープが伸びているのか、原因はわからなかった。
それもワウ・フラッターで語ることなのか?それについて誰かと語り合ったことはない。周りに僕くらい細かいことが気になる友達がいなかったのだ。
今ならば、インターネットを通して全国のラジカセ仲間と語り合うことができただろう。
昭和の子供たちは、カタログが話し相手だったのである。


メーターの装備もデフォルト。
内蔵するラジオからの録音レベルは自動決定されるが、ステレオセットとつないでレコードを録音する時などは、針の振れが概ね0のところ(レッドゾーンの手前)に収まるよう調整する。
この作業は、録音中に部屋の蛍光灯を消したりしないことと同様、神経を使った。

当時ラジカセに搭載されていたメーターはVU(ぶいゆー Volume Unit)と呼ばれるもの。
後にカセットデッキに搭載されたピークメーターは瞬間のピークを表示。
やがてメーターがデジタルになり、ピークホールドで誰にでもピークが読めるようになった。

つづく

|

2020年5月27日 (水)

ラジカセのキュー&レビューで磨いた技術

シンちゃんが買ってもらったラジカセは、さほど高機能なものではなかった。
なぜわかるかと言うと、その時点で僕は主要メーカーのカタログを集めていたからだ。
父の引き出しに仕舞ってあるテレコにはラジオがついていない。
頼み込めば、譲り受けることはできるだろうが、それではエアチェックができない。

■エアチェック
ラジオ放送を録音すること
当時、レンタルレコード店はなく、おこずかいで買えるレコードは限られていたので(音質のよい)FM放送から音楽を録音することをこう呼んだ

テレコのお下がりで「おねだり聞いてもらう券」を1枚消費してしまうのは惜しい(そんな券は実在しない)
願いを叶えてもらうならば、2度と新しいものが欲しくならぬよう、ベストの1機を選ぼうと、陽水の「限りない欲望」で学習していた僕は、しっかりと情報を集めていたのだ。


上五島には青方にナショナル、有川にSONYのお店が一軒ずつあり、僕が住んでいた魚目(うおのめ)には電気屋さんがなかった。
2年前に訪れた時は、それがなんと魚目(浦桑)が上五島唯一の繁華街になっていて驚いた。それでも電気屋は青方にしかなかったが。

お店でもらって来たカタログを嘗めるように見た。
もしも、そのカタログを今も持っていたら、あちこちに涎をこぼした跡が残っているかも知れない。


まず、押さえるのは対応できる「録音」のバリエーション。
エアチェックだけでなく、立岡先生から借りて来るレコードも録音したい。

入力は「AUX IN」「MIC」の2系統が欠かせない。

■AUXiliary IN
外部入力端子
カタログに読みが書いていなかったので「おうくすいん」と心の中で読んでいた。間違えていたらかっこ悪いので友達には言わなかった。
今ならば「Google先生」に「AUX 読み」と聞けば良い。
だが、インターネット登場前の世の中は、周りに詳しい人がいなければ終わり。いかに「詳しい人」を多く確保するかが、昭和の時代のテーマだった。
他のラジカセ仲間も発音がわからなかったのだろう。
この端子については、互いに触れなかった。


シンちゃんのラジカセが"高機能ではない"と想った理由は、その機種がキュー&レビューを搭載していなかったからだ。
もちろん、それを口に出して言ったりはしない。
それは、新しいものを買ってもらった友達への最低限のエチケットだった。

■キュー&レビュー
再生中に[FF][REW]ボタンが頭出しボタンとして機能すること
ボタンを押下している間、ヘッドがテープに触れていて微かに音源の音が聞こえる
僕は集中して「キュルキュル」という音が「きゅーん」という曲の終わりのフェイドアウト部分に変わると素早く手を離す技術を磨いた。それは誰かにワザを自慢するためではなく、静かなる自分との戦いだった。

つづく

|

2020年5月26日 (火)

緊急事態宣言が解除された

もしも、僕が新橋の通行人だったら・・

新橋駅前のSL広場はテレビ取材のメッカだ。
酔っ払いのお父さんにアンケートを採ったり、とびきりのニュースがあった日「町の声」を拾ったり。
ほどよく賑わっているが、取材している後ろでピースするお調子者が群がって絵面の緊張感が失われるということもない。
各放送局からも移動時間が短い。
取材する側としては、とても都合の良い場所だ。
恐らく、地権者も手軽に撮影許可を出してくれるのだろう。


テレビ局の取材記者が、駅へ向かう僕を呼び止める。

記者
**(局名)なんですが「**ニュース」なんですけど、緊急事態宣言解除について取材をしているのですが、今少しお時間いただけないでしょうか?
(文章にすると変だが、人の話しことばなんて、だいたいこの程度である)


はい

記者
それでは、カメラの方を見ないで私の方を見て話してください

僕は「はい」と快く2つ返事。
たとえ相手がテレビ局ではなくても、僕は見知らぬ人に協力を求められた時、好感度の高い人を装う。
取材が始まる。


記者
緊急事態宣言が解除されました


あぁ、そうですね

記者
今のお気持ちを聞かせてください


え゛気持ちですか・・・
(5秒黙り込んでから)
今はとても、透明な気持ちです

記者
と、透明?ですか・・それは、どういう意味なのでしょう?


たくさん考えて、たくさん本を読んで、たくさん片付けをして
自分のこと、家族のこと、社会のこと
生き方、働き方、人との付き合い方
ゆっくりと考える時間があったので、とても考えが整理されて、すっきりとしているのかなと想います
それが、透明な気持ちということです

記者
ありがとうございました
いただいたご意見が放送で使われるかはお約束できないのですが、貴重なご意見をありがとうございます

僕は足早に立ち去りながら、独りごちる
だいたい、いきなり今のお気持ちってなんだよ
曖昧すぎるだろう。もうちょっと、工夫できないのかな。いったいその仕事何年やってるんだ?


テレビ局の記者はカメラを担いだスタッフに言う
「なんだ、今の?詩人気取りか?」
記者の前には、顔に「いかにも、大衆の言いそうなことを言うよ」と書いてあるおばちゃん2人組が待ち構えている。


これまでにテレビの取材を受けたことは何度かあるが、その映像が使われたことは一度もない。
テレビ局名が入った「取材お礼セット」はもらったけれど。

|

2020年5月25日 (月)

在宅勤務でテレビ会議に参加する

いつの頃からか、人生は「なにごとも経験」だと思っている。

誰かに在宅勤務を強要されていないし、会議にも出たくなければ出ないでも済む。

だが、こんな機会は滅多にない。
情報セキュリティと在宅勤務は、本来、相容れないものであり、今は緊急事態ゆえ、在宅勤務が許されている企業が多い。
この緊急事態が収まった時、ワークライフバランスの見直しとして、在宅勤務を取り入れる企業と、元に戻る企業に分かれる。
いずれにせよ、この機会に経験しておかなければ、後で良いとも悪いとも言えない。

経験していないこと、詳しくコミットできないことについて"想像でものを言う"のは「リアクション芸人」の生き方である。


その日、初めてテレビ会議に呼んでもらった。

会議前の確認は、まずは「音」の管理から
その日は初夏の日差しが降り注いでいたため、窓を開けて外の風を入れていた。
しかし、周囲の道路を走るクルマの音、風の音は意外に大きいものだ。
自分1人ならば、気にならない程度だが、それをマイクが拾うと、静寂な事務所で仕事をしている人たちには耳障りかも知れない。
窓を閉めて、エアコンを入れた。
在宅勤務ではアレクサに頼んでかけっぱなしにしている「カフェの音」も消す。

スピーカー、マイクのテストは、数日前に終えておいた。

Zoomを起動して、自分だけのミーティングを行いカメラテスト
映り込む範囲を確認する。
バーチャル背景を使うにはスペックの高い機器が必要であり、たいていのパソコンでは人の輪郭が崩れる。
それ以前の問題として、バーチャル背景は「オンライン呑み会」用のものだと思う。見る人によっては、緊張感を欠いているように映るだろう。

背景には本棚が映りこむので、思想信条がわかる本は片付けるというのは冗談で、ツッコミ処がないかを確認。
本棚のとなりに映ってはまずいものがあったので、ジャケットをかけて目隠し。

照明器具、カーテンなどで顔の明るさを調節。
顔が暗いので LEDライトで照らしてみたが、眩しくて耐えられないのでやめた。

それから、襟付きシャツを着用
白いシャツは画面が明るくみえてよい。
他の会議ではジャケット、ネクタイ着用の人を見かけたことがあるが、自宅で張り切っているその姿は、どこか微笑ましかった。
中には丸首のトレーナー、パーカーで登場する人もいる。
決して、ダメとは想わない。それぞれの考え方の違いだ。

最後に共有する資料のチェック
パワーポイントがスライドショーで動くことは確認済み。
共有資料は事前に開いておくと、スムーズに参加者に見せることができる。
一方で、共有しないファイルは邪魔なので閉じておいた。

|

2020年5月24日 (日)

中一時代 百恵ちゃんの万年筆

シンちゃんがラジカセを買ってもらった
シンちゃんは僕の家から50mほどの一戸建てに住んでいて、2階の僕の部屋からは、同じく2階にある彼の部屋が見える距離。

家が近いと言うこともあって、よく彼の家に遊びに行った。
彼の父親がどんな仕事を営んでいるのかは知らないが、その家が裕福であることは明白で、シンちゃんの個室に行くと、僕が欲しくても買ってもらえないモノがいろいろと置いてあった。


毎月「中1コース」が発売されると、僕はシンちゃんを訪ねた。
その雑誌にはアンチョコつまり教科書ガイドと言えるものが別冊付録で付いていたからだ。
今の子供たちが自動翻訳を使っているのかは知らないが、当時、英語の予習は子ども達の大きな負担だった。


中1コースというのは学研が発売する学年別月刊情報誌。
旺文社には「中1時代」がありしのぎを削っていた。

年が明けると、4月から中入(ちゅうにゅう)する生徒の囲い込みが両誌によって行われる。それぞれが中一誌の年間予約にプレゼント(景品)を付けて、小6生のご機嫌を伺うのだ。
それを看板となる芸能人が薦めるテレビCMが流されていた。
私の記憶が確かならば・・・
中入した年はコースが桜田淳子、時代が山口百恵
確か時代の景品は万年筆だったと思う。

僕はその頃、毎日、日記をつけていたのだが、別に万年筆でしたためたいというわけでなく、ただ「百恵ちゃんの万年筆」が欲しかった。
今と比べれば、当時はまだモノがない時代で、子供たちは未だ使ったことがないモノに飢えていたのだ。
景品は年を追う毎に進化を遂げ、後には小型ラジオなどもあったと思う。


この「年間予約」は、1年間の代金先払いといった厳格なものではなく、版元から書店には予約数が定期配本されるのだが、消費者側は事情により中止することができた。

1980年代後半には総合情報誌が売れない時代となり、1990年代に両誌とも休刊になった。
ちなみに「休刊」というのは事実上の廃刊を意味するのだが、雑誌コードや商標権を保留するため、つまり、万が一にも再刊することになった時に権利が維持できているよう、そう宣言される。
ただ過去40年間、休刊した雑誌が、その雑誌コードのまま再刊したのは記憶にない。

その日、シンちゃんの部屋に行くとナショナルのラジカセが置いてあった。

|

2020年5月23日 (土)

音楽の先生が貸してくれた「断絶」

中学校に上がって音楽と出会う。
それまでもフォーリーブス、スパイダース、Pygといったグループのレコードは持っていたが、おこづかいには限りがある。
保有している音源はとても少なく、たまにステレオで聴き、歌詞カードを見ながら歌う程度だった。

その日、音楽の授業が終わり、音楽室から教室に戻ろうとした時、音楽の立岡先生に声をかけられた。
「moto君、ようすい聴いたことある?」
その名前が、かすかに記憶に引っ掛かった。
確か、従姉妹のアツコちゃんが言っていた人だ。

僕が親戚の家に遊びに行くと、彼女はその時"はまっている"音楽について、僕を啓蒙する習慣があった。
ある時はディープパープル、ある時は南こうせつ、そして、その日は陽水。

「満員電車で床に倒れた老婆が笑うとってよ、詩のすごかろ~」
と言って、彼女はその秀逸さを力説した。
なんじゃ、そりゃと思ったが、尋常ではない人だということは伝わり、その違和感が記憶に残った。
(ディープパープルについて、何を説得されたかは覚えていない)


立岡先生から「家にステレオあるとよね?これ貸してあげるけん」といって手渡されたLPのジャケットには階段に座ったアフロ青年。タイトルは「断絶」とあった。
なぜ、学校に私物のレコードを持って来ているのか、それを生徒の僕に貸そうとするのか意味不明だったが、せっかくのご厚意なので僕は快く借り受けた。

今思えば、自宅にステレオセットがある家というのは、他にはあまりなかったのだろう。もしかすると、この記憶は僕のねつ造で、僕の方からレコードの貸与を要請したのかも知れない。
もう会うこともないから、いいだろう(笑)


「音楽」と出会った。
まとまった音楽という形に出会い、それが、習慣になるきっかけは陽水だった。
とここで、陽水について語りたいところだが、本題から逸れるので、後日の巻として、ラジカセの話しに戻る。


それまで僕の音楽習慣は、レコードをターンテーブルに乗せて盤面を傷つけぬよう慎重に針を落とし、聞き終えたら元の袋に仕舞うだけのものだった。
初めて借りて来たレコード。借りたものは返さなければならない。いずれ、聴くことはできなくなる。
この音楽を手元に残したい。されど、方法がない。
後に少々の知識を得た後ならば、ステレオのヘッドホン端子に変換アダプターを挿し、ミニプラグのコードでテレコにつないで録音するという手段を思いついただろう。

「断絶」を盤面に傷つけることなく、立岡先生に返すことができて、ほっとする反面、また聴きたい、もっと聴いていたいという思いが募った。

つづく

|

2020年5月22日 (金)

初めてカセットテープから音が出ることを知った日

父の引き出しで見つけたテレコが動かなかった日から、僕の好奇心は日増しに募っていた。
一ヶ月後のある日、もしかすると僕のやり方に誤りがあったのではないかと考えて、再び父の引き出しを開けた。

父は使っていないようで、テレコは1mmも動かず同じ場所にあった。
機械を取り出してコードをコンセントにつなぐ。
「EJECT」と書かれていただろうボタンを押すと蓋が開き、カセットを入れる。

今日は他のボタンを押してみよう
この間押した ▶ とは逆方向に向いている ◄◄ のボタンを押した

機械が動き出した・・
僕の手の動きにより、その機械は制御下に入った
世界が動き出した
さぁこれから、いったい、どれだけのことが始まるのだろう

この時の感動が、今も音楽とその再生機器に格別の好奇心を持ち続けている原動力だ。

わしゃわしゃと音を立てて軸が回っている
僕は固唾を呑んで見守る
大丈夫か、壊れたりしないだろうか
とりあえず、動きは一定のリズムで行われている。
小窓から覗いているのはテープらしきものだ。
初めは分厚かった右側が次第に薄くなるにつれて、左側の軸が厚くなっていく。右から左へ移動しているようだ。
よし、行けるところまで行こう。
ずいぶん長い時間が経った気がする頃、動きが止まった。
音が止まる。

■のボタンを押すと、他のボタンがキャンセルされることは既に経験している。
■を押下して、満を持して ▶ を押下する

人の声がした
音楽ではない
抑揚が安定した1人のナレーターが何かのテーマについて語っている。

その機械にはカセットを入れるスペースと音が鳴るスピーカー
そして、持ち運び用と思われる把手が付いていた。ラジオはついていない。録音用の内臓マイクやイヤホン端子があったかは覚えがない。
電池で使うこともできなかったと思う。

勝手に引き出しを開けていることがばれるので、父にこのテレコを譲って欲しいとは切り出せなかった。

カセットテープをこの機械に入れれば音が出ることを知った僕は、ここから急速にラジカセにのめり込んでいく。

つづく

|

2020年5月21日 (木)

父の引き出しにカセットレコーダーを見つけた

上五島に住んでいた時の職員住宅はとても狭くて、家族全員に個室がわたることはなく、僕は父と相部屋。
その部屋には父の書棚、机、SONYのステレオセット、そして僕の勉強机があった。
ただ、父は居間で仕事をしていて、その机に座ることはなかったので、いつも僕は1人だった。

僕は時々、父の机の引き出しを開けていた。
子供の頃、父の引き出しをこっそり開けたことが、誰にもあると思う。

そういえば、母や姉の引き出しを開けた記憶は無い。
異性に対しては、独自の規制がかかるのかも知れない。

父はあまり小物を多く持つ人ではなく、引き出しがすかすかだったが、どでかい電子計算機、何に使うのか意味不明な金属の道具などがゆったりと仕舞われていた。

ある日、父の引き出しに弁当箱よりはちょっと横長な物体を見つけた。それまでもそこにあったのかも知れないが、僕の関心がその方面に向き始めていて、その物体に強く惹かれたのだろう。

その物体には電気のコードがつながっていた。
僕はあたりの気配を窺いつつ、それを引き出しから出してコンセントにつなぐ。
スイッチを押してみる
かすかに何かが動いているような電気的な音が聞こえる気はするのだが、特になにも起こらない。

もう1度、引き出しをのぞいてみる。
そこには、ちょうどその物体にはまりそうな四角いモノが1つだけあった。
それはコンパクトカセット、いわゆるカセットテープだと後に知るのだが、自家用車のカーステレオは8トラック(通称8トラ)だったので、カセットテープというものを僕はまだ知らなかった。

話しが逸れるが、家族で出かけるといつも8トラックのテープで本田路津子やデュークエイセスを聞いていた。時々テープをカーステレオから取り出して掛け替えるのだが、このテープがいったいどういう仕組みで動いているのかがいつも謎だった(今でも謎なので、今度「Google先生」に聞いてみたい)


恐らく「EJECT」と書かれていただろうボタンを押すと蓋が開き、僕はそこに恐る恐るカセットを入れる。カチャッと音がしてそれはスペースにきちんと収まった。よし、これなら壊れることがないだろう。

「パパのクラリネット」(クラリネットをこわしちゃった)を聴いて育った僕は、父の備品を壊して、こっそり使ったことがバレるのを極端に畏れていたのだった。

スイッチを押した
何かが起きるのを待つ
しかし、なにも起こらない
もちろん音はしない(音が出るものだと知らなかった)

STOP と書かれているボタンを押すと、その前に押下したボタンが元の位置に戻った。
とりあえず、壊れなかったことに安堵して「まだ僕にはムリなんだ」と独りごちて、物体を元通りの場所に戻した。

つづく

|

2020年5月20日 (水)

長崎平和マラソンが「延期」と謳う2つの理由

長崎平和マラソンが「中止」ではなく「延期」という言葉を使った理由は次の通りと推察する。

【1】被爆75周年記念事業としての意味合いを残したい。

2020年が「被爆75周年」の年であり、2021年に開催すると「76周年」になってしまう。
「76」という数字はハレー彗星愛好家やレベッカファンの中には大好きな人がいるが、一般的に日本ではキリの悪い数字である。

末尾が「5」と「0」の日を五十日「ごとおび」(ごとうびではない)といい、日本ではこの日に決済を行う習慣がある。
「記念事業は5,0が付く年に行う法」という法律はないので、別に76周年でもいいのだが、そういうのは聞いたことがない。

5、10はキリのいい数字だ!
とすり込まれているので、日本では記念事業(anniversary)は5年区切りでやるものと相場が決まっている。


従って、今年の大会を「中止」と謳ってしまうと「被爆75周年記念事業」を中止したことになる。
次に記念事業を銘打てるのは2025年だ。
そこが次の理由【2】と絡んでくる。


【2】恒久か?1度きりか?決まっていない

近年、始まったマラソンの1回めが「第1回」と謳われたケースはない。
東京マラソンでさえ例外ではない。

2020年に初開催を予定している三重県唯一のマラソン「みえ松阪マラソン」も表記は「みえ松阪マラソン2020」であり、ホームページの何処を見ても、これが第1回であるとは書いていない。

長崎平和マラソンもこの例に漏れない。
大会名表記は「被爆75周年記念事業長崎平和マラソン」であり「第1回」「2020」といった「年次 anual」を示す文言は入っていない。

公式ホームページ>新着情報
には「年別アーカイブ」というリンクがあるが、これはマラソン大会ホームページのテンプレートであり、毎年やることを匂わせているわけではない。

つまり「2回め」の位置づけが決まっていないのである。
1回めを「中止」にしてしまうと、それで終わりということになる。
そこで「延期」と謳えば、次につながる。「延期」と謳わなければ次につながらない。


「延期」された2020年大会の申込者には、延期後大会の「優先エントリー」を検討していただけると聞いて、やはり「長崎平和マラソン」を走りたいと思った。
地元協賛企業の声を聞く限り、とても真摯な進め方をしておられて、好感を持っている。

本当は相浦の総合グラウンドをスタートして四ケ町を駆け抜け、ハウステンボスにゴールする「佐世保ハウステンボスマラソン」の実現を待ちたいところだが、まだ時間がかかりそうだ。

|

2020年5月19日 (火)

長崎平和マラソン「1年程度延期」

【重要】長崎平和マラソン 大会延期のお知らせ

5月18日、メール一覧にこの件名を見た時、落胆はなかった。
長崎平和マラソンの中止は、既定路線となっていたからだ。

5月1日に公式ホームページでは「5月いっぱいを目途に」「参加料の返金も含めた大会開催の可否について検討を進めている」ことが謳われていた。
全都道府県に発出された緊急事態宣言の期限が5月末という段階(その後、長崎県は解除)で「5月いっぱい」に決めるということは、中止ありきの検討であることは容易に想像がつく。

大会延期?

東京五輪かっ
2006年以降、マラソン界に入って以来、マラソン大会主催者が「延期」という言葉を使うのを初めて聞いた。

過去に開催を取りやめた大会が使っているのは大半が「中止」
それは、概ね、予期せず訪れる台風や地震という天災に起因している。

他は「休止」とするケース。
いびがわマラソンはコースの安全が確保されないことにより「マラソン=42.195km」を休止。ただし、10kmレースを開催する。


■長崎平和マラソンの延期発表(要旨)
・大会開催を当初予定日から1年程度延期する
・コロナが終息し開催が可能であると判断した時点で、開催日程を調整
・参加料の全額返金
・延期する大会への優先エントリーの権利付与


恐らく「1年程度の延期」先は、2021年11月28日(日)開催に落ち着くものと推察する。
公道を封鎖して行うマラソンは 警察、各省庁、地元企業との調整に多大な工数を要する。
「観光県」である長崎の場合、かき入れ時のイベントと時期を重ねることは難しい。
1度は話しがついた時期と異なる時期に行うことは、その調整を難しくするのだ。
また、マラソンの場合は「天気出現率」との兼ね合いもある。
1度「この週がベスト」と思って決めた時季ならば動かさない方が良い。


参加料の返金はもちろんありがたい。
優先エントリーの配慮があれば、参加を前提に先々のスケジュールを組むことができる。
何より、練習を始める前の中止決定は、なに1つ無駄にならず、とても助かる。


早速、前泊ホテルに予約のキャンセルを連絡する。手数料はかからない。
延期発表からさほど時間は経っていなかったが、すでに大会延期については情報が伝わっていた。
さすがに、2021年11月の予約は受け付けてもらえなかった。


つづいて、航空券を買ったANAのウェブサイトを確認。
早期購入チケットの場合、かなりの手数料をとられるところだが、最低限の手数料で済む様子。
特に記載は見つからないが、恐らく、コロナ特別対応なのだろう。
次に飛行機を利用する時も、必ずANAを使いたい。

つづき 長崎平和マラソンが「延期」と謳った理由

ど素人!マラソン講座

|

2020年5月18日 (月)

祈!National クーガRF-877 50周年の復刻

近藤麻理恵がベストセラー「人生がときめく片づけの魔法」の改訂版を【期間限定 無料お試し版】としてKindleで公開しています。
いつもならば一冊の本は数分、長くかかっても3日程度で読み終えるのですが、この本は14日かかっても、まだ70%止まり。
こんまりファンならば「なるほど」とわかってくれると思います。

そう、この本は1話読む度に「片付けスイッチ」が入ってしまうのです。

そのスイッチは「バッグスイッチ」といったモノに特化するケースもあれば「クローゼット」と場所に特化するケースに分かれるのですが、その日は「おもちゃ箱スイッチ」でした。

1997年から2005年頃まで、仮面ライダー、ミニカー、そしてあらゆるガチャポンと小物おもちゃを集めていたので、おもちゃ箱はそこかしこに散在しているのですが、その日は「SOFIA左」のおもちゃ箱。
「SOFIA」というのは、小物チェストに貼ってある商品名。記録を残す時に何処に仕舞ったと記すために、収納場所、あるいは家具に名前をつけたのです。
そのチェストはいつ何処で買ったかも覚えていないのですが、とにかく筐体に「SOFIA」とシールが貼ってあるのでそう呼ぶことにしました。「左」というのは、同じものが2つあるためです。


SOFIAの2段(上から順に数えることにした)には、ガチャポンが雑然と投げ込まれています。
その中に「クーガRF-877」のガチャポンがありました。

「クーガ」と聞いただけで、田中雅之の声が聞こえる人(仮面ライダークウガの主題歌・元クリスタルキング 声が高い方^^;)
そして、このナショナルのラジオが目に浮かぶ人がいると思います。

クーガRF-877(以下クーガ)は1973年にナショナルが発売したラジオ。FM、AMに加えて短波を聞くことができました。当時外国の放送局を受信して、その報告を放送局へ送り(郵便で)返信される「ベリカード」という受信記録証を集める「BCL*」という趣味がありました。
*Broadcasting Listeners

FMを聞く場合、指示棒のようなロッドアンテナをするすると伸ばして、ぐるぐる回して電波のいい角度を決めるのですが、中波、短波のアンテナは本体に内蔵されているので、ラジオを筐体ごと回して電波を探していました。
ところがクーガはアンテナを外部に出したのです。ジャイロアンテナと呼ばれるアンテナを起こして回すだけ。そのアンテナをぐるぐる回すことにどれだけ憧れたことか。

しかし、ウチには短波が入るSONYのラジオがありました。
「アンテナが外にあった方が、より外国の電波を拾える」という詭弁が通じたとしても「ベリカード?それは必要なんかね?」と言われた時の反論が用意できず、母にねだる前に断念しました。

僕が住んでいた上五島には青方に一件だけナショナルのお店があったのですが、内気だった僕は買いもしないのに「アンテナだけ回していいですか?」とは言えませんでした。


おもちゃ箱にあったのは「新タイムスリップグリコ第3弾」にアソートされた「ナショナルラジオ クーガーNO.7(RF-877) 」


ロッドアンテナは(タテ方向だけ)伸びるし、ジャイロアンテナは回る時のカチカチというクリック音まで再現(と言っても元の音をきいたことがありませんが)

2024年にはクーガ生誕50年を記念して、復刻してもらいたい。
インターネットで聞くラジオも便利だけれど、ジャイロアンテナを回して聞くラジオを聞きたい。
Panasonicさんよろしくお願いします!

ラジカセの話しにつづく ▶

|

2020年5月17日 (日)

緊急事態宣言の行方を待たずに中止を急ぐマラソン大会

一週間前(5月13日)の段階で中止を発表していたマラソンは7つの大会だった。

千葉アクアライン
つくばマラソン
いびがわマラソン*
しまだ大井川マラソンinリバティ
福岡マラソン
松本マラソン
横浜マラソン

この一週間で新たに3つの大会が中止を発表した。
発表日(開催予定日)

5月11日
金沢マラソン(10月25日)
下関海響マラソン(11月1日)
5月15日
さのマラソン(12月13日)

*いびがわマラソンは休止(コースの安全性が担保できないため)

これで33大会中10大会が中止。
さのマラソンは今年度のホームページ更新が中止発表となった。
(2019年は台風により中止、これで2年連続中止)
12月開催予定大会(さのマラソン)の中止は衝撃だ。


5月14日に非常事態宣言が解除された39県における中止大会は以下の通り。
日付は開催予定日

10月 4日 松本マラソン
10月25日 金沢マラソン
10月25日 しまだ大井川マラソンinリバティ

11月 1日 下関海響マラソン
11月 8日 福岡マラソン
11月22日 つくばマラソン

12月13日 さのマラソン


非常事態宣言が継続されている8都道府県(北海道 東京 埼玉 千葉 神奈川 大阪 京都 兵庫)の大会は以下の通り。

10月18日 ちばアクアラインマラソン
11月 1日 横浜マラソン


「非常事態宣言が5月末迄」という状況のなかで、5月中に催否決定を出すのは性急ではないのか?
それぞれの大会にエントリーを決めているランナーにすれば、憤懣やるかたない。

「今年はコロナだからしかたない」
という諦めの声が、ランナーの間から聞かれるようになった。
夏場から走り始める場合、健康面の不安もある。
練習初期は免疫力が大幅に落ちるからだ。

町にはコロナ外出自粛により、急に走り始めた人が散見される。
恐らく、急激に免疫力が落ちているはずで、ビギナーランナーのコロナ感染が心配だ。

ただ、それとこれとは話しが別。
主催者側はせめて、5月末の政府判断を待ってよいのではないか。
中止狙いの早期決定では、心にしこりが残る。
どうしても、その大会を走りたい場合は、また来年エントリーするだろうが「この県ではどっちの大会にしようかな」という選択肢がある場合、中止を急いだ大会は外したいと思う。

ど素人!マラソン講座

|

2020年5月16日 (土)

オンライン呑み会でしてはいけないこと

オンライン呑み会では、何を呑もうが食べようが自由
オフライン呑み会(以降、オフ)の食べ物は争奪戦ですが、ここでは自分のペースでOK!
夕飯を終えた後でお腹が空いていないという場合、何も食べなくてよい

「ネギマは1人2本ノルマね」
「さっきから、お前が食べてない」
「なんか食べてきたの?」

といった「無理強い」や「余計なお世話だよストレス」ゼロ!
他人の肉まで勝手に焼く「焼肉迷人」もココには居ません。


③身体的接触なし!

オンライン呑み会が流行始めた、そもそもの理由が「三密を避けること」ですから、接触のリスクがありません。
これはコロナがうつらないということ以外にもメリットがあります。

まず、触られることがない。
肩に軽くタッチして来る、呑み会になると急に手相占い師になるといった迷惑行為を受けることがありません。

また誰かの「口が臭い」ということがありません。
となりに座ったおじさんの口が臭いと地獄ですが、あなたの口が臭くて、他人を地獄に落としているかも知れない。
口が臭くて近距離で話すのに気が引けていても、オンライン呑み会ならば気兼ねなく参加できます。


【オンライン呑み会 NGトピックス】

オンライン呑み会では、着飾らなくて済みます。
最低でもトップスだけきちんとしていれば、ボトムスはステテコやジャージを履いていてもバレません。

女性の場合、化粧をする手間は面倒かも知れません。
女性が口紅を塗っているからと言って「お、気合い入ってるね」などと言ってはいけません。次から呼ばれないか、その会自体がそこで終わります。

すっぴんで映りたくない(顔出しNG)ならばカメラをオフにできます。その場合、音声だけの参加で構いません。
仕事のテレビ会議では、在宅勤務の女性が顔を出さないのは普通です。
「顔を出せ」と文句を言うのはおじさんです。
なにか特殊なWebサービスと勘違いしているのでしょう。


これは、zoomの場合ですが、常に1人しか話せません。
4人の参加者がいる場合、1人が話して3人が聞く。話し手が次々に交替していくのです。これはカラオケに似ています。
だから、一人で長時間喋るのはNG。
カラオケで「マイクを離さない」のと同じ行為です。

オフでは、4人が2人ずつに分かれて話すことができます。
誰かの話を聞きたくなければ、他の人と個別に話すことができます。
しかし、オンライン呑み会では、全員が発言者の話しを聞かなければならない。

オフの場合、最初に誰のとなりに座るかで勝負がつきます。
人気者のとなりは誰もが狙っていますが、人気者じゃない場合、早く席につくと、誰もとなりに座ってくれない悲哀を感じます。
オンライン呑み会では、そうした駆け引きが不要。

10回やってみた経験では、誰もがよく人の話を聞き、抑制された空間が生まれていました。
僕らがただ、歳をとっているからかも知れませんが。

おわり

|

2020年5月15日 (金)

オンライン呑み会 3大メリット

皆さんは、もうオンライン呑み会をやりましたか?
ここまで10回ほどやってみてわかったことを書きたい思います。

【事前準備】
どのテレビ会議システムを使うかですが、これはzoom一択です。
zoomの参加者は誰もが「もっと画像がカクカクするかと思っていた」と言います。
これまでにテレビ会議を見たり経験がある人ならば、コマが飛ぶような映像を想像すると思いますが、zoomはとても滑らか。
ただ、機器の性能に依存するので、これまでのところiPadが最も滑らか。つづいてパソコン。スマホは「カクカク」していました。


ここまですべて幹事としてオンライン呑み会をやったのですが、幹事の立場からすると、ずいぶん楽ちんです。

まず日時を決める時に最低でも自分以外に1人の日程が合えば、話しが決まること。
オフライン呑み会(以降、オフ)では全員の都合を合わせる必要があるし、都合の合わない人はそこで「欠席」扱いになります。
欠席者に「ドタ参歓迎するよ」と言っておいても、参加に転ずることは希。

場所を決める必要がないし、お店の予約も不要。
ドタキャン(当日欠席)があっても、キャンセル料が発生しないので、他の出席者に経済的なしわ寄せがない。誰にも迷惑がかかりません。

もちろん、途中参加、途中退出、中抜けOK。
主婦の場合「子どもがふろを上がった」といった家事で離れることも容易。

参加メンバーについては、日頃は「家を空けられない」など諸事情で出かけられない人も集まれます。
距離を問わないので、北海道から沖縄までいや、日本からブラジルまで、誰にだって声を掛けられます。


【オンライン呑み会のメリット】
メリットは大きく分けて3つあります。

①時間が短い!

オンライン呑み会は出かけないで済みます。
移動距離ゼロ。散会したと同時に帰宅。
終電を気にすることも、酔っ払いに絡まれることもありません。

移動時間がゼロというのもいいですが、短時間でキリよく終われることもグッドポイントです。
「20:00-21:00」というように開始だけでなく、終了を明確に謳うことがポイント。
終了時間が来たら、幹事が「それでは、そろそろ」と言って終わる。
余韻が残っていたら「次回も決めておきますか?」と水を向ける。

オフでは、お店の制限時間がない場合、3時間も4時間も続きます。
盛り上がるのはいいのですが、終わるとかなり疲れます。
中には「本当は早く帰りたい」という人もいるだろうし、そもそもそういう人が輪から抜けていくのだと思います。


②安い!

オフでは交通費も含めて3,000円が最低ライン。
オンライン呑み会では 炭酸水1本 85円で済みます(笑)

「おい、呑みが足りないんじゃない?」
「なに、烏龍茶のんでるの?」
「いっき、いっき!」←死語

こういった叱責、絡みはありません

つづく

|

2020年5月14日 (木)

モノを捨てる問題

コロナにより「家時間」が増えたことで、いま日本に「片付け」ブームが来ているという。
近藤麻理恵(以下コンマリ)は以前出版したベストセラー「人生がときめく片づけの魔法」を改訂版【期間限定 無料お試し版】として、Kindleで無料にしている。

2014年、この本を初めて読んだ時は、読書メモ欄に「DVDのケース、本をたくさん捨てた」と記している。

DVDのケースというのは、DVDディスクが入っていた空のプラケースだ。
ディスクは別の収納ケースに仕舞ったので用なしなのだが「いつか、誰かにディスクを渡す」時のためにとっておいた。
もちろん、そういう機会は一度も訪れていない。

それまで聖域だった本棚の本。
またいつか読むだろうと思っていた書籍。考えてみれば、読みたくなったらAmazonで古本が売っているし、たいていは図書館の書庫にある。
社会人になってから集め始めた雑誌の「創刊号コレクション」
初めのうち、いつか誰かに自慢しようと思っていたが、そんな相手は存在しないことに気づいた。それからは、どこかの図書館が「motoの創刊号コレクション」として引き受けてくれないかと思ったが、そういう例は1つあるだけで、それも、著名な蒐集家のためのものだった。


「人生がときめく片づけの魔法」を6年ぶりに読む。
ひとつの見開きを読み終える度に「かたづけスイッチ」が入ってしまい「そうだ!ブックピロー、捨てよう」となる。
Kindleは"前回の続きからちょっとだけ"という読書に向いている。
スイッチが入ったところで"本を閉じて"捨てたいなと思っていたモノにとりかかることができる。
ここではその「ブックピロー」を題材に挙げる。


LESELOTTE BookPillow
レゼロッテというメーカーが2012年1月に発売した"寝転がって本を読む"本の枕(ブックピロー)

Kindleが日本発売されるのは2012年11月なので、当時、僕の読書はすべて紙の本。
就寝時、肘をついて本を読むと肩が固まってしまう。
本を支える力を肩代わりさせて、疲れない姿勢をとるためのグッズはないかと思っていた時に、これを見つけた時は驚喜した。


マジックテープ(黒い帯状の部分)でスタンドと枕を付けて使う。

ところが、本には閉じようとする力があり、思ったようなポジションを取ることが難しかった。
当時はまだ「レビュー」で品定めするという習慣が世の中に根付く前。
実際の使用感は使ってみるまでわからない時代。

美しい造形、6,825円という出費が僕に「即廃棄」を躊躇わせた。
いつか使うかも知れない
いつかヒマになったらヤフオクで売ろう
恐らく、僕と同じ立場ならば、世の多くの人がそう思っただろう。


コンマリに尻を叩かれて「片付けスイッチ」が入った僕は最後の抵抗を試みる。
・周りの人に譲渡を申し出る
・ヤフオクに出品
・メルカリに出品
いずれも、コンマリがやってはいけないと言っていることだが、どれも不調に終わり「燃やすゴミ」となった。

8年間、H150×W310×D220mmの容積を占有していたモノは、1円も僕に家賃を払ってくれることはなく、時々「おい、お前、失敗しただろう」と古傷に塩を塗った。
6,825円の原価を少しでも償却できたとするならば、最後にこうして1日分の文章を書く題材となってくれたことだ。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

ジャイアントロボの想い出(5)

母はアーケードのおもちゃ屋で買ったジャイアントロボの話しを覚えていませんでした。
別にボケていたというわけではなく、人の記憶とはそんなものだと思います。今でもこういうことを書いていると、姉が「あんたはそんなことまでよー覚えとるね」と驚きます。

母に話しをした時、内心、母が「買いなさい」つまり買ってあげると言ってくれるのではないかという気持ちがありました。
ひと通り話し終えた時、母が山口弁で言いました。

「いくらかね?」

きたーーーーーーーーーーー
ではなく穏やかに、やはり、そう来るかと思いましたが、僕は買う気がないことを即座に伝えました。
もう大人ですから、無茶な買い物をするならば、自力でしなければと思ったのです。
母は、ちょっと残念そうに見えました。
久しぶりに子どもにおもちゃをねだられたようなもの。
既に大人になっているとは言っても、母からみれば子どもは子ども。
買ってやりたいと思った気持ちに、応えることも孝行だったのかと今ならば思いますが、その時は達観するにはまだ若く、母の厚意を言下に辞したのでした。


次の夏が来て、僕はまた「まんだらけ」に寄り、ジャイアントロボはまだあるかな?と確認しました。
僕の記憶が確かならば、翌年はまだそこに居たものの、その次の年にはもう居なくなっていました。
よかった、これでもう考えなくて済む。
ほっとする気持ちと残念な気持ちが入り交じりました。


数年後、ジャイアントロボはヤフオクに居ました。
写真ではありますが、僕が見間違うはずがありません。
確かにあの120円だったジャイアントロボ
値段は10,000円でした。

安い^^;)

現在、かつて120円、その後、10,000円となったジャイアントロボは、ショーケースの最前面に鎮座しています。あ、立っているか

セロハンの袋は未開封のまま
いつかまた転売しようと思っているわけではありません。
すべてのコレクターグッズは箱や袋から出して飾るのですが、これだけは例外。
袋に入ったまま、まだアーケードのおもちゃ屋の店頭にあった時の姿という設定^^;)のほうが、自分のなかでは価値が高まるのです。


2009年
民主党の金字塔「高速1000円」を利用して、クルマでかつて住んだ町を訪れました。
既におもちゃ屋がないことは知っていたのですが、アーケードはそのままのカタチで残っていました。

「懐かしいね」
これが母と最後の長距離ドライブ。
我慢強い大人でもぶーたれる人が多い、僕の車の助手席はとても低く狭く、母は「なんか、乗りにくいね」とこぼしていましたが、それでも行く先々ではとても楽しそうでした。





2009年、原作者 横山光輝の出身地、神戸市長田に「鉄人28号モニュメント」が作られました。僕は鉄人ファンではありませんが、その特異性に驚き神戸に見に行きました。

できれば、いつか、このとなりにジャイアントロボのプロップ原寸モニュメントが見たいと思います。

おわり

| | コメント (2)

2020年5月12日 (火)

ジャイアントロボの想い出(4)

ジャイアントロボ貯金の60円が貯まった日は、恐らく土曜日か日曜日でした。
なぜ、そう思うかというと、おもちゃ屋さんまで父がクルマで乗せていってくれたからです。
10円玉6枚が貯まった日、母から60円の補填を受けると、速攻でジャイアントロボを迎えに行きました。


我が家にやってきた「ジャイアントロボ」のおもちゃが、その後、どうなったのかは全く記憶がありません。
今ならば、開封前に写真を一枚撮るところですが、当時はフィルム代、現像代がかかる時代。父に「ジャイアントロボと1枚撮って」と頼む発想すらありません。
大事に抱いて寝た記憶はないし、何処にどのように飾っていたかも覚えていない。
そして、それをいつ廃棄したかも。

子どもの頃、大切にしていたモノを大人になって懐かしく思い出す。
誰でも1つや2つ、そういったモノがあると思います。
でも、モノの魅力は時を追う毎に色あせ、何処かで捨てられる。
あれは、いつ捨てたのだろう?
なぜ、捨ててしまったのだろう?
そういう経験がある人ほど、モノが捨てられないのではないかと近藤麻理恵さんに言いたいです。


時は2000年代
数十年が過ぎて、僕は大人になりました。
120円のジャイアントロボのことはすっかり忘れていたのですが、ある夏の日、里帰りの途中に立ち寄った天神の「まんだらけ」で再会します。

エレベーターを登り切った正面にあるガラスショーケースの中から、あのつぶらな瞳が僕を睨んでいる。
ひと目みてそれだと分かりました。
灰色淡色の筐体、しわしわのセロハン袋に入ったそれは、かつて僕が天ぷら代を貯めて、母に60円を足してもらったジャイアントロボ。
値段は15,000円でした。

大人になっているわけですから、15,000円はどうしても欲しければ出せない金額ではありません。でも120円だったモノに「思い出料金」を足したとしても「125倍」はあり得ない。
世の中には「大人買い」という言葉があります。資金力に任せて、かつて子どもの頃にはできなかったような次元の予算を投入することです(日銀かっ)
しかし、コレクターの世界に入って数年が過ぎていた僕には「モノの価値に見合わないお金は出さない」という決めごとがありました。
生産された時代が古く、残存量が少なくて値段は高騰しているが、造形そのものに魅入られるものがない。そういうモノには手を出さないと決めていたのです。

それでも1分間、立ち止まって動けませんでした。
フロアを一周してから、もう一度、ジャイアントロボと対峙しましたが、決心は変わりませんでした。


6時間後
特急みどり号に乗って佐世保に戻った僕は、母にその話をしました。
かつて、おやつ代わりに天ぷらを買っていたこと、僕がほしがったおもちゃに60円を足してくれたこと。
それと同じモノを博多で見かけたこと

つづく

|

2020年5月11日 (月)

ジャイアントロボの想い出(3)

ジャイアントロボが手に入ることを思えば、天ぷらを我慢することはなんの苦でもありませんでしたが、新たな悩みが持ち上がりました。

なくなったらどうしよう

お店に並んでいたジャイアントロボは一点限り。
60円が貯まるまでの間に売れてしまったらどうしよう・・
子どもですから「取り寄せ」という言葉はまだ知りません。
一般的な商品はメーカーがある程度の在庫を持っていて、注文して在庫があれば取り寄せることができるという経済の仕組みを知るのは、ずっと後のことです。

今の歳までくれば、無くなってしまったら縁がなかったのだと諦めるという達観ができるし、インターネットが発達した現代では「本当に欲しいと思っていれば、それはいつか必ず手に入る」という確信もあります。
しかし、子どもの僕は気が気じゃない。

来る日も来る日も、まだそこにジャイアントロボが居るかを確認するのが日課となりました。
何も買わないのに在庫チェックに入店するほどのふてぶてしさはなかったので、通りすがりに店の外から一瞬で見極めていました。

僕はなぜか「前借り」という言葉を知っていたので、なくなったら困るから120円前借りさせてと頼む知恵はあったのですが、それが母の逆鱗に触れて、この「60円補填」提案がご破算になることが怖くて言い出せませんでした。
無駄遣いせず、貯金すれば欲しいモノに手が届くという経験を、母は僕に積ませたいのだ。その流れにのった方がいいと考えていました。
その判断は正しかったと思っています。


ここでジャイアントロボについて少し
ジャイアントロボは横山光輝が生んだ巨大ロボットです。
「鉄人28号」と同じ作者です。

1967年
「少年サンデー」で漫画連載

1967年
テレビで実写版放送
<全26話>と当時のテレビ番組としては短かったため、テレビ放映が進むにつれて多様に展開したウルトラマン、仮面ライダーのような人気の広がりはありませんでした。
(仮面ライダーは1号、2号編までで全98話)

1992年
アニメ「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」制作

1998年
ガシャポンHGシリーズ「東映ロボット列伝 全6種 HG フルカラー フィギュア」にジャイアントロボがアソートされました

◆アセット内容
ジャイアントロボ、カラミティ、GR2、ワンエイト、大鉄人17、大鉄人17(要塞モード)
ガシャポンサイズのジャイアントロボはこの1点だけしか発売されていません。


2002年
セガプライズ「ハイグレードフィギュア ジャイアントロボ」
(高さ31cm)がゲームセンターに登場
この頃、既にプライズ(ゲーセン景品)はコレクターショップでも販売されており、UFOの腕に自信がない人はショップで確実に入手できるようになっていました。当時実勢価格は1,500円程度

かつて120円のジャイアントロボに驚喜した僕にとって、これだけの品質のジャイアントロボが、この値段で手に入ることにデフレを感じたものです。

2010年7月(2013年7月再販)
「特撮リボルテック SERIES No.009 ジャイアントロボ」発売
■全高:約135mm
■可動箇所:18
■価格:2,715円(税別)

確認したところ、この商品は現在もプレ値で販売されていました。

つづく

|

2020年5月10日 (日)

マラソン返金なしを非難した人たちのおかげで、ランナーの走る機会は失われる

4月20日の段階で「千葉アクアライン」「つくば」が中止を決めていたが、その後も「秋マラソン」の中止が止まらない。
日付は発表日( )内は開催予定日

4月28日
しまだ大井川マラソンinリバティ(10月25日)
福岡マラソン(11月8日)
5月1日
松本マラソン(10月4日)
5月8日
横浜マラソン(11月1日)

これで33大会中7大会が中止。最も近い大会でも「5か月前」という異例の早さでの中止決定である。


コロナの収束がいつになるかは不透明だが、それを見極める時間はまだ残されている。
にも関わらず「中止を急ぐ大会」が増えた原因としては次の3つが考えられる。


【1】早く中止を決めれば、参加ランナーは方針が立てやすい

ランナーは大会に向けて練習する。多くのランナーは大会前数ヶ月の「メニュー」を持っている。中止が早くわかっていれば「メニュー」を始めるか否かの判断ができる。

過去において、マラソン大会が中止になった理由は概ね「天災」
台風や地震は事前に予定がわからないので、当然、中止は直前に発表されてきた。
突然の中止に際して、ランナーがきついのは「返金なし」よりも「準備の成果を問う場がなくなる」こと。
中止が半年前にわかっていれば、気持ちの切替がしやすくなる。


【2】懸案から解放される

開催を視野に入れている限り、開催準備、開催可否の検討を続けなければならない。
中止を決めれば、懸案はなくなり、それに充てる人員が解放される。


【3】「返金しないのはなにごとか?」という世間の批判を畏れている

マラソン大会がこれまで中止でも返金できなかったのは、既にお金を使ってしまっていたからだ。

東京マラソン財団が公表している2018年大会のケースでは、参加ランナー一人当たり 54,800 円の費用がかかる。
(当時ランナーが支払う参加費は10,800円。スポンサーが居てこそ、この大会は成り立っている)

54,800円の内訳
・競技大会運営費 16,970 円
・設営関係費 13,820 円
・警備・安全対策費 13,360 円
・広報費 6,860 円
・エントリー関連経費 3,790 円

大会当日や事後に初めてかかるものは、ほとんどない。
従って、台風や地震で直前に中止が決まった段階では、支出し終えており(支払いを踏み倒さない限り)ランナーに返すお金は残っていない。

それなのに、東京マラソン2020の中止後、参加費が返金されないというニュースを知ると、まず、テレビによく出る大学教授や芸人が「いかがなものか」と口火を切り「我が意を得たり」とSNSユーザーが乗っかって「金返せ」の大合唱となった。


「東北・みやぎ復興マラソン」「長崎平和マラソン」は「返金を含めた開催可否の検討中」であると発表している。開催に向けた支出をする前ならば、既に集めた参加費を返すことができるからだ。
ランナーは金が戻ってくることが最重要ではない。大会開催ありきの粘りを求めている。

もしも、理由が【3】の場合「マラソン返金問題」を非難した人たちのおかげで、ランナーの走る機会が失われたということになる。
いい迷惑だ。

ど素人!マラソン講座

|

2020年5月 9日 (土)

ジャイアントロボの想い出(2)

おやつと言っても僕がよく買っていたのは「ニシムラ」に売っている天ぷらでした。
エビや春菊が入っていて「こちら塩で召し上がってください」というアレではありません。
九州山口の方ならわかると思いますが、天ぷらといえば角天のことです。
魚のすり身を揚げて四角く成形すると角天。丸くすると丸天。

 



関東では売られていないため九州の人が「天ぷら」と言っても関東の人には通じません。
僕が「天ぷら」について説明すると、関東の人は「それはさつま揚げだよね」と言います。
確かに似てはいるのですが、さつま揚げには、野菜や魚介類などの具が入っているのに対して「天ぷら」には具は入っていません。

九州では「まる天うどん」と言えば、この丸い天ぷらが乗ってきますが、関東で「まる天うどん」と言うと丸いかき揚げ天ぷらが乗ってきたりします。

「天ぷら」は焼いても生のままでも美味い。
僕がそうだったように子供のおやつ代わりから酒の肴、弁当のおかずにも好適。現在は 角天3枚が98円。九州ではたいていのスーパーで売られています。
うどんに乗せるとうまいんだ、これが


ニシムラのおばちゃんに天ぷらを油紙で巻いてもらい2円のおつりを受け取ります。
1枚8円です。僕はこれを4日繰り返して5日めには、2円ずつ貯めた「天ぷら貯金」を投入して「2枚買い」に打って出るわけです。
2枚の日は興奮しました。
恐らく、そんなささやかな楽しみのことは母に話したことがないと思います。話したところで「それかね、ゆっくり味わって食べり」といった共感が得られるとは思えませんでした。


従って、120円のジャイアントロボが欲しいとねだっても「ええよ、買おといで」と即答が返ってくることはない。
「ムダなモノに出すお金はない!」と一顧だにされないだろうと思っていたのです。

天ぷらを6日我慢して10円ずつ貯めると、残りの60円を出してくれるという提案。幼い僕は母が菩薩に見えました。
いや、当時、菩薩という単語は知らないので、地獄に仏・・
半信半疑ながらも、じゃ明日から貯めるねと即答したのでした。

つづく

|

2020年5月 8日 (金)

ジャイアントロボの想い出

僕と母の思い出話です

僕が子どもの頃「ジャイアントロボ」という特撮テレビ番組がありました。
とは言っても、僕はリアルタイムでそれを観たことがありません。
なぜならば、ウチではテレビを見られる時間がとても限られていたからです。
テレビを観られるのは夕飯を食べながらの午後7時から8時まで。
それ以外は母に申告して、特別に認められたものに限ります。

従って"動いている"姿を見ることができたヒーローは「仮面ライダー」と「帰ってきたウルトラマン」のみ。
ただし「帰ってきたウルトラマン」の方は姉が見る「エースを狙え」と放送時間がかぶっていたので2週に1度でしたが・・

それでも、ある日、たまたまつけたテレビに映し出された「ジャイアントロボ」の造形は一瞬で僕の心を捉えました。
当時、他には「鉄人28号」などもあったのですが「ジャイアントロボ」の何を考えているのかわからない黒い瞳に魅入られてしまったのです。


子どもの頃に住んでいた盆地の町には商店街と呼べるものはありませんが、町に一カ所だけアーケードがありました。

佐世保の親戚の家に遊びに行った時「四ケ町」というそれは広大なアーケード街があり、それに憧れていた僕は、我が町唯一のアーケードを通る時はちょっと心躍るものがあったのを覚えています。
アーケード内にあるお店は果物店、洋服店など数えるほどでしたが、その町唯一のおもちゃ屋さんがそこにありました。


ある日、お使いで町へ出た帰り道、通りかかったおもちゃ屋さんで僕はそれを見つけてしまいました。

「ジャイアントロボ」セルロイドのおもちゃです。
色は灰色、彩色はされていませんでしたが、ウチのテレビは白黒だったので違和感はありません。ジャイアントロボに色が着いているのを知ったのは、大人になった後。
値段は120円でした。
もちろん、昔ですから、消費税はありません。


帰宅した僕は、お使いで買ってきた豚バラ肉を渡す時、ダメ元で切り出してみました。
それまでヒーローのおもちゃは何も持っていなかったし、母が首を縦に振るとは思えなかったのです。
ところが、母の答えは意外なものでした。

「毎日10円ずつためたら、半分は出してあげてもええよ」


僕は毎日のおやつ代として10円をもらっていました。
1ヶ月分前渡しではなく「日払い」です。
その10円を受け取ると、近所の「ニシムラ」や「ハラダ」といったお菓子を売っている雑貨店に行き、おやつを買うのです。
当時、たいていのお店は「ドリーム」とか「ハッピー」とかではなく、こうした店主の名字そのものに「商店」が付くものが大半でした。
「マツオ文具」「タナカ書店」「フクモト菓子店」「ヤマガタ精肉店」といった具合です。例示にしてはちょっと多いですが・・

つづく

| | コメント (2)

2020年5月 7日 (木)

外音(そとおと)と音楽の協奏を楽しむイヤホン

スゴいなこれ。当たりだ!

それは「外音取り込み機能」
(そとおと)と読むのだと思う。
左右のヘッドホンに内臓のマイクで周囲の音を取り込む。
ON/OFF切替。ONの時、3段階に取り込む音の大きさを切り替えることができる。

外音ONの状態で電源を入れると
窓の外の風の音、PCスピーカーから流れている音楽
あらゆる音が飛び込んでくる
使っていなかった神経が覚醒する

どうしたんだ?いったい
そうか、マイクで拡声しているので元音(もとおと)よりも大きいのだ。
イヤホンを耳にかけている人を傍からみると「こちらの音は聞こえてないな」と思うが、実際には大きく聞こえている。

会社のロビーを出る時は、スイッチをONにした後、音楽はONにせず、外音だけを聞いている。そうすれば「お疲れ様」とかけてもらった声が、きちんと耳に届く。


電車に乗ると、加速音、ブレーキ音、そして「次は品川」といったアナウンスが音楽と協奏する。
オーディオ小僧だった頃、ラジカセで試みていた「ミキシング」に近い。
これは、外音を排除する発想とは対極にある。

数万円もするようなイヤホンを寵愛する人たちの中には「ノイズキャンセリング」性能を重視する人がいる。
リアルな空間で「いい音」を聴くには、防音を設えた専用のオーディオルームと数十万円もする大型スピーカー、アンプが必要だが、現代住宅事情ではそれを手にできる人は限られている。
だから、高性能イヤホンで「いい音」を実現したいという気持ちはわかる。

外音と音楽の協奏
今は新鮮に楽しんでいる


購入前のラスト1マイルだった「ホールド感」は、まったく問題がない。
むしろ、とてもいい。
こんなにいいとは思わなかった。

ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」購入に傾いていた時、内心不安に思っていたのは、満員電車の降車時、誰かに当たって落ちてしまうことだった。
床に落ちれば拾えばいいが、ホームとの隙間に落ちてしまったら一大事。
「NW-WS623」にはそうした心配がまったくない。


充電は付属の専用USBケーブルでパソコンからおこなう。
コンセントに挿すアダプターは付いていない。
市販のアダプターを使えば、コンセントから充電できると思われるが、まだ試していない。

電池は3日もつので、充電の度に「Music Center for PC」でプレイリストの曲を入れ替える。

プレイリストは4つ
「英会話」
オーソンウェルズのラジオドラマ「宇宙戦争」
「朝」
曲調が爽やかで、聴いた時に明るい気持ちになる曲を選ぶ
「落ち着く」
自律神経を整える音楽を集める
「帰宅」
心穏やかに1日を終えるに相応しい曲を選ぶ


これまで、使っていなかった通勤の2時間が「音」を聴く時間にアサインされて一ヶ月、既に生活の一部になりつつある。

|

2020年5月 6日 (水)

メーカーへの信頼を超える仕様 NW-WS623

そうだ、英会話しよう!
と決めてイヤホンを選んでいるうちに、東京五輪2020が延期になった。
その後、スポーツボランティアについては、延期後の大会でも役割を維持すると連絡があった。
突貫3か月でやるはずだった英会話学習の時間は1年増量された。


SONY担当者に勧められたとはいえ「NW-WS623」購入決断には最後の1マイルが残っていた。それはあの独特な形状だ。
果たして僕の耳に頭にフィットするのだろうか?
そこで、電気店に出向いて試着することにする。


時はまだ緊急事態宣言が出る前だが、大手量販店はとても空いていた。
いつもならば「店員さんが少なすぎるよ」と思うのだが、すぐに手の空いた店員さんがみつかった。今日はじっくり付き合ってもらえそうだ。

幸い店頭には「NW-WS623」が展示されていた。
これ試着していいんですか?
と尋ねてから耳にかけてみる。
右側はしっかり整った。
しかし、左側がすぐに外れてしまう。
いつもならば、諦めモードに入るところだが「買いたい」気持ちが押し返す。
三度めのトライでなんとか左側もしっかりホールドできた。

後で思うに、この時左側がすぐに外れたのは、盗難防止ワイヤーが引っ張っていたのだ。
実際に使い始めてからは、一度も外れることはない。
これまでマラソン・レースでは、イヤホンがレース中に外れないよう、セラポアで耳にテーピングしていた。
一ヶ月ほど使ってみて、歩行時に「NW-WS623」が外れる心配は皆無。
これならば、レース本番でも使えそうだ。


使い始めてみて、とても驚いたのは、ボタンを操作すると英語のアナウンスが入ることだ。

「power on」電源オン!
「play playlist」プレイリストを再生しますよ
「repeat play」リピートモードです
「Bluetooth on」Bluetoothオン!

イヤホン本体の操作ボタンを視認することはできないし「ちょい押し」「長押し」によって機能も異なる。
電源はきちんと切れただろうか?
今、自分がどのモードで使っているのか?
これを女性外国人の方が教えてくれる。

なんと、すばらしい仕様なのか?
こんなこと、カタログに書いてなかったぞ
念のため、今、SONYの商品紹介ページを見てきたが、やはり書いていなかった。
商品を買う時、このメーカーならば「これくらいのことは当然できるだろう」という信頼を抱いているが「NW-WS623」は期待以上だった。

つづく

|

2020年5月 5日 (火)

完成度が高い ウォークマン内臓イヤホン NW-WS623

オーソンウェルズのラジオドラマを通勤で聴くという僕の英会話修得プランは「WF-SP900」がダメならば断念しようと、断念の理由まで考えてあったのだが、急転直下、先につながる。

SONYからのお勧めで購入した「NW-WS623」
この製品の存在は承知していたのだが、以前にこのシリーズの初期品を見送った時の悪いイメージが残っていた。恐らく、薦められなければ買わなかったと思う。
結論からいうと、スゴクいい
SONYさん、作ってくれてありがとう。薦めてくれてありがとう である。

NW-WS623
■ヘッドホンのみで音楽が聴ける
■Bluetoothヘッドホンとして、スマホの音楽も聴ける
■購入時実勢価格:13,700円
■発売:2017年6月


■電力
・USB充電(専用アタッチメント付属。ACアダプターは付属しない)
・フル充電時間:実測1.8時間(カタログでは1.5時間)
・充電中:本体ランプ黄点灯→完了:緑点灯
・連続再生:12時間(ウォークマンとして使用・外音取込オフ)
外音取込オン(モードA)の場合 7時間程度
実際には外音取込オン(モードA)で3日はもたない程度(断続使用7時間)
・電池切れ:前触れ無く「low battery」とアナウンスが入り電源が落ちる・使用中、インジケーターが 緑・黄色にゆっくり交互点滅すると「残量が少ない」とわかる。十分な残量があれば緑の点滅。

耳に付けた状態では前触れ無く電源が落ちるので、2日めを終える時「そろそろかな」とインジケーターを確認するようにした。


■音楽(SONYは「ウォークマン」と表記している)
・本体に4GBのメモリー搭載(128kbps→約920曲)
・「Music Center for PC」で転送する
・「x-アプリ」「iTunes」でも転送できる

従前のウォークマンは「Music Center for PC」からプレイリストを送ることができなかったため、旧版のソフトである「x-アプリ」を愛用している。
SONYはソフト(SonicStage>x-アプリ>Music Center for PC)に合わせてハードを変えて行く。
(ソフトに合わせてハードを変えている?)
旧いソフトと新しいハードは相性が悪い(できないことがある)
ウォークマンと周辺機器(外部スピーカー)にも一部機能の非対応がある。
少し古めの周辺機器を買うために、あえて旧いウォークマンを買ったこともある。

「x-アプリ」からは「NW-WS623」にプレイリストを転送できなかったので、これを機に管理ソフトを「Music Center for PC」に切り替えた。
Ver.2.2.1は従前の同ソフトと比べても、大幅にインターフェースが変わっており、初めは戸惑ったが、すぐに慣れることができた。

「WF-SP900」はスマホアプリ「SONY Music Center」によって、スマホで遠隔操作できるが「NW-WS623」はスマホアプリに言及しておらず、使えないものと理解している。

つづく

|

2020年5月 4日 (月)

買う気持ちが固まった後のメーカーの意外なひと言

「指名買いが決まったあとにすること」
最後は、クチコミでネガティブな情報がないか?

SONY「WF-SP900」のクチコミを見ていったところ「本体で電源がオフにできない」ことが論われていた。

仕様
・イヤホン本体に電源スイッチがない
・充電ケースの出し入れでON/OFF

クチコミでは「電源オフにするために、専用ケースを持ち歩くなんてあり得ない」というわけだ。
確かにそれは僕もそう思う。

僕の場合、1日の使い方はこうなる

フル充電状態から
▼朝1時間 プレーヤーモードで音楽を聴く
 3時間放置(電池消耗)
▼昼1時間 プレーヤーモードで音楽を聴く
 4時間放置(電池消耗)
▼朝1時間 プレーヤーモードで音楽を聴く

使っていない時も電源オフできないために、1日の途中でバッテリーが終わってしまうのでは、僕のニーズは満たされない。

せっかく、絞り込んだのになぁ・・
諦め切れない僕は、上記の使い方をそのまま書いて、SONYに尋ねたところ、すぐに回答がきた。

回答の要点
■耳から外すと自動で電源オフ
■耳に装着すると電源が自動でオン

つまり、ケース(充電台)を持ち歩く必要はないということだ。
クチコミ情報には、いろいろな属性がある。
メーカーが迅速に応えてくれるのはありがたい。
よし、決まりだ!
と思った時、メールの最後に次の文章があった。

(以下引用)
「但し、電源オンオフができるタイプの製品をご検討いただくほうが安心です。
この場合、NW-WS620シリーズをご検討いただけると幸いです。」
(引用ここまで)

NW-WS620シリーズには、内臓メモリーが「16GB」「4GB」があるが、いずれも今回問い合わせた「WF-SP900」より安い品だ。
僕のニーズを見て、あえて安い品を薦めてくれた。
僕はSONYの真摯さに敬意を表して、NW-WS620シリーズへの方向転換を決めた。

つづく

|

2020年5月 3日 (日)

指名買いが決まったあとにすること

SONY「WF-SP900」は音楽が入れられるワイヤレスイヤホン
カタログスペックの中に未経験の仕様があった。

■アンビエントモード
本体にマイク内蔵(本体ボタンでON/OFF切替)
ランニング中にクルマや自転車が近づいてくる音、駅のアナウンスなど、周囲の音も聞こえる

これはいいと思う。マラソン練習(一般公道ラン)で使うつもりはないが、通勤では近づいてくるクルマの音が聞こえるのはイイ

よし、気に入った!これで行こう
とはならない。
ここから先は「指名買いが決まったあとにすること」がある。
30年前ならば、何も為す術がないので、そのまま店に向かった
20年前ならば「何処が安いか」をネットで探した
そして10年前からは次の3項目だ。

1.類似品(後続製品)は出ていないか
2.どこで買うのが安心か
3.クチコミでネガティブな情報がないか


1.類似品(後続製品)は出ていないか
Amazonには「こちらの商品には新製品があります」というリンクが表示されることがある。
今見ている商品を「旧型」に追いやった「新型」が別にありますよ。チェックしませんか?という情報であり、これは親切だ。
大概の場合、新型の方がより高機能であり、相対的に価格も下がっている。つまり今時、猫杓子の「コスパがイイ」というやつだ。

「WF-SP900」は2年前のモデルであり、新型お勧めリンクがあったのだが、2019年以降の製品には「プレーヤーモード」が搭載されていない。
音楽内蔵イヤホンというニーズがなかったのだろうか?
この時はそう思っていた。


2.どこで買うのが安心か
家電品の場合、初期不良や不具合に対応してくれるかがポイントになる。
Amazon、ヨドバシドットコムの安心感は群を抜いている。
SONYの場合は、SONY直販も候補になる。
概ね直販サイトはメーカー希望価格で売るため、相対的に価格が高めになるが、SONYは品によってはダイナミックに価格を変えている。

つづく

|

2020年5月 2日 (土)

「カタログには出ないポイント」

「音楽内臓 イヤホン」というキーワードで「Google先生」に尋ねたところ、彼の持ちネタはそれほど多くはなかった。
価格は安いものは7,800円、高いものは23,000円。ずいぶん幅がある。

まずは安いもので事足りるか?を検討するのだが、音楽形式がMP3のみとなっており、そこで外した。それは数年前、SONYのイヤホンを切り捨てた理由と同じだ。


電化製品には「カタログには出ないポイント」というものがある。
充電式の製品全般には、スペック表記されている「連続使用*時間」が「1日1回使用ならば何日なのか」だったり「バッテリーが何ヶ月(何年)くらいでへたってくるのか」ということがある。

ウォークマン(電子音楽プレーヤー)を選ぶ場合、パソコン音楽管理ソフトとウォークマンの間で"今できていること"が、引き続きできるかどうかがある。
基本的なことをいえば、音楽がファイル形式を変換せずに転送できるかであったり、音楽管理ソフトで作ったプレイリストがそのまま転送できるか?といったことだ。

そのようなカタログに書いていない情報は、インターネット上の「クチコミ」が頼りだ。カカクコムのクチコミやAmazonに書かれているレビューがそれに当たる。
しかし、大概の場合、僕のチェックポイントは既存ユーザーの皆さんとはずれているようで、探している情報がみつからない。

そうなると「えいやっ」と1990年代の情報システム担当者が言っていたような思い切りで決めるしかない。
つまり「これくらいのことは当然できるだろう」とメーカーを信頼するということだ。
この信頼は外れることもあるが、期待以上に返ってくることもある。

その点でいくと、現在使っているウォークマン&x-アプリ(音楽管理ソフト)と同じメーカーのSONYで「WF-SP900」が一択となった。


WF-SP900
実勢価格:21,573円
発売:2018年

■電力
連続再生:プレーヤーモード(Bluetoothオフ)最大6時間
フル充電時間:約2.5時間
方法:USB充電(専用ケース使用)

■音楽
(SONYは「プレーヤーモード」と表記している。この商品には「ウォークマン」という名称を使っていない)

本体に4GBのメモリー搭載(128kbps→約920曲)
「Sony Music Center for PC」から音楽を転送
スマホに「SONY Music Center」(Android/iOS)を入れれば、そこから好きな曲を選んだり、遠隔操作ができる(Bluetooth接続)

いわゆる「ワイヤレスイヤホン」
それに音楽が入れられる。
スマホアプリで操作できるというのは、スマホがリモコン代わりになるということだろう。それは新しい経験であり、興味をそそられる。

つづく

|

2020年5月 1日 (金)

英会話用イヤホンを慎重に新調する

「Google先生」に「オーソンウェルズのラジオドラマ」を尋ねたところ、現行商品としては売られていなかったが「メルカリ」や「ヤフオク」そしてAmazonに出店している古書店で取扱があり、「宇宙戦争」のCD+テキストセットを購入した。

「宇宙戦争」は1938年に米国で放送されたラジオドラマ。
ラジオ局を宇宙人が襲うという設定だったのだが、リスナーが現実に起きている出来事だと勘違いして大騒ぎになった。

しばらくはCDを聴くだけにして、耳が慣れてきたら、テキストをみて英文として確認していくつもりだ。

とはいうものの、僕はけっこう忙しい。
1日のうち自由に使える時間は、執筆、読書、情報収集、TV鑑賞でびっしり。どこにも、英会話教材を聴いている時間はない。

そうだ、通勤時間がある
僕はウォークマンを持っているが、それは年に1度、マラソンレースで使うためのもの。日頃、移動しながら音楽を聴く習慣はない。
しかし、空き時間はそこしかない。
耳から聴くだけだから、うってつけの時間でもある。
よくぞ、空けておいてくれた、自分^^;)

そこで、次の課題に気づいた。
イヤホンのコードだ
取り付ける時も仕舞う時も、もつれて時間がかかる。
イヤホンが耳から外れて落ちるのがストレスだし、満員電車で誰かに引っ掛かると危ない。

これまでは年に1度だったから我慢していた。
レースではスタート前、セラポアテープで耳に"テーピング"して固定していた。
だが、毎日となると面倒くさいこと極まりない。


よし「英会話用イヤホン」を新調しよう
そう決めたら、早速、商品の選考に入った。

選考ポイントは
・ワイヤレス
・音楽内臓

コードレスにするだけでなく、プレーヤーもレスにすれば手軽だ。
毎日の習慣にするのだから、とことん、そこは拘りたい。
以前、SONYからウォークマン一体型イヤホンが出ていて、しらべた記憶がある。
その時は取り扱えるファイル形式に制限があり、パソコンで保管しているファイルがそのままでは転送できないことがわかり、これじゃダメだと切り捨てていた。

つづく

|

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »