« 「カタログには出ないポイント」 | トップページ | 買う気持ちが固まった後のメーカーの意外なひと言 »

2020年5月 3日 (日)

指名買いが決まったあとにすること

SONY「WF-SP900」は音楽が入れられるワイヤレスイヤホン
カタログスペックの中に未経験の仕様があった。

■アンビエントモード
本体にマイク内蔵(本体ボタンでON/OFF切替)
ランニング中にクルマや自転車が近づいてくる音、駅のアナウンスなど、周囲の音も聞こえる

これはいいと思う。マラソン練習(一般公道ラン)で使うつもりはないが、通勤では近づいてくるクルマの音が聞こえるのはイイ

よし、気に入った!これで行こう
とはならない。
ここから先は「指名買いが決まったあとにすること」がある。
30年前ならば、何も為す術がないので、そのまま店に向かった
20年前ならば「何処が安いか」をネットで探した
そして10年前からは次の3項目だ。

1.類似品(後続製品)は出ていないか
2.どこで買うのが安心か
3.クチコミでネガティブな情報がないか


1.類似品(後続製品)は出ていないか
Amazonには「こちらの商品には新製品があります」というリンクが表示されることがある。
今見ている商品を「旧型」に追いやった「新型」が別にありますよ。チェックしませんか?という情報であり、これは親切だ。
大概の場合、新型の方がより高機能であり、相対的に価格も下がっている。つまり今時、猫杓子の「コスパがイイ」というやつだ。

「WF-SP900」は2年前のモデルであり、新型お勧めリンクがあったのだが、2019年以降の製品には「プレーヤーモード」が搭載されていない。
音楽内蔵イヤホンというニーズがなかったのだろうか?
この時はそう思っていた。


2.どこで買うのが安心か
家電品の場合、初期不良や不具合に対応してくれるかがポイントになる。
Amazon、ヨドバシドットコムの安心感は群を抜いている。
SONYの場合は、SONY直販も候補になる。
概ね直販サイトはメーカー希望価格で売るため、相対的に価格が高めになるが、SONYは品によってはダイナミックに価格を変えている。

つづく

| |

« 「カタログには出ないポイント」 | トップページ | 買う気持ちが固まった後のメーカーの意外なひと言 »

ハード・モノ」カテゴリの記事