« 指名買いが決まったあとにすること | トップページ | 完成度が高い ウォークマン内臓イヤホン NW-WS623 »

2020年5月 4日 (月)

買う気持ちが固まった後のメーカーの意外なひと言

「指名買いが決まったあとにすること」
最後は、クチコミでネガティブな情報がないか?

SONY「WF-SP900」のクチコミを見ていったところ「本体で電源がオフにできない」ことが論われていた。

仕様
・イヤホン本体に電源スイッチがない
・充電ケースの出し入れでON/OFF

クチコミでは「電源オフにするために、専用ケースを持ち歩くなんてあり得ない」というわけだ。
確かにそれは僕もそう思う。

僕の場合、1日の使い方はこうなる

フル充電状態から
▼朝1時間 プレーヤーモードで音楽を聴く
 3時間放置(電池消耗)
▼昼1時間 プレーヤーモードで音楽を聴く
 4時間放置(電池消耗)
▼朝1時間 プレーヤーモードで音楽を聴く

使っていない時も電源オフできないために、1日の途中でバッテリーが終わってしまうのでは、僕のニーズは満たされない。

せっかく、絞り込んだのになぁ・・
諦め切れない僕は、上記の使い方をそのまま書いて、SONYに尋ねたところ、すぐに回答がきた。

回答の要点
■耳から外すと自動で電源オフ
■耳に装着すると電源が自動でオン

つまり、ケース(充電台)を持ち歩く必要はないということだ。
クチコミ情報には、いろいろな属性がある。
メーカーが迅速に応えてくれるのはありがたい。
よし、決まりだ!
と思った時、メールの最後に次の文章があった。

(以下引用)
「但し、電源オンオフができるタイプの製品をご検討いただくほうが安心です。
この場合、NW-WS620シリーズをご検討いただけると幸いです。」
(引用ここまで)

NW-WS620シリーズには、内臓メモリーが「16GB」「4GB」があるが、いずれも今回問い合わせた「WF-SP900」より安い品だ。
僕のニーズを見て、あえて安い品を薦めてくれた。
僕はSONYの真摯さに敬意を表して、NW-WS620シリーズへの方向転換を決めた。

つづく

| |

« 指名買いが決まったあとにすること | トップページ | 完成度が高い ウォークマン内臓イヤホン NW-WS623 »

ハード・モノ」カテゴリの記事