« 買う気持ちが固まった後のメーカーの意外なひと言 | トップページ | メーカーへの信頼を超える仕様 NW-WS623 »

2020年5月 5日 (火)

完成度が高い ウォークマン内臓イヤホン NW-WS623

オーソンウェルズのラジオドラマを通勤で聴くという僕の英会話修得プランは「WF-SP900」がダメならば断念しようと、断念の理由まで考えてあったのだが、急転直下、先につながる。

SONYからのお勧めで購入した「NW-WS623」
この製品の存在は承知していたのだが、以前にこのシリーズの初期品を見送った時の悪いイメージが残っていた。恐らく、薦められなければ買わなかったと思う。
結論からいうと、スゴクいい
SONYさん、作ってくれてありがとう。薦めてくれてありがとう である。

NW-WS623
■ヘッドホンのみで音楽が聴ける
■Bluetoothヘッドホンとして、スマホの音楽も聴ける
■購入時実勢価格:13,700円
■発売:2017年6月


■電力
・USB充電(専用アタッチメント付属。ACアダプターは付属しない)
・フル充電時間:実測1.8時間(カタログでは1.5時間)
・充電中:本体ランプ黄点灯→完了:緑点灯
・連続再生:12時間(ウォークマンとして使用・外音取込オフ)
外音取込オン(モードA)の場合 7時間程度
実際には外音取込オン(モードA)で3日はもたない程度(断続使用7時間)
・電池切れ:前触れ無く「low battery」とアナウンスが入り電源が落ちる・使用中、インジケーターが 緑・黄色にゆっくり交互点滅すると「残量が少ない」とわかる。十分な残量があれば緑の点滅。

耳に付けた状態では前触れ無く電源が落ちるので、2日めを終える時「そろそろかな」とインジケーターを確認するようにした。


■音楽(SONYは「ウォークマン」と表記している)
・本体に4GBのメモリー搭載(128kbps→約920曲)
・「Music Center for PC」で転送する
・「x-アプリ」「iTunes」でも転送できる

従前のウォークマンは「Music Center for PC」からプレイリストを送ることができなかったため、旧版のソフトである「x-アプリ」を愛用している。
SONYはソフト(SonicStage>x-アプリ>Music Center for PC)に合わせてハードを変えて行く。
(ソフトに合わせてハードを変えている?)
旧いソフトと新しいハードは相性が悪い(できないことがある)
ウォークマンと周辺機器(外部スピーカー)にも一部機能の非対応がある。
少し古めの周辺機器を買うために、あえて旧いウォークマンを買ったこともある。

「x-アプリ」からは「NW-WS623」にプレイリストを転送できなかったので、これを機に管理ソフトを「Music Center for PC」に切り替えた。
Ver.2.2.1は従前の同ソフトと比べても、大幅にインターフェースが変わっており、初めは戸惑ったが、すぐに慣れることができた。

「WF-SP900」はスマホアプリ「SONY Music Center」によって、スマホで遠隔操作できるが「NW-WS623」はスマホアプリに言及しておらず、使えないものと理解している。

つづく

| |

« 買う気持ちが固まった後のメーカーの意外なひと言 | トップページ | メーカーへの信頼を超える仕様 NW-WS623 »

ハード・モノ」カテゴリの記事