« V・ファーレン長崎のニュースサイト「ViSta」を解約しなかった理由 | トップページ | DAZN連動You Tube番組は、できるだけ続けてほしい »

2020年6月29日 (月)

初のリモートマッチ 明しゃちょー爆発^^;)

2020年6月27日 17:00
V・ファーレン長崎は You Tube公式チャンネルで特別番組を放送。
Jリーグでは無観客試合を「リモートマッチ」と表現している。
冒頭にJリーグが制作した映像が5分間流れる。
各球団がリモート応援企画ができるよう、Jリーグが制作したのだろう。

佐世保のジャパネット本社スタジオから高田明大使(以下、明しゃちょー)、ヴィヴィくんが出演。
ゲームとの連動企画はこれが初めての試み。
《2020リーグ再開記念!V・ファーレンSupportingチケット》は537名が参加したと発表された。

ユニフォームを着た明しゃちょー、若い!テンション高い!
彼が喋れば誰もが笑顔。もうこれはお笑い番組だ。
ヴィヴィくんも佐世保に来ている。明しゃちょーとヴィヴィくんという強力な2枚看板が居ることは、リモートマッチ連動企画を打つうえで、V・ファーレン長崎の大きな強みだ。

トラスタからは選手のアップの様子が中継される。
これは、ゲーム10分前からしか映像が見られない「DAZN観戦組」には嬉しい。


2020年6月27日 19:00
J2リーグ【2節】
V・ファーレン長崎-ギラヴァンツ北九州
トランスコスモススタジアム長崎
(無観客試合)

<スタメン>★out
GK 高木和徹
DF フレイレ 角田誠 二見宏志 亀川諒史
MF 秋野央樹 澤田崇★ 毎熊晟矢★ 加藤大★
FW 名倉巧★ 富樫敬真★

<ベンチ> ☆in
GK 富澤雅也
DF 徳永悠平 
MF 米田隼也☆ 氣田亮真☆ カイオセザール☆
FW ルアン☆ イバルボ☆

毎熊晟矢はJリーグ初スタメン

<試合前談話>
手倉森誠監督
日常にサッカーが戻ってくる。待ちわびていたサポーターの前で表現できる喜びを感じなければならない
過密日程は予想できた。誰が出てもいい準備。やり方1つでは勝ち抜けないので戦術のバリエーションを構築してきた。


センターサークルに審判、両チームの選手が輪を作り
医療従事者に感謝を伝える拍手を送る

<前半>
5分
右から名倉巧がためて毎熊晟矢がエリア内にドリブルで仕掛けてクロス
抜けたところに待っていた亀川諒史が右足でコントロールシュート
長崎先制!

7分
エリア内右から名倉巧の鋭いシュートはGKが足で跳ね返す。
好調が伝えられスタメン起用された名倉巧、やはりいい
コーチ、選手の声がよく聞こえる。DAZNで観ている限り、観客がいないことの違和感はない

15分
北九州最初のCK 雨がいっそう強まり、アンツーカーを叩く音をマイクが拾っている

22分
澤田崇がFKを獲得 秋野央樹のキックはフレイレのヘッドに合う。開幕戦の再現か?と思ったが枠の上へ外れる

23分
飲水タイム
コロナガイドラインとしてすべての試合で各ハーフの中間に設けられる
選手は個人のボトルを使用し、飲み回しは禁止

39分
北九州は生駒に替えて國分。5人枠を利用した早めの交替に出る

43分
北九州がリズムよくつないで攻める。椿のエリア内でのシュートを高木和徹が前に出てお腹に抱え込んでナイスキャッチ


V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

 

|

« V・ファーレン長崎のニュースサイト「ViSta」を解約しなかった理由 | トップページ | DAZN連動You Tube番組は、できるだけ続けてほしい »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事