« 東京五輪2020A | トップページ | 古巣対決の大竹洋平がV長崎に流れを引き戻す »

2020年7月20日 (月)

未勝利の鬼門 シティライトスタジアムで先制を許す

2020シーズン「第2登録期間」の延長については、当初2020年7月17日から14日とされていたが、7月31日から8月28日へと変更。

FIFAは各国のサッカー協会に対し、年2回の登録期間(ウインドー)を設けるよう義務づけている。
従って、通常は第1登録期間と第2登録期間がある。
Jリーグの場合、第2登録期間が夏期にあたるため「夏のウィンドー」と呼ばれる。

ウィンドーというのは選手の移籍>登録ができる期間であり「夏の移籍期間」と言い換えることもできる。

2020年はコロナの影響により、FIFAが第3登録期間の設定を認めた。
これを受け日本サッカー協会は、7月9日に第3登録期間を10月2日~10月30日に設定することを発表した。

当初、9月18日までとされていたJ1・J2・J3の追加登録期限は11月6日までに変更されている。

この「登録期間」と「追加登録期限」の違いを「Google先生」に尋ねてみたが、要領を得ていない。
現時点では「追加登録期限」は、海外クラブからフリーになった選手を加入されることができる期限と拝察している。


2020年7月19日
J2リーグ【6節】
ファジアーノ岡山-V・ファーレン長崎
シティライトスタジアム
この試合は本来、2020年5月3日に【13節】として組まれていた。

<前シーズンの岡山戦>
● 6月 8日【17節】home V長崎 2-3 岡山
●10月20日【37節】away 岡山 2-1 V長崎

17節は4連勝で凱旋したホームで勢いを止められてしまい、1分けをはさんで3連敗。躓きの節目となってしまった。

<スタメン>
GK 徳重健太
DF 角田誠 フレイレ 亀川諒史 毎熊晟矢
MF 吉岡雅和 秋野央樹 カイオセザール 澤田崇 ルアン
FW イバルボ

<ベンチ>
GK 富澤雅也
DF 二見宏志 米田隼也
MF 加藤大 大竹洋平
FW 富樫敬真 畑潤基

徳重が初出場、イバルボが初スタメン
前節お休みしたルアン、澤田、角田が戻って来た
二見が初めてベンチスタート
前節、故障で途中退場した玉田圭司、高木和徹はベンチ外れている。

<試合前談話>
手倉森誠監督
岡山は前への仕掛けの早いチーム。奪われた瞬間の切替を速くする必要がある。
外国人(4人)揃って(スタメンで)出せるところに漕ぎ着けた。助っ人のパワーを見せてほしい。
イバルボには前線で相手のラインを押し下げること、ゴールを期待したい。
前節は連勝を意識し過ぎた。今節は一からのスタート


<前半>
リモート応援システムにより、応援の歓声が場内に流れている

1分
岡山はいきなりロングボール責め。イヨンジェがしっかり収めるのは驚異
吉岡がファーストシュート 球足は弱い

6分
ロングボールの組立からイヨンジェのシュートはコースを消した

7分
毎熊が右サイド破り高速クロスを入れるがわずかに澤田届かず

9分
初CK ルアンが蹴り、澤田がフリーでヘッド。狙い過ぎて左へ。惜しい!!

13分
イバルボが裏に抜けたがGKがエリアを出て蹴り出す
長崎攻勢の時間帯

20分
徳元にCKからのダイレクトボレーを決められてしまう
岡山先制

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 東京五輪2020A | トップページ | 古巣対決の大竹洋平がV長崎に流れを引き戻す »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事