« ヴィヴィくんの平和祈念Tシャツ ゲット成らず | トップページ | 変則日程 先にアウェイ戦を片付けるV・ファーレン長崎 »

2020年9月 1日 (火)

畑潤基、恩師の前で「恩返し」ゴール からのヴィヴィくんポーズ

2020年8月29日
J2リーグ【15節】
V・ファーレン長崎-大宮アルディージャ

<ハーフタイム>
サブの選手がボール練習するなか、盛大に水が撒かれている。
足下のパススピードを上げるための策。ホームチームが足下のパスをつなぎ、ビジターがハイボールを多用する場合に有効で、FCバルセロナがカンプノウでよくやっている。
花火が打ち上げられたが、今週のDAZNは映してくれなかった。

<後半>
6分
畑潤基が降りてきて後ろへ戻して前線へ移動する。秋野央樹のロングボール。西村、イッペイシノヅカが浮き球に緩慢な対応。
すかさず奪った亀川諒史のパスを受けて、畑潤基が迅速なワントラップで右足を振り抜く。大宮の選手は呆然と立ち尽くしている。
畑潤基 3試合連続ゴール!長崎先制!
畑さん、ストライカーと呼んでいいですか?
そして、忘れずヴィヴィくんポーズ
高木琢也監督時代にJFA・Jリーグ特別指定選手で呼んでもらった畑潤基。恩師の前で「恩返しゴール」

8分
連動性が高まるV長崎、左からのCKは秋野央樹
大竹洋平が対角線クロス、二見宏志のヘッドは上へ外れる

12分
亀川を足を掛けて止めたイッペイシノヅカにイエロー

14分
大宮は西村、菊地を下げて、レギュラー組の渡部、奧抜を入れる
V長崎のコーチから「マイク(まいっくま)6番マーク」と声がかかる。DAZNで観ていると、ベンチの声が"筒抜け"なのが楽しい。

17分
イッペイシノヅカが右ゴールラインでボールを拾いクロス。黒川の鋭いダイレクトシュートは徳重が正面キャッチ。加藤大がコースを消していたことで正面のシュートになった。加藤の立ち位置が違っていれば1点のシーン。直後のプレーで戦況が動く

18分
浮き球からDFの裏に抜けた畑潤基。前にいるのはGKのみ。突進しようとする畑を手で引っ張って倒す川面。あぁこれはレッドだなと思ったら、主審のポケットからは案の定赤い札。ドグソ*で一発レッド
川面は淡々とした表情で退場していく。

*Denying Obviously Goal Scoring Opportunity
サッカーにおいて決定的な得点機会を阻止すること

22分
二見宏志が倒されたところで飲水タイム
ここで今節横浜FCから移籍してきたイバが入る

28分
亀川が巧妙にDFに当ててCKを取りにいくが判定は逆
亀川「それはないよ」と苦笑いでアピール
「どーなってんだよ、あの審判?」という声が場内に響く
V長崎がボールを奪う、安全なナイスパスをする度に場内から拍手が起こる

33分
玉田圭司に替えてルアン
大竹洋平に替えて米田隼也
場内から大きな拍手が送られる。DAZNのカメラが鍋を被ったサポーターを抜く

38分
角田誠に替えて徳永悠平

45分
澤田崇に替えて氣田亮真
加藤大に替えてカイオ
ようやくここで5枚交替完了

+2
スローインのボールを取りに行った氣田亮真に遅延行為でイエロー。このシーンは映像に映らなかった。倒れた給水ボトルを1つずつ立てていたのだろうか?
終始無理せずボールを回したV長崎が試合を締めた。
V長崎1-0大宮
出番のなかったイバルボ、ユニフォームに着替えておりいつでも出られる準備をしていた様子

<試合後談話>
畑潤基
あのタイミングでインパクトも完璧で打った瞬間入るなと思った。
チームが自分をみてくれててボールが集まってくるのでチーム全体のお蔭
大宮は守備が堅くて崩すことができなかった。その相手から自分が点とることができてよかった
5連戦全部勝つつもりで、首位の座は譲らずこのまま突き進んでいきたい

手倉森監督
大宮はまちがいなく力のあるチーム。4-4-2の守備と3枚での攻撃といろいろ顔を替えてきたけどしっかり対応した。相手に退場者が出たなか、必要以上に(前に)かかりすぎることなく、安全に無難にゲームコントロールの効いた試合をしてくれた
ライバル相手に派手な勝ち方は全然求めてない。勝ち点3、1-0で勝つことが最高じゃないか
(選手は気迫やる気が感じられた)
それが首位の覚悟。目の前の敵に手も気も抜かない。その日もっているパワーはすべて使い果たすんだと言って送り出している。応えてくれている
アウェイ3連戦を勝ち取ることでワンランク上の自信という境地が見えてくる。その景色を見に行きたい

高木琢也監督
1人少なくなってきつくなったけど、最後までみんな頑張ってくれた。ゴール前でのミスが続いた。相手に隙を突かれた
(1人少なくなってからは)イバを入れてそこを起点にということになるが、1人少ないなかでは・・サイドからボールを入れるよう話していたが徹底はできなかった。
試合がある以上やっていかないと。可能性がある限り挑戦していかないとと思う

15節を終えてV・ファーレン長崎は11勝2分2敗 勝ち点35
2位北九州と1点差、3位徳島と5点差は変わらず


V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

|

« ヴィヴィくんの平和祈念Tシャツ ゲット成らず | トップページ | 変則日程 先にアウェイ戦を片付けるV・ファーレン長崎 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事