« 前半は39ペースのところ40、後半は45 | トップページ | 大きな花を咲かせる前に小さな種をまいた試合 名倉巧のゴールで3位に踏みとどまる »

2020年9月28日 (月)

驚きのフレッシュメンバー 江川湧清初スタメン

2020年9月27日(日)14:00
J2リーグ【22節】
V・ファーレン長崎-アビスパ福岡

9月の長崎には珍しい、優しい秋の日差しが降り注いでいる。試合開始2時間前からV・ファーレン長崎公式You Tubeの配信が始まる。
ジャパネットが佐世保のスタジオからTVショッピングを始めたのは2001年。今やテレビ局も顔負けの安定した番組を放送している。
V・ファーレン長崎のYou Tube配信はまだ始まったばかり。これから経験を積んで、安定した配信になっていくだろう

<スタメン>
GK 高木和徹
DF 米田隼也 鹿山拓真 徳永悠平 江川湧清
MF ルアン カイオセザール 名倉巧 加藤大 吉岡雅和
FW 畑潤基
<ベンチ>
GK 徳重健太
DF 亀川諒史 角田誠
MF 秋野央樹 澤田崇
FW 富樫敬真 イバルボ

発表されたスタメンを見て多くのファン・サポーターが驚いた。
V長崎は前節からスタメンを7人変更。
鹿山拓真が今期初出場初スタメン。公式戦は去年12月、天皇杯鹿島戦以来だ
前節Jリーグデビューした江川湧清が初スタメン(V長崎ユース出身としても初)
前の5連戦から、テグさんはターンオーバー方法を変えてきた
毎熊晟矢は前節に続いてベンチ外。これは17~18節に秋野央樹をベンチから外したのと同様、休養のためと推察する
福岡は(前寛之のコロナ感染があった影響で)11連戦の9戦め
2節~21節 FP平均出場時間
V長崎 32分
A福岡 58分

<試合前談話>
手倉森誠監督
折り返しとホームということで、チームはフレッシュさを感じている
(福岡は)状況がいい相手だなと。九州ダービーだから熱くならざるを得ない
どちらが先制というのもあるが、ダービーはそれひとつじゃ事が済まない
いろいろなものを覚悟して戦う準備している

<前半>
序盤、互いに前線から奪い合う展開。やはりホームの拍手がイイ
9分
米田隼也の初シュートはDFに当たる
13分
一瞬のカウンター、サロモンソンが倒れ込みながらGK前にいれたクロスを走り込んできた遠野に決められる。福岡先制
18分
V長崎最初のCKはルアン 鹿山拓真のヘッドは芯に当たらず
19分
畑潤基の顔を蹴ったドゥグラスにイエロー
23分
福岡最初のCK 危なかったが高木和徹が押さえて飲水タイム
26分
カイオが思い切りよいシュートでCK CKは江川のヘッドに合ったが左へ
30分
エリア内でボールを受けた名倉巧トラップミスで押し込めず
36分
自陣で奪われてカウンターを受ける。石津のシュートは右へ外れた
40分
アフターで江川湧清を蹴った増山にイエロー
44分
江川湧清のアーリークロスがCKにつながる。CKはファンマがクリア
+4分
福岡のCK ファンマがファウル 危ないボールが入っていただけにファンマに救われた

|

« 前半は39ペースのところ40、後半は45 | トップページ | 大きな花を咲かせる前に小さな種をまいた試合 名倉巧のゴールで3位に踏みとどまる »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事