« 屈指の好カード V長崎-徳島戦のポイント | トップページ | 「テグさんがやってくれる」のではない »

2020年10月 1日 (木)

緊張の大一番 試合を落ち着かせるV長崎の底力

試合の日、朝からこんなに緊張したのは久しぶりだ
恐らく、今シーズン、これ以上に緊張するカードはないと思う
できれば、シーズン終盤にすべてのカードで緊張していたい

17時からの公式You Tube配信には、徳島のマスコット「ヴォルタくん」がZoomで出演。ヴィヴィくんと交流した。関東アウェイ組の僕らは、今年ヴィヴィくんとスタジアムで会うことはできるだろうか。もし、会えたとしてもヴィヴィくんチャントはお預けだろう。
ヴィヴィくんが復活した出島シートのサポーターとグータッチ。全国のヴィヴィくんファン垂涎のシーン
トラスタはいい天気。心地よい秋の風がやわらかに流れている

2020年9月30日(水)19:00
J2リーグ【23節】
V・ファーレン長崎-徳島ヴォルティス

<スタメン>
GK 徳重健太
DF 毎熊晟矢 角田誠 二見宏志 亀川諒史
MF 名倉巧 カイオセザール 秋野央樹 澤田崇
FW 玉田圭司 富樫敬真

<ベンチ>
GK 高木和徹
DF フレイレ 米田隼也 加藤大
MF 氣田亮真 ルアン
FW イバルボ

<試合前談話>
手倉森監督
残り20戦で大一番。辛抱させらた9月勝ち点うまく伸ばせなかった月だが
育まれたものがある。それを首位相手にぶつけようと話した
(徳島との)前回対戦は逆の立場だった。今回は首位が徳島。彼らのよさを謙虚に認めつつしっかり対処しなければならない

<前半>
コイントスは長崎が勝ち、いつも通り右から左へ攻める
7分
玉田圭司のロングシュートGK上福元がパンチング 的確に味方DFの前に落とす
10分
CK CHANCEがボードに表示されて拍手が起きる。毎熊晟矢がフリーでヘッド 上福元が弾く
18分
渡井の突進を手で止めた二見宏志にイエロー
24分
エリア内で玉田圭司のシュート 上福元のセーブ
つづくCKは玉田圭司、サインプレーで走り込んだ澤田崇のヘッドは右へ 飲水タイム
35分
秋野央樹のCKはDFにクリアされるが、つづく流れで玉田圭司が絶好のクロス 富樫が届かず
37分
カイオセザールのロングシュートは枠内だが上福元の正面
45分
毎熊晟矢のナイスクロスから名倉巧のシュートは右サイドネット。これを決めてほしい
+2分
名倉巧のナイスパスに走り込んだ亀川諒史がいいクロスを入れたが富樫はヘッドを浮かせてしまう
名倉巧のパスセンスは大きな武器だ。富樫はあと1歩遅い

試合を壊すことなく、ペースを握り、より多く攻撃した前半。
V長崎が続けてきたポゼッションサッカーが、僕らを落ち着かせている

|

« 屈指の好カード V長崎-徳島戦のポイント | トップページ | 「テグさんがやってくれる」のではない »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事