« メッシか! 名倉巧の個人技がここで爆発 | トップページ | Zoom会議に出現したハッピー小僧 »

2020年10月 6日 (火)

髙杉亮太スルー問題 高田春奈社長とテグさんのグータッチ

2020年10月4日
J2リーグ【24節】
栃木SC-V・ファーレン長崎
<後半>
0分
名倉巧が裏に抜けてクロスを入れるがGKオビの正面
5分
栃木のCK。ゴール裏で水を飲んでいて外から入ってきてボールを受けた明本にイエロー
14分
毎熊晟矢が正面からミドルシュート 上にふかす
18分
エリアで受けた名倉巧の鋭いシュート。GKオビがお尻で止める 決定的機会③
20分
イバルボがエリア内に持ち込むがトラップできず。DFの手に当たったと主張するが、ただいまJ2リーグでは「ハンドは取らない」ことになっているらしくノーファウル
22分
飲水タイム
24分
関係者席でチームメイトと観戦している髙杉亮太が6秒間映し出されるが、実況は完全スルー^^;) という僕もこの映像を見るまで、髙杉が出ていないことを忘れていた。これで3試合ベンチ外の髙杉、早期の復活を祈る
30分
接触で右足を傷めたイバルボに替えて加藤大。テグさん久々の「守るぞ」メッセージ交替
32分
高木和徹のフィードから一気にエリアへ。名倉巧のスルーパスを受けた澤田崇がGKと1対1 オビが右手一本で止める 決定的機会④
35分
V長崎の決定的機会⑤ カイオのインサイド弾丸キックはポスト!
39分
二見宏志に肘打ちを入れた矢野にイエロー
41分
矢野が叩きつけたヘッド 高木和徹がしっかりキャッチ
長崎はここでようやく2枚め・3枚めの交替。名倉巧に替えて鹿山拓真。富樫敬真に替えて玉田圭司
45分
玉田が腰をとんとん叩いている。エリアすぐ外でカイオが倒されてFK 中に入れずサイドでキープ
+4分
入った時から腰が痛そうだった玉田圭司が担架で運ばれる
澤田崇に替えて米田隼也 玉田圭司に替えてルアン
試合が終わると栃木の田代とフレイレがやり合う。主審が田代に注意。秋野が主審に対して確認にいく。
テグさんが高田春奈社長とグータッチ
試合後、フレイレにレッドカード

先制してからは終始ボールをつなぐことができた。ボール奪取は厳しく、安全にプレーを切ることが徹底されていた。9月の反省点を活かして「J2モード」に合わせた印象がある
二点めを取る決定的機会を⑤回逃したが、結果的に名倉巧の「メッシゴール」でV長崎が勝利をつかんだ。解説の幸谷秀巳は「たまたまこぼれて決めたゴール。その一点で勝った。これ決定的機会というのはなかった。長崎に勝利が転がり込んだのかな」と論評した

<試合後談話>
名倉巧
9月はサポーターの皆さんに不甲斐ない試合を見せてしまったが、10月から気持ちを切り替えて最初の試合で、自分が勝利に貢献できてよかった
(ゴールシーン)カイオからボールがきて、最初トラップミスしてとられたかと思ったら、うまく抜け出すできた
シュートを枠にいれることを意識していたのでうまく枠に入ってよかった
粘り強く勝ちきることができてよかった
9月は申し訳なかったが、リーグは続くのでこれから反撃していけるよう、一緒に戦ってください

手倉森誠監督
幸先良く点とれて、二点めを決められず、しぶといゲームになった
栃木のプレッシャーを剥がす工夫ができた。崩せても点とれなければ一緒なので、そこは課題が残ったかなと
9月は苦しんだ月だったので、10月攻勢しかけるために今日がスタートだというつもりで戦った
ここから序盤の勢いを取り戻すべく勝ち続けていくだけだなと

24節を終えて12勝7分5敗 勝ち点43で4位は変わらず
2位(福岡)との差は「5」から「3」に詰めることができた

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« メッシか! 名倉巧の個人技がここで爆発 | トップページ | Zoom会議に出現したハッピー小僧 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事