« DIATONE DS-25BⅡの黄金律 | トップページ | アウェイ4連戦開始 すこしずつ何かが欠けていた磐田での敗戦 »

2020年10月15日 (木)

亀川諒史のスーパーゴール・・はGKに阻まれる

2020年10月14日(水)19:30
J2リーグ【26節】
ジュビロ磐田-V・ファーレン長崎
ヤマハスタジアム

<前半の磐田戦>
2020年9月13日【19節】V長崎0-0磐田 トラスタ
互いに決定的瞬間を迎えることはなかったが、緊張感が切れない90分を戦って引分け

<前回のヤマハでの磐田戦>
○ 2018年4月25日【10節】 磐田 0-2 V長崎
ゼイワンで対戦 田上大地、ファンマのゴール V長崎はゼイワン・アウェイでは清水エスパルスに続き2勝めを挙げた

<スタメン>
GK 高木和徹
DF 毎熊晟矢 鹿山拓真 二見宏志 亀川諒史
MF 加藤大 秋野央樹 名倉巧 澤田崇
FW 玉田圭司 富樫敬真
<ベンチ>
GK 徳重健太
DF 米田隼也 江川湧清
MF ルアン 氣田亮真 カイオセザール
FW 畑潤基

故障とみられる角田誠、徳永悠平は戻っていない
イバルボが前節に続いてベンチ外なのは心配だ
磐田は前節加入即フル出場した遠藤保仁をスタメン起用している

<試合前談話>
手倉森誠監督
"10月を反撃の月にしたい
アウェイ4連戦をきっちりスタートしたい
磐田は1人1人のクオリティを警戒しなければならない
(磐田は)監督が替わってボールを動かしたいサッカーが見て取れる
(玉田圭司は)遠藤が加入したことでライバル意識もあるだろう
うちにもクオリティがあるぞと示したい"

<前半>
10分
ルキアンにシュートを打たれるが枠を外れる。ほぼ磐田がボールを握り左コートで展開
11分
V長崎初めてのチャンス 左からのクロス、名倉巧打てず
15分過ぎ
V長崎が右コートへ入る回数が増えてきた
20分
左サイドを突破する澤田崇を倒した山本にイエロー
21分
長崎初FK 玉田圭司のキックは味方に合わず
22分
磐田初CK 危ないシーンが続くがなんとかしのいで飲水タイム
29分
三木のシュートは右へ外してくた 危ない
30分
亀川諒史の低く鋭いミドル GK触ってクロスバー直撃 惜しい!
34分
三木がターンしてシュート 高木和徹が横っ飛びでキャッチ
38分
左サイドからのこぼれ球 加藤大のシュートは上にふかしてしまう
40分
V長崎のカウンター 名倉巧がエリア内でGKと1対1になるが、GKが手に当てる 惜しい!
43分
遠藤が名倉を倒してFK 秋野央樹のキックは直接GKに届いてしまう

亀川、名倉のキレがよく、富樫が速攻で遅い
磐田は左サイドのチャレンジがなく、早めのクロスも入れてこない。どこかでギアを入れて来るか
これから5枚の交代枠を使って、鈴木、手倉森両監督はどう試合を動かすのか 前回トラスタでの対戦同様、空気が重い

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« DIATONE DS-25BⅡの黄金律 | トップページ | アウェイ4連戦開始 すこしずつ何かが欠けていた磐田での敗戦 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事