« いつも巧いこというテグさん | トップページ | 「残り10分で入るルアン」の脅威 »

2020年10月19日 (月)

一瞬の油断がここまでの攻勢を台無しにする

J2リーグ【27節】
ギラヴァンツ北九州-V・ファーレン長崎
<前半>
試合前、小林伸二監督、手倉森誠監督が歓談、最後はグータッチ
V長崎はスタートから「昨日1日だけしか練習していなかった(角田誠)」という3バック
2分
秋野央樹のミドルシュートはわずか上に外れる
3分
名倉巧が右からドリブルでエリアに入りシュート。GKが弾いたボールを再シュートはサイドネット
8分
クロスのこぼれ球に左で待っていた亀川諒史。前回対戦で先制したシーンの再現かと想われたが大きく上に外す
13分
町野がドリブルでエリアに入りフリーでシュート。高木和徹の正面。助かった
14分
富樫敬真がナイストラップでDFを抜きGKと1対1。しかし真正直にグラウンダーで打ってGKに止められる
16分
北九州の1stCKはショートコーナー 危なかったがなんとか凌ぐ
10分を過ぎてからは北九州がボールを握り続け、23分に飲水タイム
すると、流れがV長崎に傾く
31分
氣田亮真のクロスを富樫敬真がダイレクトシュート GKが弾きだす
33分
V長崎の速攻 エリア内で河野が空振りしたが、氣田は狙っていなくてシュートできず
今日は富樫が攻守によく走っている。特に守備でのチャージがいい
38分
V長崎がエリアに入って波状攻撃 だがあと一歩で押し込めず
42分
氣田が巧くCKをとる 秋野のキックに二見が合わせたが、DFに体を寄せられていて外に出してしまう
「前半の後半」=飲水タイム後は、V長崎が右サイドを重点的に攻め続けてスコアレスで終える

<後半>
1分
エリア内で名倉巧がドリブル。そのボールをさらった亀川のシュートは名倉に当たる
7分
富樫敬真が倒されてFK
ここで手拍子が起こる 北九州サポーターがGKを励ましている?(とっくしげっコールみたいな)かと想ったが、皆普段着だ。この試合、ビジター席は販売されていないが、北九州側は入場を禁止していない。長崎から来た普段着サポーターの拍手だったようだ(いっれっろっコール代替)
8分
亀川がカットインしてシュートCK 味方には合わず
11分
氣田がドリブルで突進 クリアボールを拾ったカイオのミドルシュートは大きく上に外す
15分
亀川が左サイドからクロス 富樫はDFに寄せられてヘッドが右へ外れる
16分
富樫敬真に替えて畑潤基
氣田亮真に替えて毎熊晟矢
毎熊は氣田が担っていたシャドーの位置に入る。手倉森監督によるコンバートがここで活きてくる
24分
亀川が巧くCKをとる 最近、秋野のCKは精度を欠いている ここで飲水タイム 本来、監督が指示をしてはいけないルールだが、今や「作戦タイム」と化している
27分
ディサロ燦シルヴァーノが名倉を倒してFK
畑が落として角田が狙い澄ましてシュートわずかに上
30分
V長崎に「魔の時間」が訪れる
亀川のスローインが相手に渡る
「おい、緩んでるぞ」思わず画面に向かってつっこんだほど、V長崎の選手が緩慢なのに対して、北九州のパスは面白いようにつながり、あっという間にゴール前。クロスが鹿山の股を抜けてディサロ燦シルヴァーノに決められる
一瞬の油断がここまでの攻勢を台無しにする。これがサッカーの怖いところだ


V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

| |

« いつも巧いこというテグさん | トップページ | 「残り10分で入るルアン」の脅威 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事