« 髙杉亮太は栃木SCでレギュラーになっていた | トップページ | 髙杉亮太スルー問題 高田春奈社長とテグさんのグータッチ »

2020年10月 5日 (月)

メッシか! 名倉巧の個人技がここで爆発

今年こそは宇都宮駅で水を買ってからバスに乗ろうと考えていたが、DAZNで見ることになった栃木SC戦

2020年10月4日(日)18:00

J2リーグ【24節】
栃木SC-V・ファーレン長崎

<スタメン>
GK 高木和徹
DF 毎熊晟矢 フレイレ 二見宏志 亀川諒史
MF 名倉巧 カイオセザール 秋野央樹 澤田崇
FW イバルボ 富樫敬真
<ベンチ>
GK 富澤雅也
DF 鹿山拓真 米田隼也 
MF 加藤大 氣田亮真 ルアン
FW 玉田圭司

栃木SCは次節からアウェイ席の販売を始める。それがあと1試合早ければ、僕らはここで「関東アウェイ戦」の開幕を迎えることができたのだが・・
2時間早く始まった福岡ダービーは福岡が9連勝で2位に上がり、この時点で勝ち点差は「6」

<試合前談話>
手倉森誠監督
ここからが勝負だ。9月は未勝利で苦しんだ。月も変わりツキを呼び込めるように
栃木はアグレッシブ。球際で自信もってやれている。自分たちはすばやい攻守の切り換えを準備し、球離れを速くして、ボールも相手も動かすことが必要だ

<前半>
栃木SCはハイプレス(全体が高い位置をとる)
9分
溝渕のシュートがクロスバーを叩き、肝を冷やす
12分
栃木SCの1stCK カイオがヘッドで弾き出す
14分
劣勢だったV長崎初めてのチャンス。カイオから入ったボールを名倉巧が小刻みなドリブルから対角線シュートがゴールに吸い込まれる。
「メッシか」と思った
14分
イバルボを倒した岩間にイエロー
17分
富樫敬真がエリア内で倒れるがノーファウル。そこは倒れないで行ってほしい
18分
今日もカイオの動きがいい。毎熊晟矢のナイスカットからCK。秋野央樹は直接狙いゴールマウスの上に乗る
25分
V長崎に決定的機会① カイオのミドルシュートはGKオビがビッグセーブ。試合後、解説者幸谷秀巳は「長崎に決定的機会はなかった」と論評していた・・
26分
飲水タイム
38分
イバルボが倒されてFK 秋野央樹の速いキックを毎熊晟矢がすらす。またもオビがファインセーブ 決定的機会②
+1分
エスクデロ競飛王のシュートをフレイレが体を張って止める
+2分
栁のヘッドは高木和徹がナイスセーブ。しっかりキャッチして前半終了

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 髙杉亮太は栃木SCでレギュラーになっていた | トップページ | 髙杉亮太スルー問題 高田春奈社長とテグさんのグータッチ »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事