« シャープのマスクが当たった(また、当たった) | トップページ | メッシか! 名倉巧の個人技がここで爆発 »

2020年10月 4日 (日)

髙杉亮太は栃木SCでレギュラーになっていた

10月2日(金)17:00
J2リーグは今年最後の日程発表である、11月以降(31節~42節)の詳細日程を発表した
V・ファーレン長崎の日にちが確定していなかった日程は4つあり、以下のように発表された

34節 11月14日or15日→15日(日)琉球 トラスタ
35節 11月21日or22日→21日(土)千葉 フクアリ
37節 11月28日or29日→28日(土)新潟 トラスタ
39節 12月 5日or 6日→ 6日(日)山形 トラスタ

10月2日 
コロナ禍の特例による「第3ウィンドー」が始まった(通常は第2ウィンドーまで)
ウィンドーとは選手登録期間。この期間に限り移籍選手の登録ができるため「移籍可能期間」といえる。
この日、磐田はガンバ大阪から遠藤保仁を期限付き移籍で獲得した
有料情報「ViSta」に掲載された記事によると、手倉森監督は「必要ならば動くべきだなとは思います」と語っている。

10月3日(土)
J2リーグ24節の3試合が行われる
ここで、24節を主宰する11クラブが「ビジター自由席」を設えたかをしらべる。
磐田は既に販売を終えており確認できなかった
ビジター自由席あり(2クラブ):ザスパクサツ群馬、ツエーゲン金沢
設定なし:東京V、愛媛、徳島、山形、水戸、新潟、福岡
そして、V長崎の「関東アウェイ戦」第3戦、栃木SCは「設定なし」

Jリーグは「遅くとも10月30日以降はビジター席を発券数の3%以上確保する」ことを求めている。
10月28日の大宮戦は現時点では不明。
遅くとも11月8日のザスパクサツ群馬戦が「関東アウェイ戦」開幕戦となる
11月から観戦できたとして、残すは群馬、千葉、東京Vの3試合。それだけでもありがたい

2020年10月4日
J2リーグ【24節】
栃木SC-V・ファーレン長崎
栃木県グリーンスタジアム

<前年、栃木県グリーンスタジアムでの対戦>
僕らが陣取るゴール裏から向こう側、つまり栃木SCのゴール裏で全得点が記録され、僕らはどうやって点が入ったのかがよくわからなかった
前半は大竹洋平の左CKから香川の2点。大竹起点から呉屋大翔が決め、3点リードで折り返し。後半ATにシミュレーション?と思しきPKを与えて1失点。まさに「大竹デー」
栃木SC 1-3 V長崎

<前半の栃木戦>
○【1節】home V長崎 1-0 栃木SC
V・ファーレン長崎は3バック。前半21分、今期初のCK「「いっれっろっコール」のなかキッカーは秋野央樹。富樫敬真がすらしたボールをフレイレが押しこみ先制。
最後まで運動量が落ちない栃木の攻撃を凌ぎV長崎が開幕戦を飾った
去年までV長崎に在籍した髙杉亮太はベンチ入りしなかった。その後15試合1604分(チーム6番め)に出場、レギュラーとなっている。ただ22節、23節とここ2試合ベンチから外れている
J2リーグはこの後、6月まで「コロナ中断」に入った。

■選手出場時間比較
2節~23節
レギュラー11人 1試合あたり出場時間
長崎 59.9分
栃木 67.6分


V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

 

| |

« シャープのマスクが当たった(また、当たった) | トップページ | メッシか! 名倉巧の個人技がここで爆発 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事