« 好機の少ないなか、玉田圭司の個人技で先制 | トップページ | 長崎平和マラソンの行方 »

2020年11月27日 (金)

好位置はキープしたままのV長崎 落ち込んではいられない!

2020年11月25日(水)
J2リーグ【36節】
V・ファーレン長崎-松本山雅
<ハーフタイム>
DAZNでは、東京V 1-1 福岡 の試合結果が知らされる

<後半>
江川湧清に替えて鹿山拓真
松本山雅はジャエルに替えて阪野
0分
右サイドからさほど危険ではないと思われたクロスにセルジーニョがDFの足下から足を入れてシュート 危うく徳重が押さえる
1分
秋野央樹がゴール正面からコントロールしたミドル わずか50cm右へ外れる
2分
松本山雅が初CK セルジーニョからいいボールが入ったが笛が吹かれてやり直し
8分
塚川のシュートを徳重がナイスセーブ
10分
ボールを奪った秋野が中央を進む セルジーニョが後ろから足を掛けて倒す これがノーカード 松尾主審のカード基準の謎が深まっていく
12分
左サイドでボールを残した毎熊 氣田が受けてドリブルでエリア侵入そのままシュート GKが止めるが枠は外さない。可能性のあるプレーが頼もしい
19分
玉田圭司に替えて大竹洋平
富樫敬真に替えてエジガルジュニオ
24分
飲水タイム
27分
前線で張っていたエジガルにボールが渡り、独走してシュートはDFにブロックされる
32分
カイオに替えて加藤大
氣田亮真に替えて8試合ぶりの畑潤基
35分
V長崎のカウンター 右サイドから追い越した鹿山だがクロスは上げられず
40分
名倉巧を止めた佐藤にイエロー
43分
ワンツーで受けてエリアに入ったエジガルのシュートはDFに当たる
45分
右サイドV長崎のFK 松本の選手がバニシングスプレーで引いたラインより前に出ているが、審判は見て見ぬ振り
逆に遅延行為で加藤大にイエロー
加藤大は累積4枚で次節出場停止だが、元々新潟戦は契約上出られない試合だった。
+3
GKのフィードを拾った秋野がダイレクトボレー 上に外れる
+4分
浮いた球に競らなかった名倉がファウルをとられてFK GK村山も上がって来る。セルジーニョの正確なキックが塚川にドンピシャで合い徳重止めきれず。まさかの同点
マーカーの鹿山はボールを見ていて塚川をフリーにしてしまった

+5分
長崎はラストプレーでゴールに迫る。加藤大がファーへクロス この時DF田中がフレイレの首を押さえて引き倒すがノーファウル 名倉のダイレクトボレーはGKが正面に来て枠を外し、無念の長い笛
倒して進路を止めてもノーファウルとは・・
井上知大につづいて松尾一。なんとしても来期はVARが導入されるゼイワンへ行きたい

<試合後談話>
玉田圭司
自分たちがいいサッカーをできていなくて、いい時間で点は取れたけどそれが長く続かなかった
もう少しリラックスして楽しくサッカーをするべきだと思う。(次節も)ホームでやれるのでサポーターの皆さんと笑い合えるようにがんばりたい

手倉森監督
勝ち点3がするりと手からこぼれていった
去年J1にいた松本のストロングのセットプレー最後まで脅威だった
2点目が取れずにいたらこういうことが待っている
(最後の)FKを取られたプレーはファウルになったりならなかったり、最後のあそこではファウルになった
最後まで粘り強くやれというメッセージの失点だろうなと
負けたわけじゃないんで落ち込んでいられない
中2日で今日取り損ねた「3」をしっかりとれれば、あと6試合でなにか起こせるだろうなと想う

36節を終えて19勝10分7敗 勝ち点67で3位
2位(福岡)との差は変わらず「3」 1位(徳島)との差は「7」に広がった
1 徳島 74(+3)
2 福岡 70(+1)
3 V長崎 67(+1)

ゼイワンに上がった2017年シーズンは39節で2位に上がり、41節で2位以内を確定させた。今のV長崎は絶好の位置につけている。


V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 好機の少ないなか、玉田圭司の個人技で先制 | トップページ | 長崎平和マラソンの行方 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事