« 2021年に向けて「C255」を準備する | トップページ | 好位置はキープしたままのV長崎 落ち込んではいられない! »

2020年11月26日 (木)

好機の少ないなか、玉田圭司の個人技で先制

11月25日、長崎新聞電子版は「共に戦い 栄光を」と題したテグさんから長崎県民へのメッセージを掲載した。
長文の熱いメッセージを県民に届けるべく、電子版で全文公開してくださった長崎新聞に感謝したい。

一方、スポニチアネックス(電子版)は「J2徳島 新監督筆頭候補に吉田達磨氏」「浦和 新監督にリカルド・ロドリゲス氏就任決定的!」という論説を掲載した。
以前、応援しているチームでこれをやられたことがあるが、今この時期に言われるのは不愉快極まりない。

2020年11月25日(水)
J2リーグ【36節】
V・ファーレン長崎-松本山雅
トランスコスモススタジアム長崎

<前半の松本戦>
【20節】away 松本 2-2 V長崎
2020年9月19日(土)15:00
前半3分、氣田から畑へ絶妙のスルーパス。畑はGKが滑ってきたのをみて上に浮かしてゴール
後半19分、ルアンが左サイドから無回転ミドル。ポストに当たりマウスを転がる
30分、途中出場した阪野のシュートが決まる
32分、鈴木がらくらくクロスを入れると阪野が左隅に決めて同点
疲労からか守備が甘くなり追いつかれたが、その後は徳重のビッグセーブなどでしのいだ

<スタメン>
GK 徳重健太
DF 毎熊晟矢 フレイレ 二見宏志 江川湧清
MF 名倉巧 カイオ 秋野央樹 氣田亮真
FW 玉田圭司 富樫敬真

<ベンチ>
GK 高木和徹
DF 鹿山拓真 庄司朋乃也
MF 加藤大 大竹洋平
FW エジガルジュニオ 畑潤基

まいっくま、二見が帰って来た。それだけで嬉しい
名倉、カイオ、秋野、氣田と並ぶ中盤はまさに最強カルテット
そして久しぶりに畑潤基が戻って来た

<試合前談話>
手倉森誠監督
昇格へのメイクドラマもあと7戦
昇格への意欲を出し惜しみなく発揮しなければならない
11月の残り2戦、しっかり勝ち進んで決着の12月へ進んで往こうと話した
ホームの我々から仕掛けの姿勢を出して行かなければならない

<前半>
6分
長崎が1stCK 左から玉田が蹴る
7分
江川湧清が左サイドを突破。フリーでクロスを上げるが大きすぎてそこには誰も居ない
9分
名倉巧を倒したジャイルにイエロー 軽い接触だったが、ここから松尾主審のイエローカードショウが開幕する
13分
前貴之のユニフォームを掴んで止めた秋野央樹にイエロー
15分
足の裏をみせたカイオにイエロー(累積2枚)
24分
エリア内で氣田亮真のシュートはDFにブロックされる
26分
飲水タイム ここまで松本は高い位置で守り、長崎をハーフウェイラインから先に通さない
30分
足が相手に当たってしまった・・だけの氣田亮真にイエロー。これでV長崎だけで3枚
31分
名倉巧が徳重健太に戻すパスがミスになり、ジャイルが奪ってフリーのシュート 徳重がビッグセーブ チームを救う
33分
江川が珍しく左サイドでドリブル突破を試みるが失敗。ナイストライだ!
38分
V長崎はダイレクトパスでエリアに迫り始める。エリア内でこぼれ球を名倉がシュートするが枠を捉えず
40分
エリア前で玉田がドリブルしたかと想ったら、振り向きざま左足のシュート。GK村山は手も出さず見送るとゴール左端に吸い込まれた
「それ、入れちゃうんだ!」
長崎先制!
+3分
エリアすぐ外でFKを与える セルジーニョのキックを10人全員壁で跳ね返し前半リードで折り返す

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 2021年に向けて「C255」を準備する | トップページ | 好位置はキープしたままのV長崎 落ち込んではいられない! »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事