« 移籍即ゴール!毎熊晟矢のスパイクを磨くエジガルジュニオ | トップページ | 氣田亮真、名倉巧が急成長 今期最高の状態を迎えているV長崎 »

2020年11月 5日 (木)

今日は「超まさる君」加藤大 V長崎移籍後、初ゴール!

2020年11月4日
J2リーグ【31節】
V・ファーレン長崎-FC町田ゼルビア
トランスコスモススタジアム長崎

<前半の町田戦>
2020年9月23日(水)
【21節】away 町田 1-1 V長崎
前半9分、町田2本めのCK。低くゴールライン沿いに入れたボールにルアンが出した足が当たり不運なオウンゴール
町田は先制すると7勝3分け負け無し(先制されると5戦5敗)V長崎はいきなり分の悪い展開
後半34分、名倉巧からのラストパスに走り込んだイバルボ、深津と足が絡んでPK。イバルボ今期2本めのPK、ゆっくりとしたモーションから右隅へ決めて同点
CKからのオウンゴール対PK 双方共にビッグチャンスがほとんどないゲームだった

<スタメン>
GK 高木和徹
DF 鹿山拓真 角田誠 二見宏志 毎熊晟矢
MF 吉岡雅和 加藤大 秋野央樹 氣田亮真
FW 名倉巧 エジガルジュニオ
<ベンチ>
GK 徳重健太
DF フレイレ 江川湧清
MF 磯村亮太 ルアン 大竹洋平
FW 玉田圭司

累積警告で出場停止のカイオに代わってまさる君
エジガルが初先発
ベンチに大竹洋平、フレイレが戻って来た
澤田崇、イバルボ、畑潤基、富樫敬真がベンチ外

<試合前談話>
手倉森誠監督
連戦なのでタフにアグレシブに戦う覚悟
ゲームの入り、エネルギーだすところのメリハリ
相手のストロングを理解しつつ我々のスタイルの出しどころをうまく発揮できれば
(エジガル)スタメンで使ってどういう化学反応を起こせるか?入りから流れをつかむ仕事をゴールと共に表現してもらいたい

トラスタは肌寒い13度。両チームの選手はベンチコートを羽織って入場してきた

<前半>
3分
裏に抜けた名倉巧がCKをとる サインプレーでフリーの吉岡雅和がヘッドわずかに左
8分
FKの流れでエジガルがマイナスのパス 鹿山拓真のシュートは大きく左へ
9分
佐野の強烈なミドルシュート 1m右へ こわっ
10分
エリア内で決定的なパスが入りステファンのシュートは二見宏志が身を挺してブロック
15分
平戸がドリブルで切れ込みながらのシュートはわずかに右 ここまで町田の攻勢が続く
20分
ようやく長崎に好機 短いパス交換から吉岡がクロスを上げて加藤大がヘッドで合わせたが上へ
22分
ステファンのクロスを平戸が合わせて町田が先制
しかしこの時、ボールを避けた岡田が高木和徹の前で視界を消す動きとなり、これが「関与」とみなされてオフサイド
命拾い!!
24分
飲水タイム
34分
平戸にアフターでチャージした鹿山拓真にイエロー
36分
名倉巧がドリブルでまっすぐゴールに向かう 高江が後ろから押してイエロー
ほぼ正面のFK 秋野央樹は直接狙ったが枠の上
41分
ジョンギュングンの無回転ミドルは枠を捉えていて高木和がパンチング
どれだけシュートを打たれるのだというほど町田の攻勢がつづき、前半はなんとかスコアレスでと想っていたadditional time 長崎に歓喜の時が訪れる

+1分
加藤大がゴール前のいい位置でFKを取る
流れから秋野のロングパスがDF小田に跳ね返された所に走りこんだ「超まさる君」がノートラップボレー。GK福井が手に当てたがゴールに吸い込まれた。長崎先制!
加藤大は移籍後初ゴール
前半は町田が高い位置を取り、ワントップのエジガルには全くボールが入らなかった

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 移籍即ゴール!毎熊晟矢のスパイクを磨くエジガルジュニオ | トップページ | 氣田亮真、名倉巧が急成長 今期最高の状態を迎えているV長崎 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事