« SC相模原が逆転昇格。来期、関東アウェイ戦の対戦相手が1つ増えて「8」 | トップページ | 関東アウェイ組の僕らも、遠くからファン感謝デーの終わりまで見届けることができた »

2020年12月23日 (水)

磯村亮太「魂のPK」秋野央樹、今期ラストプレーで今季初ゴール?

2020年12月20日(日)
J2リーグ【最終42節】
V・ファーレン長崎-ツエーゲン金沢

<後半>
角田誠に替えて庄司朋乃也
米田隼也に替えて加藤大

12分
V長崎右CK 秋野央樹 最後は磯村が残っていた庄司にスルーパス、収めることはできず

14分
富樫に替えて玉田圭司

20分
金沢がCKの流れからゴール。副審がオフサイドの旗を揚げる
「助かった」と思いきや笠原寛貴主審が副審のところへ行き「あれは(長崎の選手に当たったから)オフサイドでは無いよ」(推測)と説明。一転してゴールが認められる
1-1の同点
いったい、ここを何処だと思っているのだろうか^^;)

32分
玉田圭司のシュートGKが手に当ててポストに当たる

38分
V長崎がエリアに攻め込む。磯村の高速クロスは誰も触れず

38分
名倉巧に替えて大竹洋平

42分
ルアンに替えて新里涼(今期初出場)

44分
エリアに走り込んだ磯村亮太がPKゲット
そして、自らボールをセット
いいぞ!その気概だ
氣田亮真の初ゴールを思い出した

+1分
徳永悠平のとなりでスタンド観戦中の亀川諒史がスマホカメラを構える
磯村はなにやら考え込んでいる仕草(大丈夫か・・)
GKが飛んだ同じ方向、右上に浮かせてキレイに決めた
自身967日ぶりのゴール
+2
金沢のCK 高校生の杉浦に合うが右に外れる
+4
規定の時間は過ぎている。秋野が左サイドでキープに入るが前が空いたので、ゴールに向かう・・と見せて玉田に左足アウトでパスを出す。それに玉田がスライディング。少し角度が変わりそのままコロコロとゴール右隅に決まってしまった^^;)
玉田のゴールと場内で放送される。
「なんで、オレ?」と驚く玉田
リプレーで観ると玉田の足に当たったような、当たってないような
DAZNでは秋野のゴールと表示される
試合はそこで終了
今シーズンのラストプレーで秋野央樹、今期初ゴール
なんと劇的なんだ・・
と思ったが、Jリーグ公式記録は玉田圭司のゴールとなっていた。

V長崎 3-1 金沢

<試合後談話>
磯村亮太
「できすぎなくらいいいカタチで終われた。長崎にきて2年、J1に上がれず、責任を感じていて、僕自身、長崎で最後の試合なので貢献できてよかった。
みんな暖かくて、助けられた。家族に対しても長崎の人たちが暖かくしてくれた。寂しい気持ちもある。長崎がJ1に上がることを祈っている。自分は次の目標に向けて頑張っていきたい」

理由はともあれ、退団をここで言うとは思わなかった
(場内インタビューでも退団に触れた)

手倉森監督
「サポーターに届ける勝利。有終の美、勝利で飾れて、希望を膨らませられる勝利。必要だった戦いをやってみせたなと、可能性を示せたと思う
昇格できず去ることになった。関われたことで将来大きく発展できる足がかりを築けたのではないか。去年天皇杯ベスト4、今年はJ2で3位。J1はすぐそこ。来年から関わる人たちに長崎の発展を託したい」

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« SC相模原が逆転昇格。来期、関東アウェイ戦の対戦相手が1つ増えて「8」 | トップページ | 関東アウェイ組の僕らも、遠くからファン感謝デーの終わりまで見届けることができた »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事