« 強敵の敵地で忍耐を覚悟しているV長崎に思わぬ2点が入る | トップページ | 長崎先制!勝たなければ生き残れない戦いへ »

2020年12月16日 (水)

1300+500+100 の後押し 秋野央樹が水曜日の結集を呼びかける

2020年12月13日(日)
J2リーグ【40節】
東京ヴェルディ-V・ファーレン長崎
<前半>
+2分
自陣で二見がボールをカットされて端戸がフリーでエリアに侵入。そこへ逆サイドから長い距離を米田が戻りシュートブロック!ビッグプレーが出たところでCK無しで長い笛 2点差を維持して後半へ

<後半>
7分
大竹洋平の危険なアーリークロスでCK獲得。ルアンのCK DFにクリアされるが、そこに走り込んだ秋野央樹が無回転ミドル 球がぶれてマテウスはパンチング そこに毎熊晟矢が詰めたがオフサイド
秋野の今期初ゴールをファン・サポーター、そして秋野自身が待ち焦がれている
10分
V長崎に「左サイド」が戻って来た。米田-氣田コンビが効いている。ここまで来ると亀川-澤田コンビと遜色ない
17分
秋野央樹のロングボール一発 富樫敬真が収めるがエリア内で時間がかかりシュートできず。
DAZNで観ると今日のV長崎が「僕らがやって欲しいサッカー」をしていることがわかる。
20分
ヴェルディがきれいな崩しから最後は若狭のシュート。そこに角田が頭からボールに突っ込んでいて若狭はコントロールをミス。角田決死のプレーだ
23分
飲水タイム
富樫敬真に替えて畑潤基
ルアンに替えて玉田圭司
25分
玉田圭司が右へはたいて毎熊のクロスは誰にも合わず
27分
角田誠に替えて庄司朋乃也
大竹洋平に替えて加藤大
足をひきずりながらアウトする角田。試合後「筋肉系に問題を抱えている」と明かした。残り2試合はフレイレ、庄司に託すかも知れない。

向こう側のボードに表示されているデジタル時計の数字が 35:00を示す。ボールはヴェルディ支配だが、玉田、畑が厳しくチャージしてボールを奪いにいく。攻撃していれば攻められない。
41分
カイオがベンチに向かって「替えて」とサインを送る。累積8枚にリーチだったカイオがイエローをもらわずに済んだことは僥倖だ
43分
カイオに替えて磯村亮太
44分
ここまで互いにチャンスの時、セットプレーのピンチの時だけ拍手応援をしてきたが、ここからはゲームセットに向けて応援合戦となる
+3分
米田隼也が左サイドラインを奥まで行って時間を使いCK。それをキープしたところで長い笛

V長崎の選手たちがゴール裏へやってくる。大きな拍手で迎える。一礼して帰って行く選手たち。徳重が二度振り返り、僕らに拍手を送ってくれた

<試合後談話>
大竹洋平
後が無いしすべて勝たなきゃ上がれない。勝ててよかった。
昇格争いできていることは幸せなこと。楽しんで幸せに感じて、残り2試合もそういう感じで戦えたら
(FC東京でキャリアをスタートした)自分としては味スタは聖地なので絶対点とってやろうと思って入った
亮真がうまく仕掛けていいところにボールがこぼれて来たので、あとは感覚で打った
残り2戦ホームで戦える。アドバンテージがあると思うのでしっかり勝てるよう頑張りたい

手倉森監督
成し遂げようとしているものに対して、したたかにゲームができた
派手に撃ち合いしてはいけない。守備を手堅くやっていればチャンスがくる。セットプレーで点がとれると流れがくる。この試合をあと2つ続けるだけだ
(サポーター)ほんと心強くてね。今日はここに1300人。平戸のPVに500人、長崎県庁に(抽選で)100人。心強いサポーターが一緒に戦ってくれている。自分たちは肝(きも)の強さを示そうと話した
ここで昇格した気にならず、気を抜かない戦い方をサポーターと一緒に続けて行ければ

40節を終えて22勝10分8敗 勝ち点76で3位
2位(福岡)との差は「2」のまま 徳島とは「5」差に縮まった
1 徳島 81(+1)
2 福岡 78(+3)
3 V長崎 76(+3)

連勝の襷をトラスタ組に返せたことに安堵する
秋野央樹は試合後インスタストーリーズで、次は平日だが後押ししてください。プレーで必ず返します!と呼びかけた


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 強敵の敵地で忍耐を覚悟しているV長崎に思わぬ2点が入る | トップページ | 長崎先制!勝たなければ生き残れない戦いへ »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事