« 終わりまで 2時間45分 | トップページ | これが僕のあつ森の6か月 »

2021年3月22日 (月)

サポーターが信じて応援の拍手を送ることで、流れは好転していく

2021年3月20日(土)
J2リーグ【4節】
FC琉球-V・ファーレン長崎
タピック県総ひやごんスタジアム

<2019シーズンのFC琉球戦>
○6月29日【20節】home V長崎 3-2 FC琉球
●8月10日【27節】away FC琉球 3-2 V長崎

<前シーズンのFC琉球戦>
△ 7月15日【5節】away FC琉球 1-1 V長崎
前半39分
秋野央樹がアウトスイングで蹴ったFK。ゴール前の密集にいた毎熊晟矢がGKの頭を越える山なりのヘッド。毎熊晟矢プロ初ゴール!
後半25分、オフサイドかと見合った長崎の守備の虚を突いて、池田がシュート。高木和の負傷で入ったばかりの富澤、1stプレーで為す術無く同点
終盤は再三、毎熊がシュートブロック。敵地で貴重な勝ち点1を得た。

● 11月15日【34節】home V長崎 0-1 FC琉球
前半27分、ゴール前のこぼれ球を拾ったエジガル。DFの僅かな隙間を縫って枠内ぎりぎりのシュート。GK田口が横っ飛びで弾き出す。
後半23分、イバルボが失ったボールを起点にFC琉球の攻撃。右サイドからワンツーで崩されて河合に決められてしまった

<スタメン>
GK 徳重健太
DF 毎熊晟矢 新里涼 二見宏志 磯村亮太
MF カイオ 秋野央樹 ルアン 加藤大 名倉巧
FW 富樫敬真
<ベンチ>
GK 原田岳
DF フレイレ
MF 鍬先祐弥 大竹洋平
FW 玉田圭司 都倉賢 エジガルジュニオ

前節復帰した亀川諒史がベンチ外
今期初めてエジガルジュニオがベンチ入り

<試合前談話>
吉田孝行監督
自分たちのサッカーにブレはない。自信をもってやっている。クロスが多いチームだなと。1対1や球際のところが重要になる。エジガルは長い離脱後なので状況をみて。勝ち点3を取って長崎に帰りたい

<前半>
コイントスでサイドが替わる
2分
秋野央樹のFKは精度高くあわやと想わせた
序盤、V長崎はかなり激しく前へプレスを掛けている。やる気だ!
富樫が加藤大がGKまでプレスを掛ける
13分
毎熊が右サイドをワンツーで突破
名倉巧の1stシュートはCK
20分
毎熊のインターセプトから縦一本。加藤大はシンプルにミドル。GKが押さえる。加藤大はほぼ前線にいる
22分
飲水タイム
25分
裏にルーズなボールを入れられたかと想うと、あっという間に池田に決められてしまう FC琉球1-0V長崎
26分
毎熊が右で粘り高速クロスを入れるが、味方には合わない
28分
風間のシュートはクロスバー。辛うじて望みをつなぐ。FC琉球はエリア付近で危険なパスが通る
33分
加藤大のふわりクロス富樫が高く跳ぶがたたき切れず
38分
名倉巧がスライディングで足裏は見えていなかったがイエロー
41分
名倉巧が長い距離をドリブルしてゴールに迫るが岡﨑に身体で止められる
44分
磯村が左サイドをえぐっていこうとするが押されて倒れる。ファウルなし

<ハーフタイム>
吉田監督の指示
「もっと自信を持ってプレーしよう。絶対ひっくり返そう勝って帰ろう」シンプルで悪くない指示だ。
磯村亮太に替えて鍬先祐弥 鍬先祐弥はプロ初出場!

<後半>
2分
毎熊のクロスはナイスボール ルアンのヘッドあとわずか
4分
エリアで富樫敬真がボールを受けるが相手に囲まれていて何もできない
8分
FC琉球のセットプレー V長崎がボールを収めきれない流れでまたも池田に決められる
10分
ルアンに替えて玉田圭司
富樫敬真に替えてエジガルジュニオ
秋野のCK、1stプレーでエジガルがヘッドを芯に当てるがDFに当たる。やはり、エジガルひと味違う
18分
名倉巧に替えて大竹洋平
23分
何気ないロングボールをゴール前で沼田に渡してしまい、そのまま決められる
FC琉球 3-0 V長崎
25分
ここでV長崎の尻に火が付いた。流れるようなパス交換から玉田のシュートはGK正面
34分
秋野のCK カイオが変化をつけたボールをエジガルが、わずかな隙間へ押しこむ
それを入れるか?マジカルだ
去年は田口に1点止められたが、今年は決めて見せた
FC琉球 3-1 V長崎
35分
縦のロングボールをシュートに行った阿部が左膝を傷めて交替
40分
毎熊が左ももを傷めてフレイレと交替

攻守に充実のFC琉球が開幕4連勝
V長崎は本調子にほど遠いが、エジガルに使える目処が立った。
去年は開幕4連勝、9戦負け無しでスタートダッシュしたV長崎。序盤に苦しんでもシーズンは42試合ある。今年はスロースタートして中盤から上げるのを待つ。
チーム内が信じ合うこと、サポーターが信じて応援の拍手を送ることで、流れは好転していくものだ。

<試合後談話>
吉田孝行監督
2点めミス、3点め球際の弱さ、自滅していったゲーム
自分たちのサッカーはそんなにできなかった。自分たちで難しくしたゲーム

(ただ、できれば、もう少し前向きなことを言って欲しい^^;)


V・ファーレン長崎 2021
V・ファーレン長崎 2020
V・ファーレン長崎 2019
V・ファーレン長崎 2018


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 終わりまで 2時間45分 | トップページ | これが僕のあつ森の6か月 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事