« 前半はしのぎ合い、後半に動く愛媛FC戦 | トップページ | 現実で苦手なものは、仮想でも苦手だとわかった »

2021年3月12日 (金)

すんなりと島の名前が決まる

ゲームの中断方法がわからないので、ここは「Google先生」に助けを求める。

ホームボタンを押すと、ゲームを中断しSwitchのホーム画面に戻ります。 「あつまれ どうぶつの森」のアイコンにカーソルを合わせ「Xボタン」を押し「終了する」を選択します。
セーブしていないデータは消えてしまいます。

moto「セーブはどうするの?」
先生「オートセーブです」

聞きたいことはピンポイントで答えてくれる「Google先生」の偉大さを改めて思う。
いざとなれば、僕には先生が着いている。
先生がいれば、これからのど素人ゲーマー人生をやっていけそう。緊張が解けた。


【あつ森2日め】
ゲームをスタート
すると、そこは、たぬき開発の事務所
どこかで見た光景・・まるでデジャブ
たぬきの係員の科白も一言一句、昨日見たとおりだ。
セーブされていない・・

Google先生「オートセーブです」と言ったじゃないか。。
まぁ、質問者と回答者は永遠にわかり合えないものだということは、ここまでの人生で十分に学んでいる。
必要なのは「犯人捜し」ではなく、ものごとを前に進めようとする意思だ。

Google先生に今度は「セーブ方法」で尋ねると、手動セーブは[-]キーだと教えてくれた。
仕方が無いので、記憶を頼りに昨日やった通りにやり直す
キャンプファイヤーの準備をするところまで16分(昨日は48分かかった)
1度、手順を覚えたことは2度めから格段に速くなるということを期せずして実証してしまった。
よし、ここで一旦セーブだ。[-]キーを押下。すると

「まだセーブできません」
いけずだな、あつ森


再びGoogle先生に尋ねると「2日目のたぬきちとの会話イベントを終えた後からセーブが可能」と教えてくれた。
こういうことを説明書も無しにやらせておいて、誰も文句を言わないのだから、ゲーム業界というのは殿様商売だな・・
と言っててもしかたがないので、
薪を拾い、桃を収穫してキャンプファイアーをする


ここで、島民の合議で島の名前を決める。
予め準備しておいた名前を提案。予想通り、すんなりと僕の案に決まる。

テントに戻りベッドを設置して寝て起きて、急ぎ足で2日めへ^^;)
ようやく、ここで右上にセーブ中のアイコンが表示された。
念のために手動でもセーブ。
長かった?「1日め」を終えた。

初マラソンがマラソン人生でとても特別なものであるように「あつ森人生」がこれから続くとして、初日というのは2度とないイベント。後でこの日を懐かしく思い出すのだろうか。

任天堂スイッチブログもくじ

| |

« 前半はしのぎ合い、後半に動く愛媛FC戦 | トップページ | 現実で苦手なものは、仮想でも苦手だとわかった »

趣味」カテゴリの記事