« 4バックで取り戻した安定した戦い | トップページ | V・ファーレン長崎が上昇気流に乗ることを示すデータ »

2021年4月27日 (火)

富澤雅也という収穫

2021年4月25日(日)
J2リーグ【10節】
V・ファーレン長崎-東京ヴェルディ

<ハーフタイム>
東京Vは選手を二枚替え
平→ンドカ
山本→石浦

<後半>
5分
【東京V】 リズムが出始める CK3連続 ピンチにはならず
8分
【東京V】 カウンターからビッグチャンス 小池あと一歩届かず
11分
【V長崎】 ルアンに替えて富樫敬真
12分
【東京V】 CK カイオが身体に当てたが、こぼれ球が今度は小池へのお膳立てになってしまう。
小池とカイオが互いにアシストして同点。

ここまでの展開は、6節ホーム甲府戦とまったく同じ。その試合は後半37分にCK(新里涼のゴール)で勝ち越した
14分
【V長崎】 左タッチライン沿いカイオが1人カウンターで持ち上がるが、シュートには至らず
16分
【V長崎】 富樫敬真がゴールに向かうが、シュートは打たず。打て!富樫
23分
東京Vの攻勢がつづくなか、飲水タイムへ
同点に追いつかれた後、劣勢が続くのも甲府戦に似ている
29分
【V長崎】 澤田崇に替えて米田隼也 米田は澤田の位置にはいる。ここから互いに攻め合う試合に変わる
30分
【V長崎】 名倉巧のカットからエジガル富樫と中央をタテに通すが、富樫間に合わず
31分
【V長崎】 エジガルのクロスを米田がスルー、走り込んできた亀川のシュートは大きく上。久々のシュートシーン
33分
【V長崎】 新里涼のタテのロングボールがたてつづけに精度を欠く。江川湧清の守備は安定している
36分
【V長崎】 正面いい位置でエジガルが倒されてFK。直接狙える位置
さぁここでくるか?「いっれっろっコール」が大きい。秋野は壁の左抜きで直接狙うが壁に当たる
38分
【V長崎】 カイオがドリブルからシュートするがDFの身を挺したブロックに遭う
39分
【V長崎】 名倉巧に替えて都倉賢
40分
【V長崎】 米田隼也が左サイドを切り裂くがクロスが大きすぎた。長いボールの精度が低い・・・
45分
【V長崎】 カイオがヒールパス、秋野のシュートは大きく上へ
+1分
カイオがエリアのスペースへやさしいパス 走り込んだエジガルのシュートはGK正面
+3分
【東京V】 カウンターかと想われたが、富澤が大きく飛び出して、ナイスキックで阻止。終盤、山口のクロスが2度精度を欠いたことにも救われた。
+4分

【V長崎】 ラストプレー スローインから亀川のクロス。富樫が飛び込むがその前にマテウスがキャッチ

<試合後談話>
カイオセザール
(ゴールの手応え)いつも後ろから入ってゴールを狙っている。うまく入れた。前半はよかったが、後半ラインが下がって相手にスペースを与えてやられてしまった。我々はいい大会(リーグ)にしていない。今日も勝ち点を失っているので、これからもっと頑張って取り戻したい

吉田孝行監督
前半はプラン通りできた。後半は相手も人と配置を替えてくる中でずるずる下がってしまって、リスタートで失点した。選手はよく戦ってくれた。外国人選手は意欲的にやってくれている。結果が一番重要。次の三連戦はそこをしっかりとっていきたい

富澤雅也のFPとしてのディフェンス、精度の高いキックに新たな可能性がみえた。
ホームで2点を落としたとはいえ、大きな収穫があった。


V・ファーレン長崎 2021
V・ファーレン長崎 2020
V・ファーレン長崎 2019
V・ファーレン長崎 2018


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 4バックで取り戻した安定した戦い | トップページ | V・ファーレン長崎が上昇気流に乗ることを示すデータ »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事