« 去年までとは異なるV・ファーレン長崎の情報統制 | トップページ | 五輪は平和の象徴。聖火リレーが故郷の佐世保にやってくる »

2021年5月 1日 (土)

V長崎-水戸戦プレビュー 交互にダブり合う両者 今年は長崎ダブルパターン

2021年5月2日(日)
J2リーグ【11節】
水戸ホーリーホック-V・ファーレン長崎

<2019シーズンの水戸戦>
●3月 9日【3節】home V長崎 0-1 水戸
●7月13日【22節】away 水戸 2-1 V長崎

<前シーズンの水戸戦>
○ 8月23日【14節】away 水戸 V長崎
前半40分、ルアンのダイレクトを畑潤基が折り返す。毎熊は当てきれなかったが、流れ球につっこんできた吉岡雅和がインサイドで押しこむ。吉岡今季初ゴール「やっと入った」としみじみする吉岡
44分、秋野からカイオへのパスが奪われてカウンター。水戸初めてのCK。ボールウォッチするカイオの背後に走り込んだ中山にフリーで決められてしまう。
+2分、カイオが雑に蹴り上げたボールが水戸に渡りカウンター。松崎のシュートは二見が顔で止めるが、木村のシュートを山口がコースを変え、徳重は逆を取られてしまう。
わずか3分の間に逆転されて後半へ

後半10分、毎熊晟矢が"相手がイヤな場所"を狙ったクロスでCKを取る。秋野のCK、ニアで畑潤基が絶妙のすらし、住吉の足に当たりゴールイン
13分、徳重からビルドアップ。秋野-亀川とつないだ浮き球に畑潤基がヘッドで競り勝ち、裏に抜け出す澤田へ。ナイストラップでドルブル、DFを引き連れてエリアに入ると角度のないところから振り抜く。GKの頭越しにドライブシュートが決まる。
わずか3分の間に再逆転!

○ 11月1日【30節】home V長崎 4-1 水戸
前半36分、水戸のCK 解説の前ちゃん(前田悠佑)がファーで木村がフリーになっていることを指摘。するとボールは木村へ。最後は前島がシュート。富樫と交錯して高木和は手が届かず。水戸先制
41分、ハーフウェイラインで澤田がパスカットしてドリブル。サポートしたカイオへ。カイオはフェイントでコースを作りクロスに質の高い同点ゴール!

後半21分、ルアン、エジガルの投入が準備されている中、澤田がドリブルで左サイドに持ち込みクロスを上げると、瀧澤のクリアが名倉の前に転がる。左に持ち替えて逆転ゴール!!
31分、角田誠が大きくサイドチェンジ 江川がナイストラップから名倉へ。名倉のクロス、エジガルがDFをひきつけたあと、フリーで入って来たルアンが狭い左サイドにコントロールゴール!!!
+3分、自陣でカイオとルアンが挟んでボール奪取。エジガルが「1人カウンター」時間を矯めて右後ろからきた毎熊に渡すがこのパスが大きい。
「これはダメだ」と想ったら、毎熊がファーのエジガルまできっちり届くクロスを通し、大きく跳んだエジガルがヘッドで逆サイドにゴール
エジガルはV長崎デビュー戦で初ゴール。毎熊と「靴磨き」パフォーマンス

その年のホーム&アウェイを2試合とも勝つことをダブルという。
2019年は水戸がダブル(長崎>水戸)
2020年はV長崎がダブル(水戸>長崎)
互いが交互にダブり合うという対戦は珍しい。
そして、今年は2020年と同じく、先にホームで水戸が戦うパターン。
去年にあやかりたい。


V・ファーレン長崎 2021
V・ファーレン長崎 2020
V・ファーレン長崎 2019
V・ファーレン長崎 2018


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 去年までとは異なるV・ファーレン長崎の情報統制 | トップページ | 五輪は平和の象徴。聖火リレーが故郷の佐世保にやってくる »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事