« V長崎-ブラウブリッツ秋田戦プレビュー 飯尾竜太朗がトラスタにやってくる | トップページ | 新監督の意向が垣間見えるV・ファーレン長崎のサッカー »

2021年5月 6日 (木)

V・ファーレン長崎 監督交代を発表

5月3日夜、ヴェルつくに参加していた時のことだ。
ヴェルつくとは、今秋からB3に参戦するバスケットボールクラブ「長崎ヴェルカ」のファンクラブ会員限定で開催されているヴェルカーズゼロ会議。ヴェルカをつくるからヴェルつく。
この日は、直前のインスタライブからチアマネージャーのnamiさんと伊藤拓真GM(以後たくまGM)の熱いトークが展開されていた。
会議が始まって8分ほど過ぎたとき、ふとtwitterをチェックすると、V・ファーレン長崎公式から【トップチーム監督交代のお知らせ】がtweetされていた。
そのあたりからしばらく、ヴェルつくのコメント欄が閑散としていたのは、それが原因だったかも知れない^^)

まじか・・
今シーズンは吉田孝行監督で最後までいくものと思っていたし、僕らができることは、ありのままのクラブを支えることしかないと思っていたのだ。
後任は松田浩さん。

■松田さんの略歴
1960年9月2日、長崎市生まれ
公立進学校の長崎北高校から筑波大に進む
1984年、マツダ入社。マツダSC入団
現役当時はFWとCBを経験
1996年、ヴィッセル神戸で現役引退

2002年、ヴィッセル神戸監督
2003-2006年、アビスパ福岡監督
2006-2008年、ヴィッセル神戸監督
2009-2013年、栃木SC監督

2018年、V・ファーレン長崎 育成部長兼アカデミーダイレクター
その年、2冊めの著書「詳しいことはわかりませんが、サッカーの守り方を教えてください」出版。
これは、Kindle Unlimited(月額980円)で読むことができた。


Jリーグを見始めて日が浅いため、松田さんがJリーグ3クラブで監督経験があることを知らなかった。
なんだ、そんな人材がいたのか・・
ついさっきまではタカさんと戦うと思っていたのに、突然の報に接して、東シナ海の彼方に陽が差すような気がした。

前節、水戸に負けた後、悪い流れを断ち切るべく、カイオ、ルアン、トミーが発言をしていた。
表現手段も内容も異なるが、その根底にあるのは「チームが1つになる」ということだ。
秋野央樹を中心に、きっと立て直してくれると考えていた。
だが、どんよりと垂れ込めた雲は厚く思えていた。

そこに監督交代の決断。
チーム強化担当の旭人CEO、春奈社長、旧新監督、選手がそれぞれコミットメントを出していた。
それで十分だ。あとは1つになろうという輪にサポーターとして加わるだけ。


監督交代を発表したが、松田さんが指揮を執るのは13節より。
Jリーグ規約には、選手等登録簿(選手、監督等を記載)の変更が有効化する日数の規定はない。恐らくGW中ということで、事務手続が行われないのだろう。
退任が発表された時点では、この試合の指揮については発表されていなかったが、スタメン発表のタイミングで佐藤一樹ヘッドコーチが指揮を執ることが発表された。


2021年5月5日(水)
ホーム恒例、クラブ公式You Tubeでは、秋田のマスコット(龍のキャラクター)ブラウゴンがリモートで登場。
この出演は秋田の公式twitterでも告知されており、放送中、秋田サポーターのコメントが多数寄せられた。
5月5日はヴィヴィくんの誕生日。この試合は「ヴィヴィくんデー」として記念イベントを開催。
グリーティングではゴール裏で「歌なし」太鼓と手拍子の跳べ跳べヴィヴィ。
今や「長崎の顔」とも言えるヴィヴィくん。コロナ禍が明ける2023年には全国を飛び回って、各クラブと長崎の架橋となるだろう。
天気予報では西から天気が崩れると言われていたが、トラスタには青空が広がっている。

V・ファーレン長崎 2021
V・ファーレン長崎 2020
V・ファーレン長崎 2019
V・ファーレン長崎 2018


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« V長崎-ブラウブリッツ秋田戦プレビュー 飯尾竜太朗がトラスタにやってくる | トップページ | 新監督の意向が垣間見えるV・ファーレン長崎のサッカー »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事