« グリスタとカンセキ比較 | トップページ | 1976年に発売されていたQUEEN初のベスト版 »

2021年6月18日 (金)

カンセキで初対戦 栃木SC-V・ファーレン長崎 プレビュー

6月17日
V長崎と北海道コンサドーレ札幌が対戦する天皇杯3回戦の会場は、トランスコスモススタジアム長崎と発表された。
7月7日(水)18:00キックオフ


6月19日
栃木SC-V・ファーレン長崎
カンセキスタジアムとちぎ


<2019シーズンの栃木戦>
栃木県グリーンスタジアム(以下グリスタ)での関東アウェイ戦
○ 栃木SC 1-3 V長崎
失点は後半Additional Timeに与えたPKだが、僕らには忖度PKに見えた。

41節、トラスタでのホーム最終戦は、退任が発表されている明しゃちょー、退団が発表されている髙杉亮太のラストゲーム
● V長崎 0-1 栃木SC
前半22分、栃木のCK。乾大知のヘッドがV長崎の選手に当たりゴールイン
栃木はJ2残留に向けて貴重な勝ち点3を手にした。


<前シーズンの栃木戦>
○ 2月23日【1節】home V長崎 1-0 栃木

前半21分
亀川諒史がCK獲得「GKではないか」と栃木の選手が抗議する。
今期初「いっれっろっコール」
これが今日まででは最後の「いっれっろっコール」となった。
この試合を最後にコロナ禍中断に入り、以後、僕らはスタジアムで声を上げることは許されていない。
キッカーは秋野央樹。富樫敬真が後ろにすらしてフレイレが押しこみ先制。シーズン初ゴールはフレイレ


○ 10月4日【24節】away 栃木 0-1 V長崎

コロナ禍により、この時点はまだビジター席設定なし。僕ら関東アウェイ組は栃木県グリーンスタジアムに乗り込むことはできなかった。
(栃木SCはこの次のホーム戦からビジター席販売を始めた)

前半14分
試合開始から劣勢だったV長崎に初めてのチャンス。
カイオから入ったボールを名倉巧がエリア内で小刻みなドリブルから対角線へシュート。DFの隙間を縫ってゴールに吸い込まれる。
「メッシか」と思った


栃木SCは今年からカンセキときどきグリスタでホーム戦を開催している。
戦績は18節を終えて4勝8分6敗、勝ち点20で15位
J2リーグでは3戦連続引き分け中(群馬、京都、大宮)
6月6日にはカンセキで京都と引き分け。
6月9日にはグリスタで天皇杯2回戦を行い、町田を2-0で破っている。


2019年までV長崎に在籍した杉さまこと髙杉亮太は、2020年から栃木SCに所属。
2020年の対戦では出場がなかった。

今期は、4節までレギュラーとして出場。
5月24日、クラブから「トレーニング中の負傷で右アキレス腱断裂、復帰まで5か月」と発表されている。


緊急事態宣言明け、前日のゲーム。
ビジター席は販売されている。
Jチケでは「リセールへ」というボタンが表示されていた。
「Google先生」によると、今シーズンからJリーグ一部のクラブが実施している様子。

V・ファーレン長崎 2021
V・ファーレン長崎 2020
V・ファーレン長崎 2019
V・ファーレン長崎 2018


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« グリスタとカンセキ比較 | トップページ | 1976年に発売されていたQUEEN初のベスト版 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事