« ポルトガル国歌「ア・ポルトゲーザ」が流れる瞬間は特別なもの | トップページ | ロナルド5度めのユーロが終わった »

2021年7月 2日 (金)

ベルギーがFIFAランキング1位なんて、聞いてない

フェルナンド・サントスは2014年9月、ユーロ2016の予選中、パウロ・ベント監督解任の後を受けてポルトガル代表監督就任。全勝で予選を突破した。
そしてユーロ2016でポルトガルを初優勝に導く。
2018W杯はベスト16でウルグアイに敗れた。
2016年にはユーロ2020の終了まで契約を延長している。

その手腕は確かであり、この先もずっと見ていたいが、ジョゼ・モウリーニョ(ポルトガル人)も以前「いつか代表を率いたい」と語っており、そろそろ見たい気もする。


2021年6月24日
F組3節 ポルトガル 2-2 フランス

<前半>
26分
【POR】FK飛び込んだダニーロにGKロリスがまさにパンチング
PKをロナルドが中央やや左に決めて先制
44分
【FRA】エンベパの進路をネルセンセメードが手で止めてPK
ベンゼマが決めて同点

<後半>1分
【FRA】ロングボールで裏をとったベンゼマがゴール
オフサイドフラッグ上がったがVARでゴールが認められる
13分
【POR】エリアに入ってロナウドがクロス、これがDFのハンドでPK
ロナルド再び左へ決めて同点

最後は互いに引分けで勝ち抜けとなるため、慎重に自陣でボールを回しあう

同時開催のドイツーハンガリーは常にハンガリーが先手をとる
ドイツは敗れれば敗退だったが、追いついて引分け(グループ2位通過)
ポルトガルは「死の組」を薄氷の3位で勝ち抜けた。
ポルトガルにとって、薄氷を踏むのはいつものこと。
むしろ、この先に期待が高まるくらいだ


ユーロ2020
ラウンド16
ベルギー(B組1位)-ポルトガル(F組3位)
セビージャ開催

ベルギーがFIFAランキング1位なんて聞いていない^^;)
ただポルトガルは前回優勝チーム。臆することはなにもない。
これが「優勝」という実績が紡ぐ伝統というものなのだろう。

ベルギーは4-4-2
ポルトガルは4-3-2-1
両チームは国際試合では初対戦
ベルギーがホーム扱いで1stユニフォームの赤
ポルトガルがアウェイ扱いで2ndの白

| |

« ポルトガル国歌「ア・ポルトゲーザ」が流れる瞬間は特別なもの | トップページ | ロナルド5度めのユーロが終わった »

デコ」カテゴリの記事