« 東京と五輪の記録 | トップページ | 真夏の屋外も想定した準備 »

2021年7月14日 (水)

水は使えるが、歯みがき粉 歯ブラシを持って行けない時の歯磨きグッズ

会場に持ち込むことができる手荷物は支給されたバッグのみ。
これは、ウエストバッグとして使えるので助かる。

ある程度の容量はあるが、それでも限りがある。
できるだけ嵩張らないものを揃えていく。

取りかかりは「歯磨きセット」
コップは不要としても、歯磨きには歯ブラシと歯みがき粉が必要だ。
バッグに押し込めないことはないが、できるだけ容量を余らせたいので「Google先生」に何かないか尋ねてみた。

水は使える 歯みがき粉 歯ブラシを持って行けない時のはみがき

しらべる時は、四の五の考えずまず率直に書いてみる。
というのがしらべるの流儀だが、お目当ての「歯磨きグッズ」は皆無。

歯ブラシを持って行けない時の歯磨き
歯ブラシを使わないはみがき

ここまできてようやく、いくつかの品が提案される。

■クリニカ、GUMといった液体歯磨き
これは、嵩張りすぎてNG

■ピュオーラ 歯みがきシート
まさに目的にぴたりだが、15枚入で売られている。
最大15枚、つまり15日分を持ち歩かなければならない。
1日1枚だけ持っていきたいのだ。
個包装をネットで探したが、みつからなかった。

(その後、薬局店頭で「ハニックホワイトラボ ペーパー歯磨き」という個包装の商品を見つけたが、5包300円程度(1回60円)と、いい値段だったので見送った)

そこで、昔のことを思い出した。
そうだ、外回りをしていた時に「歯磨きガム」があった
すっきり感は今イチだが、あれならば1個がコンパクト。見た目には「ガムをかんでいる人」にしかみえないので、使える場所の選択肢が多い。
ずいぶん昔のことだが、今もあるのだろうかとしらべると、2点がみつかった。

【1】ロッテ ノータイム 歯磨きガム
7個 101円

【2】クラシエ 歯みがきガム
9枚 157円

ノータイムはヨドバシでは1個から。amazonでは15個単位の販売。
クラシエはAmazonで15個単位。

必要数は「30個」
100円のものを3回に分けて、持って来てもらうわけにはいかないので、
ヨドバシにノータイムを3個注文した。

「歯磨きグッズ」としては、ノータイム1個と糸ようじを1本入れていくことにした。
これで様子をみてみよう。

| |

« 東京と五輪の記録 | トップページ | 真夏の屋外も想定した準備 »

スポーツボランティア」カテゴリの記事