« 失恋という言葉は知っていたけれど・・・ | トップページ | 平和祈念ユニフォーム着用開始 »

2021年7月24日 (土)

V・ファーレン長崎 好調Bチームで天皇杯4回戦へ進む

2021年7月7日(水)18:00
天皇杯3回戦
V・ファーレン長崎-北海道コンサドーレ札幌
トランスコスモススタジアム長崎

<スタメン>
GK 高木和徹
DF 米田隼也 鹿山拓真 二見宏志 五月田星矢
MF 大竹洋平 鍬先祐弥 安部大晴 ルアン
FW 富樫敬真 植中朝日
<ベンチ>
GK 原田岳
DF 加藤聖 毎熊晟矢 江川湧清
MF 山崎亮平 ウエリントン・ハット
FW 玉田圭司

スタメンは予想通りだが、ベンチにはリーグ戦不動のレギュラーが控えている。ベンチに置くということは、勝ちに行く展開で使うためだろう。
去年の連戦のことを思えば、今年は緩やかな日程。あと2試合戦うと2週間試合が空く。そうした状況に鑑みて、ここは天皇杯も勝ちにこだわる布陣とみえる。

札幌は今年国見高校からの入団した中島大嘉が先発。
V長崎と札幌を比較考量した末、札幌を選んだ中島大嘉は天皇杯2回戦では3得点を挙げている。


<前半>
5分
【V長崎】 ペナルティエリアすぐ外でFK 大竹洋平が右上に直接決めて先制
7分
【V長崎】 植中朝日のミドルが決まり、リードを2点に広げる

<後半>
五月田星矢に替えて加藤聖
大竹洋平に替えて山崎亮平
19分
【札幌】青木のゴールで1点差
25分
ルアンに替えてウエリントン
植中朝日に替えて玉田圭司

additional time5分をしのいで長崎が勝利
ホームでは対札幌戦初勝利

V長崎は4回戦(ベスト16)へ進出
8月18日、会場未定
対戦相手は1時間後に始まった試合で栃木SCを破った鹿島
後日、会場はトラスタと発表された。

 

V・ファーレン長崎は前半戦の21節を終えて11勝3分7敗 勝ち点36で7位。首位に立った磐田と11点差はそのまま。2位京都との直接対決に勝ち、2位との差を8点差とした。

■前半終了順位
①47 磐田
②44 京都
③43 琉球
④41 新潟
⑤37 甲府
⑥36 山形
⑦36 長崎


22クラブが所属するJ2リーグは、21節で対戦が一巡。
ここからはホーム・アウェイを逆にして、残り21節をおこなう。
前半の21節をホーム10、アウェイ11で戦ったV長崎は、後半はホーム11アウェイ10となる。


V・ファーレン長崎 2021
V・ファーレン長崎 2020
V・ファーレン長崎 2019
V・ファーレン長崎 2018


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 失恋という言葉は知っていたけれど・・・ | トップページ | 平和祈念ユニフォーム着用開始 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事