« レノファ山口(15位)-V・ファーレン長崎(6位) プレビュー | トップページ | バスケットにも「オッケー」がある?4Qのゆるい終わり方への違和感 »

2021年9月24日 (金)

オリパラの選手村で過ごした2か月は、あまりに特別過ぎて

パラリンピック選手村(以下[PLV])で、およそ1か月を過ごすうちに、障がい者と接することへの違和感や苦手意識は消えた。
それが、特別なことではなくなり、日常になったからだ。

五輪選手村(以下[OLV])が終わる頃、選手村仲間のField Castボランティアから「パラもやりたかった」という声を多く耳にした。

「パラリンピックも希望したけれど、五輪しかオファーがこなかった」
「ボランティアを申し込む時点では、とりあえず五輪でボランティアすることしか、頭になかった」
「[OLV]をやってみて[PLV]をやりたくなった」


その気持ちは僕にもよくわかった。
オリパラ共に希望を出し、共にオファーをいただくという僥倖を得たが、特に「パラに携わりたい」と強く望んだわけではなく、少しでも長くその活動をしていたいという気持ちだった。

理由は人それぞれだが、多くの人が望んでいたことは確かだ。

ただ[OLV]よりも[PLV]の方が、入村する選手数が少ない。従って、必要なField Castの数も少なくなる。希望が叶わなかったのは、そういう理由もあるだろう。


[OLV]が終わる時点では、ここでの活動がまだ一ヶ月つづく。まだ夢の中に居られるという気持ちが強かった。
ただ、少しずつ「パラリンピックってどんなんだろう」というワクワク感も頭をもたげていった。
スペシャルオリンピックスのボランティアは経験したが、パラスポーツは未体験。
ここまでやってきた[OLV]活動とは、何がどう違うのか。


両方が終わってしまった今、結論から言うと同じだった。
運用上の違いや[PLV]からの新たな取組はあったにせよ、変わらなかった。

だが、心に沈む[OLV]と[PLV]の印象を比べた時に、そこには微妙な違いがある。
僕が今、なにかの試験に臨んでいて、それを「50文字以内で書きなさい」と問われたら、しかたなく書くだろう。
だが、それが正確なものか自信がない。


これから、文章を書きながら、掘り起こしてみたい。

オリパラの選手村で過ごした2か月は、あまりに特別過ぎて、空に浮かぶ巨大な水風船のようだ

夢は書き留めておかないと一瞬で忘れ去ってしまう。
すでにかなりの部分を忘れているかも知れない。
できるだけ、早いうちに、選手村生活を書き留めていこう。


「選手村で知り得たことはSNSやブログに書くことはできない」という縛りがある。
書き留めたことの中から、ここに書けることがどれだけあるのかも、書いてみなければわからない。

東京2020ボランティアブログ目次

| |

« レノファ山口(15位)-V・ファーレン長崎(6位) プレビュー | トップページ | バスケットにも「オッケー」がある?4Qのゆるい終わり方への違和感 »

スポーツボランティア」カテゴリの記事