« 選手村跡地 HARUMI FLAG の販売が再開する | トップページ | 久しぶりに聞く、明しゃちょーの「金利手数料は・・」 »

2021年9月11日 (土)

新生長崎が進撃の長崎となるか? V長崎-SC相模原戦

前節を終えて、V・ファーレン長崎は 14勝5分8敗 勝ち点47で暫定7位
2位の京都サンガF.C.とは11点差(長崎が1試合少ない)

前週は土日の連戦(J2→EL)でFC琉球に2連勝(2試合とも2点差)
V長崎サポーターは、穏やかな1週間を過ごすことができた


2021年9月11日(土)19:00
J2リーグ【29節】
V・ファーレン長崎-SC相模原
トランスコスモススタジアム長崎


<2020年の相模原戦>
対戦なし

<前半の相模原戦>
○ 17節 away 相模原 0-1 V長崎

高木琢也監督は就任初戦が古巣長崎との対戦となった

前半16分
【V長崎】 新里涼のロングボールを都倉賢が競る。
収められなかったが舩木がクリアしようとしたところに諦めずスライディングすると、ラッキーボールが都倉に渡る。
これを見たエジガルが走り出す。すかさずクロスを入れるとエジガルが角度を変えてゴール

得点シーンは運に恵まれた部分もあるし、それ以外には決定的好機を作ることができなかった。
ただ、早い時間に先制できたことで、堅実に守備的な時間を過ごすことができた。


<17節 長崎のスタメン>
GK 富澤雅也
DF 毎熊晟矢 新里涼 江川湧清 米田隼也
MF ウエリントン カイオ 加藤大 澤田崇
FW 都倉賢 エジガルジュニオ

加藤聖が戦力の積み増しとなっている分、ウエリントンハットが不在。
陣容では変わらないが、前節FC琉球をくだした「新生長崎」
一方、SC相模原は五輪中断期間にMF成岡、DF木村を補強。
リーグ再開後は2勝2分1敗。
27節にはアウェイで磐田と引き分けるなど、最下位チームとは思えない状況にある。

 

SC相模原のホームは神奈川県相模原市。
現在、緊急事態宣言発出下にある。
前節のFC琉球戦につづいて「ビジター自由席」は販売されない。

エリートリーグで解説?を務めた毎熊晟矢、名倉巧は、応援がなかった千葉戦、ホームの応援しかなかったFC琉球戦について「千葉戦はやりにくかった。こっちがチャンスでもしーんとしているし、さほどピンチでもないのに相手が沸いていた。その点、ホームはやりやすかった」旨を述べていた。

ゴールという奇跡を手繰り寄せるスポーツ、サッカーにおいて、サポーターの「祈りの力」は、勝負を大きく左右する。
ホームの力で「進撃ムード」を醸成したい。

V・ファーレン長崎 2021
V・ファーレン長崎 2020
V・ファーレン長崎 2019
V・ファーレン長崎 2018


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 選手村跡地 HARUMI FLAG の販売が再開する | トップページ | 久しぶりに聞く、明しゃちょーの「金利手数料は・・」 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事