« 表情を読まれないマスクという強い味方 | トップページ | 出過ぎた真似はダメだけど、出しゃばりは遠慮なく »

2021年11月27日 (土)

お役に立つためにする、楽しい残業

お昼は初めて定食メニューを選択。「ハンバーグ定食」と言われて、それを体験したいという衝動は押さえられない。
割と美味しかった。今風にいえば、ふつーに美味しかったというところだ。

この日は本来16時終了のシフトだったが、予め事務局にお願いして、2時間繰り上げてもらっていた。
1000人に近いボランティアのシフトを回すこと自体、気の遠くなる仕事だが、そのうえ、こうした細かい変更にも対応してくださって、本当に事務局の皆さんには足を向けて寝られないと想っていた。
面談員の活動を通じて、オリパラ組織委員会の皆さんが、どれだけ激務かを見ている。
僕のようにスポーツボランティアが趣味で好きで来ているのとは訳が違う。
仕事として責任を負っている。だからこそ、世間の五輪への冷たさは世知辛かった。

14時で午前シフトがお役御免となるのと入れ替えに、午後シフトのFCがやってきた。
ドアを開けて、恐る恐る入ってくる面々。
(いきなりハイテンションだったら、それも気持ち悪いが)
当たりの様子を窺う人、感情を表に出さないよう何かのスイッチをオフにしている人・・
この時、僕らFCは今日はどんな場所で、どんな仲間と活動するのだろうと考えている。
日常生活で、これほど初対面の人と見知らぬ環境に放り込まれることはない。
この瞬間の、なんとも言えない、よそよそしさが後になれば懐かしい。


この時以来、初対面のFCに、レジセンに入るのは何度めですか?>この棟は何度めですか?というのが定番の質問になった。

聞けば、全員がレジセンは初めてだという。
出過ぎた真似はよくないが、ここは、お役に立てる場面だと思い、少し残って午後の方の研修をしましょうか?とサノさんにお伺いを立てると
「いいんですか?よろしかったら、お願いします」
サノさんの言葉に忖度はなかった。
そこからは、リクエスト入力システムの使い方、レジセンの概容、そしてポケトークのお話。

ある人はニコニコと笑顔で、ある人は目を輝かせて、ある人は真剣にメモを取って聞いてくれた。もちろん、ノリが悪い人が居ないわけではないが、人にはいろいろな考え方がある。

1時間残業の帰り際、職員のアオキさんが「先生、ありがとうございました」と声を掛けてくれた。彼とはこれから2か月間、親しくお付き合いさせていただくことになる。
僕には、この言葉が大きな宝モノになった。


残業したお蔭で、頃あいよく退村。勝どき駅のコインロッカーで荷物をとってトイレで着替えると、LOVE PSYCHEDELICO 20周年記念公演が行われるLINE CUBE SHIBUYAへ。
早朝から選手村で働き、夜はライブ。コロナ禍でstay homeつづきの体には、けっこうな強行軍。
ライブの途中で居眠りしないよう、会場そばでアイスコーヒー。1年半ぶりに入る喫茶店は、人影もまばら。
マスクをずらして、コーヒーをすするのは、最初のうちなかなか慣れなかった。

→⇒LOVE PSYCHEDELICO 20周年ライブの話し

東京2020ボランティアブログ目次

| |

« 表情を読まれないマスクという強い味方 | トップページ | 出過ぎた真似はダメだけど、出しゃばりは遠慮なく »

スポーツボランティア」カテゴリの記事