« お役に立つためにする、楽しい残業 | トップページ | 長崎の宝に日本の宝が涙する »

2021年11月28日 (日)

出過ぎた真似はダメだけど、出しゃばりは遠慮なく

最初の三連勤を終えた翌日はオフ
コロナワクチンの第2回接種日をここに入れておいた。

すでにこの頃、高い確率で副反応が出ることが知られていて、翌日のシフトは、その先の別の日に振り替えてもらった。

ワクチンの順番を待つ間、この三日間をふり返った。

実際始まってみると、頭の中は混濁している。曖昧な日常感と言ってもいいかもしれない。それでも冷静に次だけを見ることもできている。

まだプレオープンの段階なので、さほど質問やリクエストは受けていないが、これからたくさんの質問を受けることになるだろう。
僕ら選手村のField Castが選手団にできる「おもてなし」は情報だ。

プレオープンを迎えた今、設備やサービスを拡充するのには限度がある。
しかし、今あるものを的確に伝える「情報」はまだ整理されていない。
今のうちに準備できることはないだろうか。

1万人ほどの選手団が来るわけだから、寄せられる質問は多岐にわたるだろうが、ある程度の部分で重複すると想われる。

かつて、2週間の洋上研修に出た時「船内新聞」を作ったことがあった。「選手村新聞」のようなものがあれば楽しいだろう。
ただ、それは基本的な情報が整備された次の段階。

僕らが社内ヘルプデスクで作っているような「FAQ」をまとめられないだろうか。
誰かがそれを作ったとして、さて、どうやって配るか。

手配りするならば、パウチして紙で配るということになるが、それでは拡がりがないし、一旦、配ってしまうと、情報が更新できないので、古びてしまう。
配布がしやすくて、拡がりがあり、情報が随時更新できるとなると、ネットで共有か。


最初の3日を終えて「活動が楽しめないかも知れない」という不安は消えた。
7月13日に開村してからが本番。そこで本領を発揮したい。
ただ、これから何かを積み上げるという段階ではない。「健康」を維持して、アサインされているシフトどおりやり切ることだ。

出すぎた真似はダメだけど、出しゃばりは遠慮なく
この時は、そう考えていた。

接種を終えて会場を出ると、東京に夏がきていた。
屋外に1日立ちっぱなしというような仕事は、厳しくなりそうだ。

接種から半日後、ここ数十年見たことのないような熱が出て、まる1日寝込むことになった。シフトを空けてもらっておいてよかった。

東京2020ボランティアブログ目次

| |

« お役に立つためにする、楽しい残業 | トップページ | 長崎の宝に日本の宝が涙する »

スポーツボランティア」カテゴリの記事