« やるな春奈の新体制 ネット配信サービスで劇的な進化を遂げる | トップページ | 今はまだヴェルカとブースターの共感を築いている途上。土壇場の強さが僕らを虜にしていく »

2021年12月27日 (月)

「正しい道」を歩むために、勝つための「1つの道」を示せる指導者が必要である

【9月】
14日
25節 V長崎 5-1 山形
悪天候による中止は不運だったが、植中朝日を顕在化させるという僥倖があった。
連戦のターンオーバーで植中朝日が初スタメン。すると初ゴール、そしてハットトリック

2021シーズン、江川湧清と植中朝日というタレントが覚醒した。今となっては当たり前のように先発に名を連ねている彼らも、シーズン開始当初はベンチにさえ居ないことが多かった。この二人が育ち、来季も共に戦ってくれることは、V長崎サポーターにとって大きな希望だ。

■開幕戦のメンバー
<スタメン>
GK 徳重健太
DF 毎熊晟矢 新里涼 二見宏志 米田隼也
MF 澤田崇 カイオ 秋野央樹 ルアン
FW 富樫敬真 名倉巧
<ベンチ>
GK 原田岳
DF フレイレ
MF 加藤大 大竹洋平 鍬先祐弥
FW 玉田圭司 都倉賢

【10月】
長崎ヴェルカが参入したB.LEAGUE|B3 2021-22シーズンが開幕して、長崎ファミリーにとって「サッカーもバスケットもある」暮らしが始まった。サッカーがオフの12月~2月にはバスケットが、バスケットがオフになる5月~9月にはサッカーがある。僕らは一年を通して地元のクラブを応援できるという幸せな暮らしを手に入れた。
サッカーにもバスケットにも夢がある!
それはある人には希望であり、ある人には心の支えとなる。
改めて、2つの夢多きチームを運営してくださるジャパネットHDに感謝を申しあげたい。

【10月】
3日
2021Jエリートリーグ グループC 5節
V長崎 2-1 福岡 平戸市総合運動公園
クラブ公式You Tubeはカメラ、音声、スイッチングなど放送技術が格段に進歩していた。さすが、ジャパネットたかた
テレビはテレビ局が作っていた時代に、佐世保の本社にスタジオを作ってしまった明しゃちょーのDNAが引き継がれている。
明しゃちょーの地元平戸で開催された試合には穏やかな空気が流れていて、長閑に見られるスポーツの原点に帰られてくれた。

23日
35節 甲府 2-1 V長崎 JIT
この頃、ウエリントンハットの動きにより守備の穴が空くことが(チーム内から)指摘され始めていた。
試合終了を告げる長い笛が鳴った時「見届けてしまったな」という感覚があった。現実的にゼイワン昇格は難しくなったということだ。
35節を終えてV長崎は4位。2位との勝ち点差は残り7試合で「10」
ここから先は「諦めたら終わり。何が起こるかわからない」モードの応援に移行していく。

30日
36節 V長崎 2-1 水戸 トラスタ
この試合のスタメンが今季のベストメンバーだったのだと、今にして想う。毎熊、ウエリントンハットが抜けた処に、どんな選手が入るのか、とてもワクワクしている。
GK 富澤雅也
DF 毎熊晟矢 二見宏志 江川湧清 米田隼也
MF ウエリントンハット カイオセザール 鍬先祐弥 澤田崇
FW エジガルジュニオ 植中朝日

【11月】
7日
38節 東京V 0-3 V長崎 味スタ
前年につづき関東アウェイ戦最終戦は味スタ。900人がゴール裏でハリセン&拍手で後押しした(2020年は1,000人)
毎熊の優しい横回転クロスを都倉が真芯ヘッドで先制したのが後半30分。
これが2021年最大の歓喜だったが、感極まることもなく「これが僕らの勝利だ」と穏やかに喜ぶことができた。

28日
41節 V長崎 0-1 岡山 トラスタ
本来ならばこの日は、長崎平和マラソンの初開催日だったが、コロナ禍により2年連続で延期。主催者は1年先へ延期するのではなく被爆80周年の節目となる2025年に向けて検討すると表明している。

「玉田さんを見ていると平和を感じる」
引退セレモニーで明しゃちょーの顔を見た途端、玉田圭司が涙を見せたのは意外だったが、長崎県民の僕は嬉しかった。
彼は指導者として、どのようなスタイルの戦術を目指すだろう。「選手がサッカーを楽しむスタイル」という漠然としたイメージを持つ。そこに松田さんの持つ規律の要素を加えてくれればと願う。

【12月】
3日
最終節の2日前、松田浩監督の留任が発表された。
松田さんが辞めてしまうのではないか。そんな予感がしていたので、心から安堵した。
松田さんの留任が来シーズンに向けた最大の補強である。
もちろん、コートでプレーするのは選手だが、彼らが「正しい道」を歩むためには、勝つための「1つの道」を示せる指導者が必要である。
これが、2021シーズン僕が学んだ最も大きな知見だった。


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« やるな春奈の新体制 ネット配信サービスで劇的な進化を遂げる | トップページ | 今はまだヴェルカとブースターの共感を築いている途上。土壇場の強さが僕らを虜にしていく »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事